初めての海外一人旅の準備・注意点

初めての海外一人旅でも大丈夫! 一人旅におすすめの国や旅の計画

女性の一人旅でも安心! 航空券、宿泊、食事などおすすめ準備情報

一人旅とは、ガイドや仲間と共に行動をする旅ではなく、文字通り、一人だけで旅をする旅行スタイル。一人旅の魅力は、誰に気を使うことなく、自分の意思で好きな場所へ、好きな時間だけ、思う存分に旅を楽しめること。 宿泊する場所も食事も移動手段も、予算に合わせて全て思いのまま。 誰に合わせる事なく、まさに自分ならではの旅。

一人旅へ出るか出ないか、考える時間があったら一人旅へ出る計画を立てよう!
そして旅立とう。初めての世界へ!

ページ内メニュー

特別企画海外個人旅行 完全マニュアル
実際の個人旅行の様子を写真付きで解説します!


一人旅での言葉 最低限の英会話レベルは?

海外一人旅に興味を持つ人の多くが、一番気にしているであろう言葉の問題。
「英会話に自信が無いから、海外を一人で旅するなんて自信がない」 多くの人がまずこう考えて諦めてしまうパターンが多いです。では実際どうなのか?
結論から言えば、 中学生レベルの英語で海外一人旅は出来る!

文法もあやふやで大丈夫。中学生で習った英単語さえ分かれば大丈夫です。 例えば、海外 一人旅で最低限必要な英会話の内容はこんな感じです。

  • ○○行きのチケットを1枚下さい。 いくらですか? 何時に出発ですか?
  • 予約をお願いします。
  • 1泊シングル1部屋(1泊ドミトリー1ベット)空いてますか? 朝食付ですか?
  • チェックインお願いします。
  • ○○はどこですか?
  • ○○が欲しい。 ○○をしてください。
  • このバス(列車)は○○行きですか?

これらが英語で言えれば海外 一人旅に行けます。文法が間違ってても通じます。

何故なら、ホテルでは宿泊するのが目的に決まっていますから、「ワンナイト シングル ハウマッチ?」と3つの単語を並べるだけでも、ホテルの人は貴方が何をしたいのか理解してくれるからです。

駅の窓口に行けば、列車について知りたいことがある、又は切符が欲しいという目的で窓口に来るのが普通ですから、「どこに、いつ、何時に」という重要なポイントさえ通じれば、普通はどうにかなるもの。
レストランでは、食事が目的に決まってますから、人が食べているのを指差して「あれ下さい!」でも食事が食べられるのです。
リコンファームだって、航空会社のオフィスに出向けば、航空券をスタッフに見せて「リコンファーム プリーズ」の一言で済むのです。

思っているほど、難しいことは無く、相手もだいたい理解してくれます。
ただ、英語の単語をいくつか並べるだけのレベルでは、海外一人旅に行ける場所や、行動範囲は随分と限定されることを強く認識してください。

ちなみに、中南米の一人旅では英語がペラペラでもあまり意味がありません。人々がまるで英語を知らないからです。「ワン ツー スリー」も通じない人が、そこらじゅうにいます(笑)。 だからといって、スペイン語が話せなくても、スペイン語の単語を片言並べていれば普通に一人旅が出来ます。それなりに旅慣れている必要があるという条件が付きますが・・・。

つまり、一番重要な3つのキーワードは、
海外一人旅は言葉が問題ではない。その気になること、目的地選び、下準備である。

ただし、上記で案内する最低限の英語も分からない方は、残念ですが海外一人旅は諦めましょう。自分が困るだけではなく、周りにも迷惑をかけることになります。

初めての海外一人旅。おすすめの国はどこ?

初めての海外一人旅で重要なこと、それが国選び。

初めての海外旅行でも旅がしやすい国、旅慣れていても旅がしづらい国や地域など、場所によって旅行事情も様々。つまり、この選択を誤ると海外一人旅で苦労をするどころか、危険な目に遭う可能性もあります。だから、国や地域選びがとても重要。

初めての海外一人旅でおすすめの国は、タイのバンコク

初めての海外一人旅でおすすめの国NHKの番組で特集されていたカオサンロードの様子。ちなみに、画面右下のワイプに映っている解説者が筆者です(笑)

タイのバンコクは日本から直行便が多いため、航空券も格安。世界中からバックパッカーが集まるため、一人旅、個人旅行者向けの旅行サービスや案内がしっかりと整っているのが理由。

中でも、世界中のバックパッカーが集まる世界的に有名な場所が、カオサンロード(Khaosan Road)と呼ばれる場所。
実際にはカオサンロードと、その周辺のいくつかの路地を含む一帯を示しています。

このカオサンロードは、わずか300mほどの通りに、バックパッカー向けの格安ホテルや旅行代理店、両替所、レストラン、インターネットカフェ、古本屋、ランドリー、衣料品店、土産物店等が軒を連ね、個人旅行者に必要な全てのお店がずらりと並んでいます。

