おすすめの安い海外旅行保険を比較

海外旅行のお金 おすすめの国際キャッシュカードやプリペイドカード

国際キャッシュカード、海外プリペイドカードとは? 銀行と使い方の比較

国際キャッシュカードも海外専用プリペイドカードも旅行先の海外ATMで現地通貨を引き出せる便利なキャッシュカードです。つまり、日本と同じ感覚で海外でもお金を引き出せます。アメリカのATMで引き出せばアメリカドル、ドイツのATMで引き出せばユーロの現金を引き出せるわけです。

海外旅行や出張、留学はもちろん、バックパッカーの旅といえどもある程度まとまったお金が必要になりますが、海外で多額の現金を持ち歩くのは非常に危険です。
そこで、この国際キャッシュカードや海外プリペイドカードを持っていれば多額の現金を持ち歩く必要が無くなり、いつでも現地通貨を現金で引き出せるため大変便利です。

各銀行の国際キャッシュカードや海外プリペイドカード、デビットカードのレート、手数料、注意点、メリット・デメリットを比較してご紹介します。


目次

参考情報海外旅行でのお金の準備・両替について


国際キャッシュカードと海外専用プリペイドカード、デビットカードの違いは?

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは、日本で開設している銀行の円預金口座(普通口座)に日本円を入れておけば、口座に入っている額を限度に旅行先の海外ATMで現地通貨を引き出せる便利なカードです。つまり銀行が発行しているキャッシュカードです。

例えば、日本で銀行や郵便局のキャッシュカードで銀行やコンビニで現金を下ろすのと全く同じです。銀行口座を開設するため、当然日本国内でも利用できます。

海外専用プリペイドカード

海外専用プリペイドカードは、事前にプリペイドカードにお金をチャージしておき、チャージした額を限度に現地通貨を海外ATMで引き出せるキャッシュカードです。銀行口座を開設する必要が無いので申し込みも簡単で発行されるスピードも速いです。イメージとしては、SuicaやPASMO、ICOCAのようにチャージして利用するのと全く同じです。

尚、基本的には海外専用なので日本国内では使えませんが、プリペイドカードによっては後述するデビットカードの機能が付いたプリペイドカードもあり、このようなカードの場合は日本国内でも使うことが可能です。

デビットカード

デビットカードは、ATMで現金を引き出せたりクレジットカードと同じように店舗でカード決済してお買い物ができます。ただしクレジットカードとは違い、1回払いのみで利用額相当のお金が口座に入っている(又はチャージされている)ことが決済条件。また、決済と同時に即時引き落とされます。例えばVisaデビットならVisaカードが使えるお店で、MastercardデビットならMastercardカードが使えるお店でカード決済が可能。(デビット決済が出来ない店舗も稀にあり)

デビットカードは一般的に銀行が発行していることが多く銀行口座を開設する必要がありますが、ネット申し込みできるので店舗に足を運ぶ必要はありません。尚、デビットカードによっては海外では利用できない国内専用のカードもあります。

3つのカードの共通点

クレジットカードのような審査が無いので誰でも簡単に作れます。クレジットカードの審査が通らなかった方やクレジットカードを作れない学生さんも持つことができるので、海外旅行はもちろん留学にも便利でおすすめなキャッシュカードです。

万一キャッシュカードを紛失してもカード利用を停止にすれば被害を防ぐことができ、安全性もおすすめのポイントです。また、口座に入金、又はチャージした額が利用限度額のため、仮に現金を引き出されてしまったとしても残額以上の被害が出ることは無いです。また、利用と同時に即時引き落としのため、クレジットカードのようにうっかり使い過ぎて後から多額の請求が来る心配がないのも安心です。


どの銀行の国際キャッシュカードが一番おすすめ? 銀行を比較

国際キャッシュカードや海外プリペイドカードを発行している主な銀行、金融機関の発行手数料や出金手数料、換算レートなどの比較一覧表です。


銀行別の国際キャッシュカード・海外プリペイドカード比較

ジャパンネット銀行  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料 (銀行キャッシュカード兼Visaデビット)
  • 出金手数料: 無料  年会費: 無料
  • ATM手数料: 無料
  • 換算レート: VISAインターナショナルが定めたレートに3.02%を加算したもの

