海外旅行の外貨両替の比較

外貨両替のお得なレート? 海外旅行におすすめの両替方法を比較!

一番お得な両替方法をレートや手数料で比較。海外旅行で賢い外貨両替の利用術

海外旅行の準備で誰もが悩む外貨両替。誰だってお得なレートで両替したい!
そこで、ドルやユーロを例に両替レートや手数料を比較し、旅のプロである添乗員がおすすめのお得な両替方法をご紹介。お得な海外旅行のご参考にどうぞ。

最もお得な外貨両替の方法は?

「最もお得な外貨両替の方法」の答えですが、通貨の種類や両替額によってお得な方法は異なる ため、一概に「これが最もお得でおすすめ!」とは言えません。

そこで、「お得度」がわかりやすいよう、利用者が多いアメリカドルとユーロについて比較し、下記にまとめてみます。

外貨両替額による「お得度」 一覧表

USドル(1〜7万円程度) クレジットカードのキャッシング クレジットカード決済 銀行での両替
USドル(800ドル以上必要な場合) FX会社での外貨両替 クレジットカードのキャッシング クレジットカード決済
ユーロ(1〜2万円程度) クレジットカードのキャッシング クレジットカード決済 銀行での両替
ユーロ(200ユーロ以上必要な場合) FX会社での外貨両替 クレジットカードのキャッシング クレジットカード決済
クレジットカードのキャッシングは、年利14.8%で利用日から引き落とし日までが15日間、ATM利用手数料210円の場合を想定して比較。計算方法は利用金額×0.608%で算出(14.8%×15日÷365日)。

この表から、少額ならクレジットカードのキャッシングが最もお得なことがわかります(ただし注意が必要。理由は右下のコラムを参照)。
ただ、少額なのでその差は微々たるもので気にする程ではなく、自分に最も都合の良い方法で両替又は支払をすることをおすすめしています。 ちなみに筆者の場合は、レートの良さと利便性の高さから海外旅行ではクレジットカード決済(クレジットカードでお買い物)をすることが多く、キャッシングは利用頻度が低いです。

しかし、注目なのは 一定額以上の外貨が必要な場合は、FX会社の外貨両替が最もお得 になるということです。しかも、額面が大きくなればなるほど、お得度も比例して高くなるため要チェックです。

FX会社の外貨両替とは?

お得なFXの外貨両替

お得な外貨両替の方法についてネットでちょっと調べたことがある人なら、FX会社での両替方法について一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? しかし、「なんだかよくわからないし、リスクありそうだから普通に銀行で両替するよ」という方が結構いらっしゃるのも事実。でもちょっと待って下さい。

結論から言えば、外貨両替が目的であればそのようなリスクは全く無い のです。
そこで、FX会社での外貨両替について、わかりやすくご案内したいと思います。

ところで、FXって何?

“ FX ” と聞くと「金融商品でしょ? 何か難しそうだな」「下手に手を出すと逆に損しそう」「リスクが心配」などなど、いろいろと連想する方もいらっしゃると思います。

FXを簡単に説明すると、「少ない資金でその何倍もの金額分の外国為替取引(つまり両替)ができ、通貨を買ったときと売ったときの為替の差額で利益を出す」という金融取引のこと。FX取引の話になれば確かに難しい用語が多く専門的な知識が必要ですし、素人が安易に手を出すことはおすすめしません。

では何故、当サイトがFX会社での外貨両替に注目したのか? 下記にその理由をまとめます。

  • FX取引をする必要はない(つまりFXによるリスクが無い)
  • FX取引をせずに外貨両替だけすることが出来る
  • 専門知識は何も必要が無く、素人でもOK
  • 口座維持手数料など一切かからず、気軽に口座を作れる
  • 入金手数料や出金手数料など全て無料

