海外自由旅行・一人旅
の計画と準備初めての海外自由旅行・一人旅の準備

初めて海外自由旅行・一人旅を計画! 準備から予約まで完全ガイド

初めての自由旅行、女性の一人旅でも安心! 海外自由旅行の基本講座です。

海外自由旅行の魅力は、好きな場所に好きな時間だけ観光したい、食べたい物を食べたい、グループに振り回されることなく自分のペースで旅がしたいなど、「自分好み」の旅を自由にアレンジできること。

ホテルもお部屋も自由! 食事も自由! 観光名所も移動手段も予算に合わせて全て自由。ツアーでは実現できない、自分ならではの海外自由旅行へ出かけてみませんか?

目次

特別企画海外個人旅行 完全マニュアル
実際の個人旅行の様子を写真付きで解説します!

旅に出よう!と思い立ったら。海外自由旅行の最初の準備

海外自由旅行の計画の立て方でまず最初にすることは『出発日と帰国日、行きの到着地と帰国の際の出発地』を決めることです。ここがハッキリしてこないと航空券の手配をすることが出来ないからです。下記のように決めると確実です。


旅行時期と日数が決まっていて時間に限りがある、短期旅行の場合の計画

お仕事の休暇の都合など、旅行時期や期間が決まっている人の自由旅行の場合、限られた日数を無駄なく満喫するため、出来るだけ多くの情報を出発前に集めましょう。この情報収集が短期間の海外自由旅行の成功の要です。

  1. 海外自由旅行へ行く時期と期間が決まったら、行きたい町をリストアップして優先順位を付けます。
  2. 旅の起点となる町を決める。飛行機の便が多い大都市にすると計画がしやすい。
  3. 起点の町とリストアップした町を、地図上でなるべく一筆書きの線でつなぎ、大まかなルートを考える。最終目的地は起点の町と同様、飛行機の便が多い大都市、又は大都市近郊の町にすること。
  4. つないだ線の区間に鉄道やバスの路線があるか確認する。もし無いようであれば、公共交通機関で結ぶことが出来るコースに修正していく。
  5. 線でつないだ旅程が全部で何日必要か?の日数計算をする。移動日については、3時間程度で移動できるなら半日で計算し、移動に6時間ぐらいかかるようなら1日で計算。全旅程が大雑把に何日間必要なのか?を確認する。
  6. 期間内で収まるよう、優先順位の低い町を切り捨てる、又は、他の町の日数を減らすなどして、行く町を厳選していく。
  7. この時点で、入国する最初の都市と出国する最後の都市がはっきりしてくるので、その都市に就航している航空会社、又は、その2つの都市をカバーしている格安航空券やPEX航空券を探してすぐ手配。格安航空券で出発日や帰国日を変更できない場合は、遅くても出発の2〜3ヶ月前くらい、PEX航空券の場合は予約が早ければ早いほど安いので、出発日と帰国日、入国と出国の都市が決まり次第すぐに手配するのがおすすめ。

ここでのポイントは、市内観光やホテル、レストランのことなどは何も考えず、ただ大まかな旅程を考えて旅行日数を決め、出発日と帰国日、行きの到着地と帰国の際の出発地を決めることに徹することです。


旅行期間が自由に決められる、長期旅行、バックパッカーの場合

海外旅行できる期間は特に決まっておらず、自由に旅行期間を決められる人も、計画の立て方は基本的に上記「旅行時期や期間が決まっている人の計画」と同じですが、期間の制約が無い(航空券の有効期限内で)ので日数を調整する必要が無く、行ってみたい町をひたすら一筆書きで線を引いていきます。

もし旅行期間が1ヶ月以上になる場合は、予備日を2〜3日設けておきましょう。道中で思わぬトラブルが起きた場合や、滞在を伸ばしたい町が出てきた場合に対応することが出来、自由旅行ならではのコツです。