新生銀行  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料 (銀行キャッシュカードと兼用)
  • 出金手数料: 無料  年会費: 無料
  • ATM手数料: 無料
  • 換算レート: VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したもの

海外専用プリペイドカード「マネパカード」  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料  年会費: 無料
  • 出金手数料: 国内では540円
  • ATM手数料: 米ドル $2、ユーロ €1.75
  • 換算レート: FXレートに0.8%を加算したもの。

    FXレートはTTMレートほぼ同じでクレジットカードのレートよりも若干レートが良い

三菱東京UFJ-VISAデビット  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料
  • 出金手数料: 無料  ATM手数料: 1回108円
  • 年会費: 初年度無料(2年次以降1,080円。ただし、23歳以下または前年10万円以上の利用で翌年無料)
  • 換算レート: VISAインターナショナルが定めたレートに3%を加算したもの

楽天銀行  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料
  • 年会費: 1,000円 (楽天銀行デビットカード)
  • 出金手数料: 無料
  • 換算レート: VISAインターナショナルが定めたレートに2.94%を加算したもの

JTB海外専用引き出しカード MoneyT Global  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料
  • 年会費: 無料  入会金: 無料
  • 出金手数料: 国内では540円
  • ATM手数料: 200円
  • 換算レート: VISAインターナショナルが定めたレートに5%を加算したもの

スルガ銀行  詳細・申し込み
  • カード発行手数料: 無料(SURUGA Visaデビットカード 審査あり)
  • 出金手数料: 1回210円
  • 換算レート: VISAインターナショナルが定めたレートに3%を加算したもの

2017年7月の情報


換算レートや手数料、使い勝手などは一長一短。結局のところは自分のライフスタイルに最もメリットがあるものを選ぶのがおすすめです。

ただ、純粋に国際キャッシュカードとしての利用であれば上記カードを比較する限りは、ジャパンネット銀行がおすすめと言えます。手数料や年会費無料でレートも良心的です。

更に、ジャパンネット銀行のキャッシュカードは “Visaデビット” の機能が付いていることに注目です。
Visaデビットとは上記デビットカードの項目で説明した通り、Visaカードが使えるお店でクレジットカードのようにカード決済でお買い物ができます。つまり、現金を引き出さずに直接お店で使えるわけです。お金を引き出さなくてもOKということは引き出し手数料がかからないということですから、便利なだけでなく大変お得です。


最もお得な両替レートで注目の高機能な海外プリペイドカード!

上記比較一覧の中で断トツに良い両替レートのカードが1枚あるのにお気付きですか? マネパカードという海外プリペイドカードです。

最大の特徴は両替手数料がわずか0.8%という安さ。これはクレジットカードの手数料の半額です! 筆者が知る限りはこれ以上お得な手数料は他にありません。
更にジャパンネット銀行と同様にこの海外プリペイドカードにもMasterCardのデビットカード機能が付いているので、マスターカードが使えるお店ならカード決済でお買い物ができ、大変便利でお得です。

どのくらい両替レートが良いかと言うと…

例えば、1000アメリカドル相当を両替する場合、銀行では3000円の両替手数料が発生しますが、マネパカードでATMから現金を引き出せば約1320円(ATM手数料を含む)で済みます。また、1000ドルをクレジットカード決済すると1630円の手数料が発生しますが、マネパカードでカード決済なら約800円で済む計算です。クレジットカードと比較しても抜群にレートが良い!

この海外プリペイドカードは銀行口座を作る必要が無く、審査無しで誰でも簡単に申し込み&スピード発行でき、万一この海外プリペイドカードを紛失した場合もネット(アプリ有り)から即時にカード停止ができるので安全性は高いです。また、日本にいる家族が入金して海外にいる子供がカードを使うという利用法もできるため、海外留学をされる方には一押しでおすすめです(15歳から利用可能)。

その他、この海外プリペイドカードは日本円をチャージしておけば日本国内でもデビットカードとして利用できるので、クレジットカードを作れない学生さんはもちろん、クレジットカードを作りたくないけど便利なカードは欲しいという方にもおすすめできます。

尚、マネパカードは米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、香港ドルでお得な手数料が摘要されるので、他の通貨に関してはジャパンネット銀行などの国際キャッシュカードや後述するMoneyT Globalの海外プリペイドカードの方がお得です。