    ネットバンキングでの入金は無料だがその他の振込みの場合は銀行によって手数料の発生あり。日本円の出金は月5回まで、外貨での出金は月1回が無料

  • 一定額以上の両替なら圧倒的にお得な外貨両替が出来る

10万円を両替した場合の外貨受取額の比較

では、実際に10万円をドルとユーロに両替した場合、銀行での両替とFX会社(マネーパートナーズ)での両替では外貨受け取り額がどれくらい違うのか? また、クレジットカードを利用した場合の比較を下記にまとめてみます。

USドル 現金の受取額 T/C 手数料
某大手銀行 約929ドル 約926ドル 1ドルあたり3円。T/Cの場合は1ドルあたり1円+購入金額の2%
FX会社での外貨両替
(マネーパートナーズ)
約948ドル --- 1ドルあたり0.22円+1回500円
ユーロ 現金の受取額 T/C 手数料
某大手銀行 約682ユーロ 約680ユーロ 1ユーロあたり4円。T/Cの場合は1ユーロあたり1.5円+購入金額の2%
FX会社での外貨両替
(マネーパートナーズ)
約696ユーロ --- 1ユーロあたり0.22円+1回500円

為替レートは2014年1月17日 9:30現在のレート USD=104.67円、EUR=142.67円 で算出

10万円で買い物(クレジットカード決済)ができる外貨の金額
USドルの場合
約939ドル
ユーロの場合
約689ユーロ

2014年1月17日現在の為替レートに0.2円の手数料を加えたレート×1.6%(VISAやMastercardなど一般的なクレジットカードのレートです) で算出

つまり、FX会社での外貨両替の場合10万円の両替でも銀行と比較して 19ドル≒2000円もお得 であることがわかります。もちろん、両替額が更に大きければ得するお金も更に多くなるため、まとまった現金が必要な方には特におすすめです。例えば、家族旅行の場合なら全員分まとめて両替すれば非常にお得というわけです。


おすすめ! お得な買い物裏ワザ

ブランド物など高価な買い物予定が既にある場合なら、その分をFX会社での外貨両替しておけばクレジットカードで購入するよりも随分とお得に買い物ができることになり、とってもおすすめの裏ワザ!

外貨両替でおすすめのFX会社はマネーパートナーズ

数あるFX会社の中で最もおすすめするのが、マネーパートナーズ という会社です。理由はものすごく簡単。 空港で外貨の現金を受け取ることが出来る日本で唯一のFX会社 だからです。しかも、現金で受け取るための手数料が1回あたり500円という安さというのもおすすめの理由の一つで、とてもお得です。

外貨の現金受け取りができる空港は、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港(セントレア)の4空港で、海外旅行の当日に受取専用カウンターに立ち寄って受け取れるので非常に便利です。

受取り可能な外貨の種類

現在受け取り可能な外貨は、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、韓国ウォン の5通貨ですので、海外旅行の人気の行き先をカバーしてますから大変便利です。

マネーパートナーズの詳細・口座開設 はこちらを参照

ちなみに、外貨両替は下記のようにパソコンで行い、操作は簡単です。

FX外貨両替の方法

1000ドルに両替したい場合は、「支払い」の “元通貨” をJPY(日本円)にして金額は無記入にし、「受け取り」の “対価通貨” をUSD(アメリカドル)にして金額に “1000” と入力し “次へ” をクリック。すると、1000ドルに両替するのに必要な日本円と、その時のレートが表示され、“コンバージョン実行” をクリックすれば両替完了です。 とても簡単!

空港で外貨現金を受け取るための手続きもパソコンで簡単に申込みできます。受け取り額は「100通貨単位」なので、105ドルや120ユーロなどの100を超えた端数の額は受け取れません。1200ドルや600ユーロなどの100通貨単位で申込みしましょう。

スイスフランはCHF200パックしか無いため、200通貨単位ごとの申込となります。

FX会社での外貨両替をして空港受け取りするまでの流れ

  1. マネーパートナーズの口座を作る(最短5分で申請でき、口座開設は最短で翌日)
  2. 口座に日本円を入金する(ネットバンキングやATMから簡単に入金可能。尚、空港受け取り手数料1回500円が別途引かれるので、その分もあわせて入金しておきましょう)
  3. 入金したお金で外貨を購入する
  4. 購入した外貨を空港受け取りするための申し込みをする(申込み日から最短8日間必要)
  5. 空港の受取専用カウンターにて現金を受け取る

