海外旅行で役立つデジカメ講座

デジカメのメモリーカードの容量や種類の選び方、バッテリーについての豆知識

デジタルカメラに無くてはならないのがメモリーカード。容量が少ないと撮れる写真の枚数が少なくなるため、容量選びは重要です。また、最近では動画撮影ができるデジカメが普及していますが、動画撮影は写真撮影以上に容量を必要とします。

バッテリーについてはどの程度知っていますか? 最低限のことは知っておかないと、いざという時にバッテリー切れという悲惨な目に遭ってしまいます。どんなに高性能なデジカメでもバッテリー切れではただのお荷物。

このページでは、海外・国内旅行での使用を想定した、デジタルカメラのメモリーカードやバッテリーについてアドバイスをしていきます。

目次

SDメモリーカードの容量と種類の選び方

デジタルカメラのメモリーカードには、SDカード、メモリースティック、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどの種類があり、カメラによって選ぶことになりますが、現在のデジカメのほとんどはSDカード。

そのSDカードですが、誰もが悩むのが容量の選び方。容量によって撮影できる写真の枚数や動画の撮影時間が変わるためです。最近のデジカメは画素数が増えたため、大容量のメモリーカードが必要になり、動画も撮影するのであれば更なる大容量メモリーカードが必要となります。

メモリーカードのクラス (Class)とは何?
クラスとは、データの読み書きの速さを表わした数字で、2、4、6、10の4種類がある。クラスの選び方は、一眼レフの連写をするならクラス6以上、デジカメの動画撮影もクラス6以上、フルHDビデオカメラならクラス10を推奨。
SDカードを買う時のチェックポイントと選び方
  • 画素数が高いデジカメほど大容量のメモリーカードを選ぶ。目安は1日100枚撮影(最も大きいサイズで低圧縮で撮影して)できる容量のメモリーカードを選ぶのがをおすすめ。
    例: 観光が5日間の場合は500枚撮影可能なメモリーカードを用意。必要容量は下記表を参照。ただし、動画も撮影する場合は、2倍〜3倍の容量を準備したい。
  • コンパクトデジカメで撮影だけなら、どのクラスでもOKで格安のメモリーカードでも問題は無いが、一眼レフならクラス6以上の高速メモリーカードがおすすめ。コンパクトデジカメでも動画を撮る場合はクラス6以上を推奨。
  • 信頼性の高いメモリーカードを選ぶことをおすすめする。これはAmazonのクチコミ評価で確認することができるが、格安メモリーカードの中にはデータがすぐに破損してしまう粗悪品があるので注意。また、格安メモリーカードの中には「バルク品」と書かれている物があるが、これはメーカー保証が付いていなかったり簡易包装であったりというだけで、粗悪品のメモリーカードというわけではない。
  • 予備のメモリーカードを最低1枚は準備しておきましょう。メモリーカードは高温や水分、静電気に弱く、万一紛失や破損をしてしまった場合やメモリー不足になってしまった場合に1枚予備を持っていれば心強いです。予備なので大容量である必要はないと思います。

SDカード・人気ランキング  おすすめの大容量が低価格!

Powered by Amazon毎日更新!(ランキングは売れ筋順に表示)

画素数・メモリー容量別 撮影可能枚数と平均ファイルサイズ 一覧表

画素数 512MB 1GB 4GB 16GB
  • 画素数平均ファイルサイズ
  • 1400万画素 6.2MB
  • 1000万画素 5.3MB
  • 800万画素4.1MB
  • 500万画素2.6MB

動画(640×480):1GB=約20分
AVCHD 動画(1280×720):1GB=約15分

1400万画素 82枚 161枚 645枚 2580枚
1000万画素 96枚 188枚 754枚 3018枚
800万画素 124枚 243枚 975枚 3902枚
500万画素 196枚 384枚 1538枚 6153枚