ちなみに、マネパカードは他の海外プリペイドカードや国際キャッシュカードとは使い方が若干違うため、使い方を簡単にご紹介しておくので気になる方は見てみて下さい。


最も簡単でシンプルな海外プリペイドカード

上記でご紹介したマネパカードは、チャージするためにパソコンやスマホなどのインターネット環境が必須となりますが、面倒な操作は不要、単純に日本の銀行やコンビニで日本円を入金するだけで世界どこでも現地通貨の現金が引き出せるという最も簡単でわかりやすい海外プリペイドカードがあります。JTBが発行する MoneyT Global という海外プリペイドカードです。このプリペイドカードもマネパカードも同様に銀行口座を作る必要が無く誰でも気軽に申し込め、Visaデビットの機能も備えているのでVisaが使えるお店ではカード決済でお買い物が出来ます。

ただし、デメリットが1つ、現地でのレートが良くありません。レートが悪くても簡単に使える方が良いという人はマネパカードではなくMoneyT Globalを選ぶ方がおすすめです。尚、「レートが良くない」と言いましたが、海外の銀行や両替所で日本円から現地通貨に両替をするのと比較すれば、MoneyT Globalの方がまだレートは良いことが多いです。


国際キャッシュカードの両替レートは良いか悪いか?

「国際キャッシュカードは両替レートが悪くて損をする」というコメントを旅行系ブログや掲示板などで見かけることがありますが、本当に両替レートが悪くてお得ではないのでしょうか? 検証してみたいと思います。

まず最初に外貨両替にかかる手数料のお話から始めます。銀行で両替するにしてもクレジットカード決済するにしても、国際キャッシュカードで現金を引き出すにしても、日本円→外貨にする際は必ず為替手数料が発生します。この為替手数料の違いが「お得」か「損」かの違いになります。

ちなみに、日本円→外貨に変換する際の基準となるのが “TTMレート” という一切の手数料を含まない銀行公表の仲値レートです。銀行やクレジットカード会社はこのTTMレートに独自の手数料を上乗せして外貨両替に応じているというわけです。

では、難しい話はさておき、下記に一般的な手数料の比較を表にしてみました。


両替手数料の比較 一覧表

日本円→外貨に換える際の方法 TTMレートに上乗せされる手数料
日本の銀行で両替 USドル 約3円
ユーロ 約4円
国際キャッシュカードでATMから現金引き出し 3~4%
クレジットカードでお買いもの VISA、Master 1.63%
マネパカードでお買いもの(MasterCardデビット) 0.8%

では、上記の手数料比較表を基に、日本の銀行でドルとユーロに両替した場合と国際キャッシュカードでATMから現金を引き出した場合、どちらが得なのかを計算してみます。
尚、TTMレートは 1アメリカ ドル=120円、1ユーロ=135円 とし、国際キャッシュカードの手数料は3%でATM使用料はかからないとします。

日本の銀行で500通貨分を両替する場合
米ドル 61500円必要
ユーロ 69500円必要
国際キャッシュカードで500通貨を引き出す場合

米ドル 61800円必要
ユーロ 69525円必要


500ドルで300円 銀行の方がお得という結果ですが、ユーロはほぼ同じです。


これがもし外国為替が円高になっていて、1アメリカ ドル=100円、1ユーロ=110円 となっていたら下記のようになります。

日本の銀行で500通貨分を両替する場合
米ドル 51500円必要
ユーロ 57000円必要
国際キャッシュカードで500通貨を引き出す場合

米ドル 51500円必要
ユーロ 56650円必要


アメリカ ドルでは全く同じで、ユーロでは国際キャッシュカードの方が若干お得という結果になりました。円高になればなるほど、国際キャッシュカードの方がお得になるということです。また、アメリカ ドルとユーロは日本の銀行で両替する方がレートが圧倒的に良いため、海外の銀行で外貨両替する場合と比較すれば確実に国際キャッシュカードでATMから引き出す方がお得になります。

クレジットカードと比較するとやはりクレジットカードの方が手数料が安いのでお得ですが、先進国であっても現金は絶対に必要でなので、必ずどこかで現金を得る必要があります。当然クレジットカードでキャッシングも可能ですが、場合によっては利息が高くつく場合もあり、そもそもキャッシング枠が無いこともあり得ます。ですので、国際キャッシュカードは現金を得るための手段として利便性が非常に高いですし、国際キャッシュカードを利用すれば「両替し過ぎた!」ということが無くなるので、結果的に銀行で外貨両替するより旅費の節約につながることが多いです。