自由旅行の計画と日数計算 ヨーロッパ周遊(フランス、イタリア)の例

日本--(1日)--パリ2日--(1日)--モンサンミッシェル1日--(1日)--トゥール1日(ロワールの古城巡り)--(1日)--パリ1日--(1日)--アヴィニョン1日--(半日)--ニース2日(モナコ日帰り含む)--(1日)--ミラノ2日--(半日)--ヴェローナ1日--(半日)--ヴェネツィア2日--(1日)--ボローニャ1日--(1日)--フィレンツェ4日(ピサ、シエナ日帰り含む)--(1日)--アッシジ1日--(1日)--ローマ4日--(1日)--日本

上記、フランス・イタリア周遊の自由旅行モデルコースを、「移動が3時間程度で半日、6時間程度かかるなら1日」で計算すると、この自由旅行は全体で35.5日必要なことがわかります。この計算はかなりアバウトですが、大体の旅行期間を決めることができます。航空券を手配する際には、出発日と帰国日、入国と出国の都市が必要になるため、なるべく早めに旅程を立てて、手配に備えておきましょう。

航空券の予約をする

海外自由旅行の出発日と帰国日、行きの到着地と帰国の際の出発地が決まったら、格安航空券(ITチケット)やPEX航空券を手配しましょう。

格安航空券は安いものから売れていくので、なるべく早めに手配した方がよりお得なチケットを手配できます。遅くても出発の2ヶ月前を目安に予約するのが理想。ただし、年末年始やゴールデンウイーク、夏休みやお盆時、3月の卒業旅行シーズンは大変込み合うため、出来るだけ早めの手配を。また、マイレージが貯まっている人も、無料の特典航空券の座席数はかなり少ないので、早めの手配をしないとすぐに満席になります。

ちなみに、お仕事が休める日が決まっており、どうしても出発日と帰国日を変更できないという方は、格安航空券ではなくPEX航空券もおすすめです。格安航空券は手配時にすぐ予約確定にならないことが多いのに対し、PEX航空券は残席さえあれば手配と同時に予約確定するので、確実に自由旅行の計画が立てられます。
参考: PEX航空券(正規割引運賃)と、格安航空券の違い

格安航空券の有効期限

格安航空券の有効期限は、一般的に28日、30日、60日、90日、180日、1年といったものが主流です。
ですので、上記で自由旅行の計画の立て方をご案内していますが、全体の旅行期間は格安航空券の有効期限内で旅行日数を設定することになります。

格安航空券を手配する際は、様々な制約が多いため、そのチケットの内容をしっかり確認することが重要。予約確定後は一切変更が利かないことが多いので注意して下さい。また、安い物ではないので、信用のあるお店で予約をすることも肝心。そこで、当サイト管理人も利用する、又は評判の良いお得な格安航空券を手配できる予約サイトをまとめてみたので、参考にどうぞ。

格安航空券 おすすめの予約サイト

移動手段やホテルを考える。必要なら列車も予約する

航空券の手配ができたら、あとは出発までに旅行中の移動手段や宿泊先など、旅程の詳細を煮詰めていきます。例えば、次の町までの移動手段はバス or 列車、一日どのくらい数本が出てるのか、毎日運行しているのか、駅又はバスターミナルまでのアクセス方法も重要。その他、遠回りした方が移動がしやすい、列車の接続が良いといったこともある(特に大きな町を経由する場合など)ので、地図を見ながら計画を立てると良いでしょう。

自由旅行で重要なのが宿泊場所。単純に寝泊りするだけではなく、観光の拠点にもなるため、立地条件も考慮しましょう。その他、翌日の移動が朝早い場合、夜にチェックインする場合は、駅、又はバスターミナルに近い宿にすると移動が楽です。
海外の駅周辺は治安が良く無いことが多々あるので、特に女性は夜の外出を避けることをおすすめします。

参考: ヨーロッパ鉄道の旅の計画、ユーロレイルパスについて


旅行期間が決まっており、時間に限りがある、短期旅行の場合

移動手段・交通情報について

移動手段は、日本で運行に関する情報が入手でき、ある程度確実な交通手段で旅程を組むこと。不確実な移動手段で旅程を立て、いざ現地へ行ったら、「列車は毎週火曜日のみの運行だった、フェリーは夏季シーズンのみの運行だった、随分前に路線が廃止されていた」など、移動手段が無くなってしまってはお手上げです。時間に限りがあるため、代替交通手段を探す時間があるわけもなく、予定の場所に行くことを断念するしかありません。