JPEGの最高画質(低圧縮)で撮影した場合のサイズ。 各メーカー公表のデータを基に作成。
動画撮影時間は、機種依存によるところが大きいことを留意する。

出来るだけ撮影枚数を増やしたい場合

撮影枚数を増やすには、LやMといったサイズ変更以外に、画像ファイルをどれだけ圧縮するかという、クオリティ(画質、又は圧縮率)を変えることで撮影枚数を増やせます。

例えば、Sサイズで高圧縮すれば、格段に枚数を増やせます。ただし、これをやってしまうと、写真をプリントした際に後悔することになります。つまり、画質が格段に悪くなるのです。圧縮することで表現できる色の数が減り、画素が荒くなってしまいます。

少しでも撮影枚数を増やしつつ、綺麗な画質を保つ方法

撮影した写真をL版〜はがきサイズでプリントする場合
Mサイズで低圧縮(ファイン)で写真を撮りましょう。
2048×1456(300万画素)の画素数(サイズ)以下に落とさないことをおすすめします。
撮影した写真をA4サイズなどでプリントする場合
Lサイズで高圧縮(ノーマル)で写真を撮りましょう。
撮影した写真はプリントせず、パソコンだけで見る場合
Mサイズで高圧縮(ノーマル)の撮影で十分です。
撮影した写真はプリントせず、SNSなどに投稿だけ
Sサイズで高圧縮(ノーマル)の撮影で十分です。

とは言え、最もおすすめするのは「一番大きなサイズで低圧縮」で撮影することです。最初にMサイズの高圧縮で撮影してしまうと、その写真をLサイズにすることはできず、低圧縮に変えることも出来ません。出来る限り一番大きなサイズで低圧縮で撮影し、メモリ不足になりそうになったら、上記の方法を試してみることをおすすめします。

デジタルカメラのバッテリーについて

日常でのデジカメ利用であれば、1回の充電で1週間以上バッテリーはもつのが普通ですし、国内旅行でも最低3日間はもつことが多いと思います。しかし、海外旅行ではどうか? どんなにバッテリーが長持ちすることを売り文句にしているコンパクト・デジカメでも、1回の充電では2日間が限度です。にもかかわらず、海外旅行で充電器を持ってこない方が少なからずいらっしゃいますが、無知って怖いです・・・。 筆者ならデジカメの充電器を忘れただけで大騒ぎの大パニックものです(笑)
海外旅行は国内旅行と違って見るもの全てが目新しく、国内旅行とは比べものにならない程シャッターを切る傾向が強いのです。朝食から夕食までフル回転でシャッター切りまくりといった具合に。

海外旅行では、必ず充電器を持参しましょう!

デジタルカメラのバッテリーの注意点

冬の時期や、寒い場所でデジタルカメラの電源を入れると、ほとんど写真を撮っていないのにすぐにバッテリー切れという経験をしたことがある方がいらっしゃると思います。 ちなみにデジタルカメラだけではなく、iPodやゲーム機、ノートパソコンなど、バッテリーを使うデジタル機器は全て同じです。

これはバッテリーの特性上、バッテリーが冷えるとバッテリー性能(容量)が極端に落ちてしまうという現象によるもので、バッテリーの寿命とは違います。対処法としては、バッテリーを暖かくしておくことでバッテリーを長持ちさせられるので、コンパクト・デジカメならズボンのポケットに入れておいたり、一眼レフならバッテリーを抜いて、バッテリーをズボンのポケットに入れておくといった対処法があります。それでも、暖かい時期に比べて格段にバッテリーは長持ちせず、すぐに切れてしまいます。

例えば、フル充電をした状態で出来る限りフラッシュを使わず、バッテリーを温存しようと試みた場合でも、寒冷地ではバッテリーが1日もたないこともあるほど。

そのため、スキー場などの寒冷地や冬のヨーロッパなどへ行く場合は、予備のバッテリーを準備していくことをおすすめします。

デジタルカメラのバッテリーを長持ちさせる方法

  1. フラッシュの設定をOFFにしておく、又は、出来るだけ使わない。
  2. 撮影した写真を液晶画面で確認しない。
  3. ズームを多用しない。
  4. 省エネモードがあれば活用する。 1分以上カメラを操作しない場合は液晶画面が自動OFFになるよう設定する。
  5. バッテリーを冷やさない。(ただし、体温以上に温めてはいけない)
  6. 液晶画面の明るさを落とす。(使い勝手が悪くなるのでおすすめできないが、最後の手段として)