例えば、カオサンロードの旅行代理店では、タイ国内の長距離バスや、空港までの送迎バスのチケット、バンコク発着の現地ツアー、タイ国内線から世界中の都市への格安航空券が売られており、英語を母国語としない世界中のバックパッカーを相手にしているため、片言の英語でこちらの要望を理解してくれ、様々な情報とチケットが簡単に手に入る。
つまり、ここを拠点に世界中を旅することも可能です。ちなみに筆者もバンコクを拠点に世界中を旅してきた一人。

また、突然行きたい国が増えても、古本屋ではバックパッカーが旅を終えて売りに出した世界中のガイドブックが売られており、旅行情報の収集にも困らない。カオサンロード周辺の路地には格安の屋台が軒を連ね、ドミトリー(共同部屋)のゲストハウスまである。貧乏旅行者にとっての聖地と言えます。
ちなみに、宿泊者のほぼ全員が日本人という「日本人宿」もあり、多くの若者で賑わっているため、初めての海外一人旅でも不安が少ないです。

ヨーロッパも初めての海外一人旅におすすめ

ヨーロッパも初めての海外一人旅におすすめ出来ます。 特に、ロンドン、パリは初めてのヨーロッパで少し不安という方でも、全く心配が無いほど一人旅にやさしい都市で、入門者向けとも言えるでしょう。

この2つの都市は、言わずと知れた世界有数の観光地であり、その国の顔ともなる表玄関。海外からの観光客を受け入れる整備が十分に整っており、初めてのヨーロッパでも心配することなく普通に一人旅が可能。さらに、現地在住の日本人も多く、困ったことがあっても助けを求められる場所が多いのも安心です。 また、ロンドン、パリは地下鉄が大変発達しているため、地図さえあればどこでも簡単に行くことが出来ます。地下鉄の乗り方も簡単。東京の地下鉄が乗れれば問題はないでしょう。

また、ヨーロッパは鉄道が大変発達しており、地方への移動も容易。 隣の国へも、東京−大阪を行き来する感覚で移動できるのも魅力です。

その他の、海外一人旅におすすめ出来る国

アメリカも都市によっては初めての海外一人旅におすすめ。 例えばニューヨーク。日本からの直行便も多く、世界的な観光都市ですから非常に観光がし易い。地下鉄が発達しているので動きやすいですし、何よりニューヨークの町に関する情報が豊富です。

サンフランシスコもおすすめ。街の大きさもほど良く、中心部なら徒歩で観光が出来ます。また、公共の交通機関が発達しており、近郊へ足を伸ばすのも比較的わかりやすい。

ちなみに、日本からの直行便の多さと格安航空券が手に入りやすいロサンゼルスは、街の規模が大変大きい上に、車社会を前提にした街づくりであるため、公共の交通機関はわかりずらいです。ある程度アメリカの勝手がわかっていないと動きづらい町なので、入門者向きとは言えませんが、情報量は豊富なのである程度英会話ができるのであれば、おすすめ出来なくもないです。

海外一人旅の準備について

海外一人旅の準備の仕方について、下記のような準備のしかたがおすすめです。
尚、それぞれの項目についての詳細は、別ページでご案内しています。
海外一人旅の準備のしかた・計画の立て方


  1. 行きたい町を決め、旅行日数を決める。 又は、旅行日数に応じて行きたい町を選ぶ
  2. 航空券を2ヶ月前ぐらいに予約する。
  3. 行く予定のビザの有無、パスポートの有効期限の確認。必要に応じて手続きする
  4. ガイドブックを購入し、具体的な旅程を考え、無駄のない一筆書きでコースを組む
  5. クレジットカードを持っていない場合は早めに申し込む。現金だけでは不安もあるし、ホテルを予約する際に必要なことが多い
    国際キャッシュカードを利用する場合は、事前に申し込んでおく
  6. 各都市の宿泊場所、観光情報を調べる
    ホテルの予約が望ましい場合は、宿泊日が決まり次第、すぐに予約する
  7. 旅行形態(貧乏旅行 or 適度に節約旅行など)によってバッグや旅行用品を購入する
  8. 行き先や時期の気温などを調べ、合った洋服を選ぶ
  9. クレジットカードからの引き落とし銀行口座にお金が入っていることを確認
    トラベラーズチェックや現地通貨に両替(当日の空港でも可)
  10. 新聞を取っている人は、旅行中止めてもらうよう連絡。電気代や水道代、家賃などの毎月の引き落としがある場合は、その対策を講じる

女性の海外一人旅で注意すること

男性でも女性でも、基本的な海外一人旅の注意点というのは同じですが、女性ならではの注意点もあります。やはり、力の弱い女性(たまに強い人もいるが)は、狙われやすいというのは事実です
しかし、基本を守ればそこまで心配することはありません