FX会社での外貨両替のデメリット

ここまでFX会社での外貨両替について、おすすめできる良い点ばかりお話ししましたが、当然デメリットが無いわけではありません。下記にFX会社での外貨両替のデメリットをご案内します。

FXの口座を作る必要がある
当然と言えば当然なのですが、事前に口座を作っておく必要があります。お金を持っていきその場で両替ができる銀行とは違うので、銀行での両替と比較するとどうしても準備にひと手間かかります。とは言え、たった1度の作業ですし、マネーパートナーズの場合は本人確認書類(免許証やパスポートなど)は携帯電話やデジカメで撮影してアップロードするだけでOKなので非常に簡単で楽です。最短5分で申請できるので苦ではないと思います。
一般的に外貨の現金を受け取る場合の手数料が非常に高い

インターネット検索でFX会社の外貨両替について調べると、「現金化する時にかかる費用が非常に高い」という情報が多々見られると思います。これはその通りで、外貨を受け取るための手数料は一般的に2500円程度かかるのが普通です。つまり「せっかく良いレートと安い手数料で外貨両替したのに、外貨受け取りで高額な手数料がかかるのではメリットが無くなる」という意見が多く聞かれるのです。

ところが! マネーパートナーズの場合は1回わずか500円なのです。しかも空港受け取りが出来るため、他のFX会社ではデメリットであってもマネーパートナーズではデメリットではないのです。これこそがマネーパートナーズをおすすめする最大の理由です。
外貨受け取り申請から受け取るまで日数がかかる

これも銀行での外貨両替とは大きく違う点で、マネーパートナーズの場合は最短で8日間、最長で15日間必要です。ちなみに、マネーパートナーズは毎週木曜日の13時を受け取り申請の締めにしているため、木曜日の12:59までに申請すれば最短の8日間で受け取れることになります(つまり、受け取りは翌週金曜日から可能)

もし、木曜日の13時以降に申請した場合は、15日間かかってしまうので、海外旅行が決まったら出来るだけ早めの外貨受け取り申請をすることをおすすめします。
格安でおすすめの海外旅行保険

おすすめ! ネット申込みの安い海外旅行保険

海外旅行におすすめのお土産宅配サービス

旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくない! 荷物が増えるのも嫌! そこで、人へのお土産はネットで購入するのがおすすめです。

「海外旅行のお金」の関連記事・情報

外貨両替で一番重要な為替レートと両替手数料

皆さんが外貨両替する際、何を見て両替しますか? 大半の方が両替所の電光掲示板のレートを見て比較するのではないでしょうか? 誰でもお得なレートで外貨両替したいですからね。

そのレートですが、両替所によって違いますよね? これは、その両替所が両替手数料を含んだレートを表示している場合もあれば、レートが良いように見せかけて実は高い両替手数料を別に取る両替所(レート表の下に小さな文字で手数料10%などと書いてある場合がよくある)など様々。

つまり、最もお得な外貨両替は、為替レートが良いことと両替手数料が安いこと。この2つです。

一定額以上の外貨両替の際、FX会社での外貨両替が最もお得になる理由は、有利な為替レートのタイミングで両替でき、両替手数料が安いからです。

もちろんFX会社によってもレートや手数料は違い、よく比較されていますが、海外旅行の場合は外貨の現金で受け取る際の手数料もしっかり比較することをおすすめします。ただ、現在のところは外貨受け取りでおすすめできるFX会社はマネーパートナーズぐらいしか無いのが現状です。

クレジットカードのキャッシングについて

海外旅行でのクレジットカード、非常に便利ですがキャッシングについてはちょっと注意すべきでしょう。以下その理由です。

キャッシングした日から口座引き落としの日まで、利用者はクレジットカード会社からお金を借りていることになります。つまり「キャッシング=借金」であるため信用情報機関(CIC、JICCなど)に「借金」として記録が残ります。