また、マネパカード(海外プリペイドカード)に関して言えば、クレジットカードよりもお得なレートでカード決済が出来てATMで現金引き出しも出来るため、利用価値はかなり高いと思います。


ATMの引き出し手数料についての注意点

ATMには2種類の引き出し手数料があります。1つは国際キャッシュカードや海外プリペイドカードを発行している日本の金融機関が徴収する手数料、2つ目はATMを設置している現地(海外)の金融機関が徴収する手数料です。

例えば、カード発行会社のATM引き出し手数料が無料であっても、現地ATM設置金融機関が手数料を徴収していれば当然手数料がかかるので、少額を小まめに引き出すやり方は避けた方がいいです。
ちなみに、日本の金融機関が発行している国際キャッシュカードや海外プリペイドカードについては当該公式サイトを見ればATM手数料の有無について表記しているので確認できますが、世界中に点在する海外ATMについてはATM手数料を調べることができないので、現地で引き出してみて確認するしかありません。


一般的な海外ATM手数料 一覧(引き出し1回あたりの参考料金)

  • アジア 200円~400円程度
  • アメリカ 2ドル~3ドル程度
  • ヨーロッパ 無料~3ユーロ程度(無料のことが多い)

国際キャッシュカード・海外プリペイドカードの使い方、海外のATM利用で気を付けたい注意点

  • 夜間はなるべく利用しない。引き出したところを狙われたり、後をつけられる危険がある
  • 周囲に変な人がいないか確認し、自分の背後からPINを盗み見られないようにする(PIN入力時に後ろから見られぬよう片手でボタンを隠しながら押す)
  • 日中でも人通りが少ない場所での利用は避ける
  • なるべく土日の利用を避けた方が良い。万一カードがATMに飲み込まれて出てこなくなった場合、土日は銀行が閉まっているために対処が大変になる。営業時間内であれば、トラブル後すぐに報告できるので対処が早い
  • 路上に面したATMよりも空港やショッピングセンター内、銀行の店舗内にあるATMの方がセキュリティーが高いので安心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港で申込むよりも格段に安いネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当に安いのでおすすめです!

エクスモバイルの格安レンタル申込み

当サイトからのレンタル申し込みで宅配受取り手数料が無料になります!

お得な手数料のおすすめ外貨両替

若干手間はありますが、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元に限り、最も良いレートで両替する裏ワザがあります!

結局どのキャッシュカードを選べばいいの?

忙しい貴方のために、詳細は抜きで即答してみます。

最強のキャッシュカードはどれ?
最もお得で為替レートだけを比較した場合は、マネパカード です。クレジットカード以上にお得なのですから、これ以上お得なキャッシュカードはありません。
日常生活でも役立つおすすめカードは?
ジャパンネット銀行 又は 新生銀行 の国際キャッシュカードです。やはり日常での利便性を考えれば銀行口座を持つキャッシュカードが最も利便性は高いです。
使い方が最も簡単なカードはどれ?
MoneyT Global です。申し込みも簡単、日本で円の現金を入金しておくだけで世界中のATMで現地通貨を引き出せるのですから、これ以上簡単でわかりやすいキャッシュカードはありません。
「クレジットカード+もう1枚予備」ならどのキャッシュカードがおすすめ?

お得度、利便性など何を優先するかで答えが変わるので一概に言えませんが、日常生活での利用はさて置き、とりあえず海外旅行に便利なキャッシュカードということであれば、マネパカードジャパンネット銀行新生銀行のいずれか1枚、又は2枚だと思います。

参考までに筆者の場合は

先進国に行く場合はクレジットカード3枚+マネパカードかジャパンネット銀行の計4枚、途上国に行く場合はクレジットカード2枚+マネパカードとジャパンネット銀行の計4枚を海外に持っていくことが多いです。

理由は現地滞在期間が10日間以上であることが多く、可能な限りカード決済、現金は最小限のお金だけATMで引き出すのが筆者のお金の使い方であるため、カードに何か問題が起きた場合に困るからです。例えば、海外ではクレジット決済端末やレジの端末、ATMとの相性が合わずにカードが認証されなかった経験を何度もしており、そういった場合に予備カードを数枚持っていると安心なのです。予備カードはとても重要!