  • 暗くなってから人通りの少ない場所を歩かない。夜に移動をするような旅程を立てないことが肝心。ホテル探しは、必ず日中に出来るよう旅程を立てる。どうしても到着が夜になる場合は、タクシーでホテルへ直行する
  • 場所にもよるが、露出度の多い服装は出来るだけ避ける。特に宗教上肌の露出が良しとされない国では特に注意
  • 先進国の賑やかな場所以外、ブランド物は持たない。アクセサリーもほどほどに。海外では、「ブランド物=お金にゆとりある人が持つ物」という考え方が常識であることを認識すること
  • チャック無しのカバンは持って行かないこと。上部が開いたトートバッグは論外
  • 困っているのがわかる状況(表情やしぐさなどで)では、声をかけて助けてくれることが多々あるが、特にそういう状況でもないのに男性が声をかけてくる場合は注意。下心、又は騙しの可能性が高いので相手にしない。その他、たとえ女性が困っている状況であっても、イスラム教徒の男性が手助けであっても女性一人を人気の無い場所へ誘うことは宗教上の常識として有り得ないことを知ること
  • 街中で「どこに泊まっているの?」と、ホテル名を聞かれたら、その人物を相手にしないこと。何かをたくらんでいない限り、聞かれる質問ではありません。無論、一切答えてはいけません
  • 女性一人旅では、絶対にヒッチハイクをやらないように
  • 同じ宿で仲良くなった人であっても、夜 女性一人で男性の部屋を訪ねる、または自分の部屋に男性を入れるのは絶対にダメ!とは言いません。大人なのですから、他人のプライベートに首を突っ込む気はありませんので。ただ、男性の部屋を女性1人で訪問するのは「エッチOK」と言っているのと同じであるという、世界の常識を知った上で判断を

以上、「知らなかった」では済まないことが、女性の場合は多々あります。
男性でも女性でも、無知は災いの元ですが、特に女性は身の危険に直接影響しますから、しっかりと予備知識を事前に得るようにしましょう。ただ、基本的なことを守ってれいれば大丈夫ですから、そこまで心配はいりません。基本を押さえましょう!


次のページでは、海外個人旅行(一人旅)の計画の立て方と準備の仕方について詳しくご案内します。

海外個人旅行(一人旅)の計画の立て方


格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込める!
後回しにすると忘れやすいのでお早めに。

「海外一人旅」の関連記事・情報

格安のWi-Fiルーターレンタル

海外でインターネットを使おう! 現地から旅の様子をSNSでアップ! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。


これでバッチリ! 海外個人旅行マニュアル

海外個人旅行マニュアル電子書籍版

当サイト人気コンテンツ「初めての海外個人旅行マニュアル」がKindleの電子書籍として出版されました!

「今までツアーで何度か海外旅行に行ってるけど今度は自由に個人旅行をしてみたいな♪ でも、ちょっと自信ないし…」という方に最適な完全マニュアルです。個人旅行の計画の立て方から準備、役立つ情報、トラブルに遭った場合の対処のしかた、美味しそうに料理を撮るコツなどを収録。

更に注目は当サイト代表が実際にイタリア個人旅行に出かけ、その旅の様子を写真とコメントを加えながら実際の個人旅行のしかたをご紹介。他のガイドブックには無かった、図解によるマニュアルなのでとってもわかりやすくイメージがつきやすいです。

これを1冊 スマートフォンやタブレット、ノートPCに入れておけばインターネットが使えない場所や機内でも当マニュアルを見ながら旅が出来るので安心です!

海外一人旅のための英語。おすすめの下準備

一人旅に出る1ヶ月前くらいから、英語ニュースを毎日聞くようにしましょう。意味が分からなくても良いのです。ただ聞いてるだけでOK!
その目的は耳を英語に慣らすことにあります。聞いてるだけでは会話力はつきませんが、旅先でいきなり英語を耳にするのと、少しでも耳が英語に慣れているのでは、リスニング力(理解力)が随分と違います。

そこでおすすめなのが、Webサイトで24時間、英語ニュースを聞けるページがあります。

英語ニュースと会話を聞こう!

当サイトおすすめの人気バックパック

バックパックの選び方とおすすめバッグ

海外一人旅におすすめの、旅行グッズ

数週間以上の海外一人旅へ出かける人には是非持っていってほしい万能ナイフ。ナイフは非常に切れ味良く、刃がとても丈夫。フルーツ、パンやソーセージなどがカットでき、貧乏旅行で威力を発揮。

スーパーで缶詰やワインを買っても、これがあれば開けられます。バックパッカーの必須アイテムです。

パスポートの保管にはいろいろなタイプがあるが、この首かけタイプが一番使いやすくておすすめ!

首かけタイプなら服を脱がなくても取り出せるので、お店など人前でパスポートを取り出すことも出来ます。機能が充実していながら、薄型なのも良い。

手で押すだけで分厚い服がペチャンコに潰れる圧縮袋。バックパックやキャリーケースなど、限られたスペースへの収納に大変便利。

特に、冬服を持参する人は必須アイテム!

これを見れば初めての海外個人旅行も大丈夫!
旅の準備から旅の様子まで完全レポート。豊富な写真と共に個人旅行のしかたを解説します。