ペルーの旅行情報と見所 バックパッカー 個人旅行

◆国別の見所&旅行情報
※情報は2002年のもの。見所などの案内は変わらないが、その他の情報は
  各自で確認すること。


メキシコ    グアテマラ    ホンジュラス    ニカラグア

コスタリカ    パナマ    ペルー

個人旅行でキューバを旅する

中米の縦断の旅に役立つ交通情報

  

【一般的な旅行情報】

やっぱりドルT/Cが一番です。クレジットカードはあまり使う機会がないと思います。当面使わないお金は服の下に隠すタイプの貴重品入れがベスト。これならスラれる心配はありません。強盗につかまったら効果ないですが…。 ペルーから日本も含め、国際電話をするならNORTEKのテレホンカードが絶対にお勧め。かけ方はカードの裏にスペイン語と英語で書いてあります。料金は日本まで一分S/. 1.75。S/.10のカードで日本まで5分程話せました。 ペルー滞在中に2度スリに遭遇したので、その時の様子です。 一度目はクスコのメルカドで、おばさんが肩に何か付いてるよと声をかけられ、見てみれば不自然に肩にクリームをかけられていた。自分の周りには数人の子供とおじさんが立っていたので「間違いないな!」と思い、すぐにその場から離れて何事もなかった。
二度目はプーノのメルカドを一人で歩いてると、突然インディヘナの60代ぐらいのおじさんとおばさんが自分の前で立ち止まってしまい、「前に進めないからそこをどいてくれ!」と声をかけようとした瞬間、ポケットに手がのびてきたので捕まえたら、そのおじさんの手でした。そこら辺にいる、普通のおじさん、おばさんまでもがごく普通にスリを働くのがペルーという国だということを覚えておいて下さい。

筆者は50カ国以上の渡航、移住経験があり、スリに対する免疫もだいぶ身についていると思いますが、何も取られなかったにせよ狙われた事自体がショックでした。
また、夕方のプーノで首締め強盗に会い、金目になる物全てやられたという人にも会いました。十分に気を付けてください。筆者が過去に旅をした50カ国の中で、スリ・ワースト1はペルーだと断言します。 クスコからマチュピチュへのツーリスト用電車はかなり高額! しかし、時間はかかるが一番安く移動する方法がります。まずはクスコからミニバスでウルバンバに行き、そこでバスを乗り換え、夕方前にオリャンタイタンボ。そこからは列車しか移動手段がないため、ローカルの電車に乗り、アグアス・カリエンテスへ。ここに着く頃にはもう回りは真っ暗になってるので、ここで一泊。安宿もそこそこある。この町は名前のとおり温泉の出る町。時間にゆとりがあったら温泉もお勧め。ただ、この温泉はプールのような感じなので水着が必要。


【ペルーの見所】

ペルーは南米のハイライトの一つ。非常に見所が多いので、なるべく時間を割きましょう。最低2週間ないと北から南まで回れません。ガイドブックなどで、あまり取り上げられていないような場所でもお勧めの町や場所はたくさんあります。ちなみに、最大のハイライトであるマチュピチュの雨季は10〜3月。

ペルー北部を代表する町なので、交通の便はかなり良く、各地へのバスがある。その昔はインカ帝国の最後の皇帝がスペインに捕らわれた場所でもある。エクアドルからペルーに入る人にとっては良い中継地。

標高2750mの盆地にあり、町自体の見所はあまりないが、この町で一押するのはインカの温泉。個室なので裸で入れるし、湯温も調節できる。さらに湯畑まである!(草津ほどの見栄えはでは無いが…)。料金も3〜5ソルで格安。陸路で移動をする旅人には特にお勧め。 カハマルカから車で山道を登って1時間ほどの場所。3000年ほど前に岩場を削って作られた水路などがそのまま残る、標高3150mの絶景地。ここは是非行ってもらいたい穴場です。カハマルカのアルマス広場にある旅行代理店でツアーの申し込みをします。英語を話すガイドがわかりやすく案内してくれました。ツアー代も安いのでお勧めです。



【 旅行情報 TOP 】    【中南米縦断 TOP】     【 トラベラーズ・カフェ HOME 】    [PR] iPod 人気売れ筋ランキング

海外旅行情報
旅行前の準備便利な持ち物おすすめの旅行用品世界の気温と降水量海外でのマナーと注意点日本国内 主要空港の情報と周辺ホテルペットホテル 海外旅行でのお金・通貨クレジットカード国際キャッシュカード海外旅行先での国際電話海外携帯電話病気やケガの予防対策国内空港周辺の駐車場 格安航空券&ホテル予約個人旅行の計画の仕方個人旅行&パッカー情報ヨーロッパ鉄道旅行中南米の縦断旅行海外留学や長期滞在留学の準備 海外旅行におすすめのクレジットカード便利なお土産宅配サービスおすすめの注目ツアー旅行に役立つ情報検索
世界の写真で海外旅行
イギリスイタリアイランインドインドネシアエジプトオランダカナダカリブ海クルーズギリシャシリアスイススペインタイタヒチ