BMWロゴマーク(エンブレム)の本当の由来

BMWロゴマークは “プロペラが由来” ではない! - コラム 2012年6月13日

BMWロゴマークはプロペラが由来?

BMWのロゴマークは飛行機のプロペラが回転する様子をモチーフとしており、十字はプロペラで青は空、白は雲、円形はプロペラが回転する軌跡を表しているのがその由来。

ちょっと車に詳しい人にはよく知られた雑学ですね。

確かにBMWは航空機のエンジンメーカーとして名を馳せた会社なので説得力がありますし、旅行系書籍でこのように紹介されていたのを読んだことがあります。
しかも、BMW Japanの公式サイトでもこのようにロゴの由来が説明されているのだから間違いない! となりますよね、普通は。

ところが! 事実は違うんです。

どう違うのかをお話しする前に、BMWの歴史から紐解いていきましょう。

BMWはゼロから設立された会社ではなく、前身となる会社が存在していた

BMWのロゴマーク(エンブレム)

現在のBMWのロゴマーク(エンブレム)。

ロゴのデザインは過去に文字の書体と色、位置が何度か微妙に変わっていますが、基本的な部分は変わっていません。

全ての始まりは1916年、航空機・船舶用エンジンメーカーの RMW(Rapp Motoren Werke GmbH ラップ発動機工業有限会社 1913年創業)と航空機製造メーカーのGustav Otto Flugzeugwerke(グスタフ・オットー航空機工業 1910年創業)の2社が合併し、機体からエンジンまで自社生産する航空機メーカーとして BFW(Bayerische Flugzeug Werke 直訳するとバイエルン航空機工業)が誕生したことに始まります。

ちょっと余談ですが、オットー航空機工業の創業者は現在の4ストロークエンジンを発明したニコラス・オットーの息子さんです。車に詳しい人なら4ストロークエンジンの別称が “オットーサイクル” であることをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

BMWの最初のロゴマーク
1917年に商標登録された最初のロゴマーク

そして翌年の1917年、社名を BMW(Bayerische Motoren Werke)に変更し、事業内容を農業車、自動車、航空機、船舶、2輪車のエンジン製造業とします。

つまり、航空機の機体製造から退きエンジンに特化した経営方針に転換したというわけです。

また、同年10月にBMWのロゴマーク(エンブレム)を帝国特許事務所に商標登録しています。

ちなみに、BMWが公式に発表している設立年月日は1916年。つまり、BMWの前身となる2社が合併してBFWが誕生した年がBMWの始まりであるということです。


BMWの名称

バイエルン州に本拠を構えたことから、Bayerische=バイエルン Motoren Werke=発動機製造 の頭文字を取っています。
読み方は、「バイエリッシェ モトーレン ヴェルケ」です。

どこから “BMWのロゴはプロペラ由来” という話が出てきたのか?

BMWが公式(広報資料)にプロペラとロゴマークの関係を結びつけるような表現を使ったのは、BMWのロゴマークを商標登録してから12年後の1929年です。

この時点で、「ロゴマークを登録してから何故10年以上の長期に渡り、ロゴマークの由来を公式発表してこなかったのか?」という疑問が出てきます。普通に考えればもっと早い時期に広報が由来を語っても良かったのでは?と。

更に、BMWとして初の航空機用エンジン(BMW IIIa)が開発され初飛行を成功させたのが1917年12月のこと。つまり、ロゴマークが商標登録された後の話です。つまり、時系列を見る限り「プロペラからロゴマークが誕生した」という話は成立しません。
また、BMWは事業内容が多種多様なエンジンを作る会社であり、航空機用エンジンに特化した会社ではない(航空機用エンジンに力を入れていたのは事実だが)ということで、“BMWのロゴマークの由来がプロペラである” という説明はかなり強引です。

つまり、BMWのロゴマークの由来がプロペラであるという説明は後付けである ということです。

BMWのロゴマーク(エンブレム)の本当の由来は何か?

では、ロゴマークの本当の由来は何なのか?が気になるところですよね。下の画像を見て下さい。

BMWのロゴマークの本当の由来

左が Rapp Motoren Werke のロゴマーク、右がバイエルン州の州旗です。

もうお分かりでしょうか?

