アマルフィの街並み - 白い壁と狭い路地 -

アマルフィの街並みの特徴である白い壁と狭い路地。

この白い壁と狭い路地は迷路のように入り組んでおり、イスラム文化の影響を受けた地域でよく見られる街並みだ。 もともとこのスタイルはマグレブ(北アフリカ)の文化であり、白い色は強い日差しでも家の中の温度を上げない知恵であり、細く迷路のような道は、町の中に多くの日陰を作るため、又、敵の侵入を妨げる目的がある。

同じような街並みは、スペインのアンダルシアや、チュニジア、モロッコなどで多く見られ、これらの場所は歴史的にも全てアラブ人で繋がる。
つまり、アマルフィもアラブの文化の影響を強く受けていることが、街並みからもよくわかる。

海外旅行総合情報 HOME

海外旅行の情報検索

世界遺産特集

おすすめの海外旅行用品