デジカメの写真を格安で綺麗にプリントする方法

パソコンで写真を管理するのもいいですが、やはり思い出の写真はアルバムに収めたいものです。
最近はご自宅のプリンターでプリントされる方が多くなりましたが、どんなに高価で高性能な家庭用プリンターと高級印画紙を使用したところで、画質にこだわりを持つ筆者から言わせれば所詮は家庭用、業務用プリンターの画質にかなうわけがないのです。

だからと言って、1週間ほどの海外旅行で撮る枚数って、相当な枚数になりませんか? 近所の写真屋さんでデジカメプリントを頼むと、結構なお値段になったりします。

そこでおすすめなのが、筆者も利用しているネットプリント。格安で綺麗、しかも自宅で簡単にプリントが注文でき、仕上がった写真は自宅にお届けしてくれるというサービスです。家庭用プリンターのインク代や手間、プリントの質を考えれば、デジカメプリントはインターネットでプリント注文するのが一番です。詳細は下記ページをご覧ください。

格安で綺麗 デジカメプリントのおすすめ注文サイト


次のページでは、海外旅行で一眼レフを持ち歩くアドバイスと注意点についてご案内します。

一眼レフを海外旅行に持っていく際のバイスと注意点

前のページ
デジタルカメラの特徴と基本的な使い方 初心者ガイド


旅慣れた方や海外出張者に好評。要チェック!

格安でおすすめの海外旅行保険

後回しにすると忘れやすいのでお早めに!

「デジカメ・写真」の関連記事・情報

当サイトおすすめのカメラ・アイテム

これは凄い! デジカメをこのケースに入れれば、水深10mまで水中撮影が可能。もちろん動画撮影もOKです。ビーチでの活躍はもちろん、シュノーケリングやスキューバダイビングでの水中撮影で役立ちます!

コンパクトデジカメ用のミニ三脚と言えばコレ!というくらい有名で、手すりや木の枝などに絡ませてカメラを固定することも出来るので、場所を選ばずに使えるのが人気の理由。カメラと三脚がワンタッチで取り外しできるクイックシューが付いているのも凄く便利。
夜景撮影をするなら三脚は必須です。

これもコンパクトデジカメ用のミニ三脚で、折りたたみ時は約15cmで重さ110gなのでシャツのポケットにも入り、持ち運びに便利。

一眼レフでも使えるミニ三脚。折りたたみ時は約20cmで重さ320gとコンパクト軽量なので、持ち運びも楽です。

老舗ブランドで非常にしっかりした作りであるにもかかわらず格安!

ワンタッチで着脱できる便利なストラップ。いちいちカメラをカバンに入れたり出したりしなくて良いので、使い勝手が良いです。

軽くて丈夫なデジカメケース。移動の多い海外旅行では何かとカメラに衝撃が加わりやすいので、こういうケースに入れておけば安心です。また、メモリーカードを入れておけるポケット付きなのも便利!

格安のWi-Fiルーターレンタル

海外でインターネットを使おう! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。

メモリーカードの写真保存・バックアップにオンラインストレージの活用

メモリーカード不足になってしまったり、メモリーカードの紛失や破損した時のことを考えて写真データをバックアップしておきたいという時に便利なのが、インターネットで写真データをアップロードしてサーバに保存しておくことができるオンラインストレージです。

アカウントさえ作っておけば、ネット環境がある場所ならいつでもどこでも写真をアップしておけるので、特に長旅をされている方に便利で、紛失や破損の心配がありません。

無料サービスでは保存できる枚数は多くないですが、有料プランなら多くの写真を保存しておけます。
オンラインストレージについては、インターネットカフェで役立つリンク集 で主な物を紹介しています。