そうです、BMWの母体となった Rapp Motoren Werke のロゴマークの中心にバイエルン州の州旗をはめ込み、Rapp の社名とBMWの社名を入れ替えただけというわけです。本当の由来は実にシンプル^^

確かにこれだとPRとしては面白くもなんともないわけで、ロマンがあるプロペラ由来に話をすり替えたくなる気持ちも分からなくはないです…。

何故、ロゴマークの由来がねじ曲げられたのか?


一言で言ってしまえば、“BMW広報がPRの一環として話しを作った” です。

つまりこうです。飛行機のエンジンを売り込むために当時の広報が航空機用エンジン一筋でやってきた印象を持ってもらうために、後付けでプロペラとロゴマークの関係を結びつけたというわけです。

BMW広報がロゴマークの由来を後付けしてまでPRしたかったのは当時の経営事情があります。第一次世界大戦で1918年にドイツ敗戦。同年にBMW初の航空機用エンジン BMW IIIa の大量生産が開始されるも、1922年に敗戦国ドイツに対して航空機の製造禁止が命じられる。これによって1923年に2輪車の製造を開始。更に1926年に航空機部門をBMWから切り離してBFWを設立(BFWは1938年にメッサーシュミットと社名を改名)。1928年には初の4輪車 “BMW Dixi” を製造。しかし1929年にはニューヨークの株価大暴落を端緒として始まった世界恐慌により経済状況は深刻となるなど、当時の混乱ぶりが見て取れます。

BMW Japanの公式公表はどうなっているか?

その前に、ドイツ本国ではどのような認識なのかというと、ミュンヘンにあるBMWミュージアムでは「このロゴマークの由来はプロペラとは全く関係ない」と説明されていることが 2010年1月のニューヨークタイムズ電子版で紹介されています。本国のミュージアムが事実をしっかり伝えている姿勢は大変良いことですね。BMW North America もプロペラ由来が間違いであることを認めていることも報じられています。

では日本ではどのような認識なのでしょう?


BMWは航空機エンジン・メーカーとして設立。飛行機のプロペラをモチーフにしたロゴマークからも、その成り立ちを理解することができます。

BMW Japan ORIGINより抜粋

なんということでしょう…

そうなんです、日本の公式サイトではこのように間違った紹介をしています。しかも、プロペラ由来だけでなく、“航空機エンジン・メーカーとして設立” というのも微妙に違います。帝国特許事務所にロゴマークを商標登録した時の事業内容を見る限り、総合エンジン・メーカーとしてスタートしているはずです。

これは公式サイトらしからぬ、随分とお粗末な紹介ですよね…。歴史、実績、実力もあるわけですから正直に伝えて欲しいなと。BMWファンの一人として正直悲しいです。

日本ではこの “プロペラ説” を信じている人が多いのですが、公式サイトがこれでは無理もありません。

嘘が広まり、長年語り継がれることで嘘が真実となってしまいます。歴史は正しく認識して正しく伝えて欲しいと切に願います。

2015年5月23日に加筆・修正


格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込めるネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当にお得です!

BMWのバッテリーが格安

コラム

海外旅行におすすめのタブレット活用術

海外旅行で役立つ新しい旅アイテム。タブレット活用術をご紹介。注目です!

格安のWi-Fiルーターをイタリアでレンタル

海外でインターネットを使おう! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。

プロペラ由来が間違った認識だというのがなぜ表に出てきたのか?

事の発端はニューヨークタイムズの記者 Williams氏がドイツ本国のBMWミュージアムを訪れた時に、現地のガイドさんより「このロゴマークの由来はプロペラとは全く関係ないんです」と説明されたことに発します。Williams氏も元々は “プロペラ説” を信じていたようなので、この事実に驚かれたようです。

また、Williams氏の仲間も同様に驚くと同時に「本当なのか?」と事実を確認するためにBMW North Americaに確認したようです。

そしたらBMW North America広報の回答は「プロペラ由来です」と答えたそうです。しかしその数日後、BMW North Americaよりメールが届き「BMWミュージアムのガイドさんが正しいです」と “プロペラ説” が間違いだったことを認めたそうです。BMW North America広報さんも真相が気になったんでしょうね。問い合わせを受けた後に調べたようです。

しっかり真相を調べ、間違いは間違いであると素直に認める。企業スピリットでもあるロゴマークの歴史という重要な間違いを認めるというのは簡単な事ではないと思いますが、BMW North America広報さんの対応は素晴らしいですね^^

専属添乗員が同行するおすすめのイタリア個人旅行。