つまり、利用頻度や金額など使い方によっては住宅ローンなどを利用する際の審査に影響する可能性があるということです。

利用回数が少なく小額、全く問題なく返済していれば気にする必要はないかもしれませんが、全ては使い方次第。自分のお金を全て完璧に把握できていない方にはおすすめできません。

また、治安上の注意も必要です。
何故なら、ATMで現金を引き出しているところを見られている可能性もあるため、夜の利用や人通りが少ない場所での利用は絶対にやめましょう。

FX会社での外貨両替が銀行と比較してお得な理由

答えは単純です。FX会社での外貨両替手数料が銀行と比較して非常に安いからです。

では何故安いのか? 銀行では両替を商売にしているため、手数料を高めに設定して利益を出しています。しかし、FX会社は両替を商売にしておらず、FX取引をしてもらうことで利益を出しています。

FX会社は積極的にFX取引してもらいたいため、たくさん両替してもらうように有利な手数料で両替してくれるというわけです。

ですからFX会社の本音としては、当然FX取引して欲しいわけですが、FX取引しなくてもサービスの一環として両替に応じてくれるので、大変お得に両替ができる方法として注目されています。

ある程度のお金を準備する人にとってはおすすめです。

海外での両替はお得か損か? レートの比較

日本円から換える場合はアメリカドルとカナダドル、ユーロは日本で両替をした方が断然お得で、海外の銀行や両替所のレートは日本と比較して良くありません。ドルとユーロは出来る限り日本で外貨両替をしていくことをおすすめします。

その他の通貨に関しては、基本的に日本の銀行での外貨両替はレートが悪いので、現地の銀行で外貨両替をする方がお得なレートであることが一般的です。

とってもお得な海外プリペイドカード

海外プリペイドカードにもいろいろありますが、両替手数料が最安で最もお得なカードと言えば、マネパカード(MasterCardプリペイドカード)というのがあります。

両替手数料が格安である理由は、FXレートに業界最安値の0.8%(アメリカ・ドルの場合)しか上乗せしていないからです。

ただ、使い方が他の海外プリペイドカードとは随分違うので、簡単に利用手順をご紹介してみます。


  1. ATMかインターネットバンキングにてマネパカード専用口座へ日本円を入金
  2. 入金した日本円を利用したい通貨へインターネット取引で両替する
  3. 両替した外貨をインターネットにてマネパカードへチャージする
  4. 海外ATMで現金を引き出す、又は、MasterCardプリペイドカードでお買い物をする

つまり、SuicaやPASMOのようにチャージして利用します。そのため、チャージした分だけしか利用できないので、万一カードが盗難されたりスキミングされても被害は最小限に抑えられるので安心で、安全性が高いです。

その他、MasterCard加盟店でクレジットカードと同じようにお買い物ができるので、ATMで現金を引き出す必要が無いので大変便利。しかもカード決済ならATM手数料がかからないなので更にお得です。
尚、マネーパートナーズのFX口座を持っている人は、“クイック入金” を使うことで日本円をマネパカード専用口座に振り込む際の手数料を無料にできる裏技があります。

詳細:マネパカード

FX会社での外貨両替のメリットではあるが、場合によってはデメリットになり得ること

為替レートが良い日に両替ができるのは大きなメリットです。通常、銀行で外貨両替する時はその時のレートで両替することになり、これはもう運次第。レートが悪いからと言って外貨両替しないわけにはいきません。

FX会社での外貨両替なら円高の時にとりあえず換えておくということも出来ますし、いつでも好きなタイミングで外貨両替をすることができます。

ただし、円高の時に外貨両替したものの、海外旅行に行くときになったら更に円高が進んでいることも当然可能性としてあるわけで、その場合は損になってしまうためデメリットになる場合もあるわけです。とは言え、銀行でその日のレートで絶対に換えなければいけないという状況よりは、好きなタイミングで外貨両替ができる方が個人的にはおすすめ出来ます。