国際キャッシュカードや海外プリペイドカードは何も審査が無いですし気軽に申し込めますから、できるだけ準備していくことをおすすめします。尚、これらのクレジットカードやキャッシュカードはリスク回避のため分散して持ち歩くようにしましょう。

格安の海外携帯電話

海外で気軽に電話できる海外携帯電話。なんと維持費無料(月額無料)で通話した分だけお支払! 本当に便利でおすすめです。

海外プリペイドカード、国際キャッシュカードのメリット・デメリット

メリット

  • 多額の現金を持ち歩く必要がなく安全性が高い(最大のメリットです!)
  • 銀行での両替レートと大差がなく、銀行を探す手間や両替の列に並ぶことが無く利便性が高い
  • 審査なしで簡単に申し込めるのでクレジットカードが使えなくなってしまった場合の予備カードに最適
  • その国の通貨で引き出せるので、数カ国周遊で便利
  • クレジットカードのキャッシングのように金利がかからず、わずかな手数料で引き出せて安心
  • 必要な時に必要な分の現金を引き出せるので、両替し過ぎる事が少ない
  • クレジットカードと違い、使い過ぎて後日に多額請求が来る心配が無い
  • 万一紛失・盗難・不正使用された場合でもクレジットカードほどの被害にはならない
  • 日常使っているクレジットカードを海外旅行に持っていき、万一紛失・盗難・不正使用された場合、公共料金の引き落としなどでカード変更にかかる労力は相当なものであるが、海外プリペイドカードや国際キャッシュカードならその心配が無い
  • ATMは24時間365日使えるところが多い(ただしページ末尾の注意点を守ること)

デメリット

  • 引き出しで手数料がかかるATM、手数料がかかるカードの場合、こまめに何度も引き出すと手数料が高くつく
  • 国際キャッシュカードはクレジットカードと比較して為替レートが良くない(マネパカードはむしろレートが良いのでデメリットにはならず)
  • 途上国や田舎では利用可能なATMが少ない

海外旅行の持ち物で疲れ対策!

海外ATMの使い方・操作方法

国際キャッシュカードや海外プリペイドカードの使い方は日本のATMと同じで、キャッシュカードをATMに入れて暗証番号と引き出し金額を入力するだけです。英語圏以外の国でも、一般的に [English] の画面を選択できます。

尚、引き出し金額は通常20、50、100などのボタンを選択する画面が最初に表示されますが、「OTHER」という項目が表示されていれば任意の金額を入力できます。(ただし、10、20単位で入力などATMによって決まりあり)

海外ATMの使い方・操作方法

マネパカードについて

マネパカードはアメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、香港ドルの5通貨に対応したキャッシュカードで、他の国際キャッシュカードや海外プリペイドカードの使い方とは若干違います。そこで、簡単にマネパカードの使い方についてご紹介しておきます。

使い方の手順

  • ATM、又はネットバンキングにてマネパカード専用口座へ日本円を入金
  • 専用サイトにログインし、入金した日本円を利用したい通貨へインターネット取引で両替する
  • 両替した外貨を専用サイトからマネパカードへチャージする
  • 海外ATMで現金を引き出す、又は、MasterCardデビットとしてカードでお買い物をする

つまり、日本円を入金しただけではダメで、入金した日本円をパソコンやスマホで専用サイトから両替とチャージを行う必要があります。SuicaやPASMOのように日本円を入金=チャージではないのです。


尚、2つの通貨を利用したい場合、例えばイギリスとフランスを周遊する場合には、まず2万円を銀行やコンビニで入金し、次に専用サイトで1万円をポンドに両替して1万円相当のポンドをそのままマネパカードにチャージ。次に残りの1万円をユーロに両替して1万円相当のユーロをそのままマネパカードにチャージするといった作業になるわけです。

その他、もしものことを考えて最初から多額のお金をチャージしたくないという場合は、例えば、一番最初に50万円を入金して全額両替しておき、20万円相当の外貨をマネパカードにチャージし、残額が少なくなったら残りの30万円相当の外貨を再チャージするといった使い方もできるので、留学や出張など長期の場合でも安全性が高いです。

マネパカードの申し込み・詳細


旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくないし荷物が増えるのも嫌! 割れたり溶けたりするのも心配…。そこでコレ! 自宅に宅配で楽々安心でおすすめです!

-->