短期間の自由旅行では、下調べ不足は致命的な失敗に直結するので確実な情報を。

列車の時刻はその国の鉄道会社のWebサイトで検索したり、ヨーロッパならトーマスクックの鉄道時刻表などを利用します。


宿泊について

宿泊ホテルは全て日本から予約していくことをおすすめます。ホテル探しは想像以上に時間がかかることもあり、短期旅行で予約無しで現地に行くのはおすすめ出来ません。また、宿泊予約サイトの利用で現地で直接部屋を取るよりも割引された、ネット予約の特別価格が適用されることが多く、かなりお得な価格でホテルに泊まれます。好きなホテルを選べるというのも自由旅行の大きな魅力です。また、ホテルが決まっていれば、夜に到着した場合でもタクシーでホテルに直行できるため安心です。

ただ、宿泊予約サイトの中にはトラブルが絶えない海外の予約サイトもあるので、注意が必要です。そこで、普段筆者が利用している、又は評判の良い安心してホテル手配が出来る格安サイトをまとめてみたので、海外自由旅行のホテル手配にご活用下さい。

海外のホテル おすすめの格安予約サイト


旅行期間が自由に決められる、長期旅行、バックパッカーの場合

移動手段・交通情報について

時間がたっぷりとある長期旅行、バックパッカーなら、多少不確実な交通情報でも大丈夫です。時間があれば比較的自由に動けますし、現地で情報収集することが出来るからです。ただ、そうは言っても、ある程度の移動手段は調べるようにしましょう。現地で困るのは自分です。

ちなみに、バックパッカー向けの格安交通情報などは日本で情報が集まらないことが多いので、「地球の歩き方」や「旅行人」の掲示板で情報収集したり、英語版の「ロンリープラネット」で調べるのもおすすめです。それでも情報が得られない場合は、現地のパッカー宿などで、逆方面から旅をしてきた人に聞くなりして情報を集めます。
その他、国境情報も大事です。当然日本を出発する前にある程度調べておく必要がありますが、政情不安な国の場合、国の事情で突然国境が閉鎖されることもあり、代わりに他の国境が通過できる場合もあるので、その辺りの情報は基本現地で得ることになります。


宿泊について

バックパッカーの宿泊は、基本的にユースホステルやパッカー宿がメインになることが一般的です。ただし、それらの宿が無い町も多々あるため、そういった町では安宿を探すことになります。 ですので、その町にはパッカー宿があるのか? 無ければ、安宿はどのエリアに集まっているのかなどを調べておきましょう。 また、宿までのアクセス方法についてもしっかりと調べること。

日本では駅周辺のホテルは高いことが一般的ですが、海外では駅、又はバスターミナル周辺のホテルは格安ホテルであることが多いです。正直、駅周辺の治安は決して良くないことが一般的ですが、早朝出発や夜の到着の場合は非常に便利でおすすめです。 安宿情報は「地球の歩き方」や英語版の「ロンリープラネット」に多く掲載されているので、しっかりと調べておきましょう。

観光地の地図・ガイドブックを準備し、観光情報を集める

海外自由旅行の概要が決まってきたら、行く場所の観光情報を集めます。 訪れたい場所があるなら、入場・開館・閉館時間などを確認。それによっては予定を入れ替えるなど、旅程の組み方を変える必要があるかもしれないので、しっかり確認。行った後に「こんな場所があったなら行きたかった!」と後悔することがないように、観光情報は重要です。
ヨーロッパの節約旅行では難しいですが、海外では食べ物も楽しみの一つ。その土地の名物やレストランなどもチェックです。

また、ある程度旅行期間が長い場合は、行く予定の町のインターネットカフェ情報を調べておくと良いでしょう。
その他、利用予定の航空会社の連絡先やオフィスの場所(渡航予定の全ての国の)を調べておくと、リコンファームの時に役立ち、特に帰りの便の変更が出来るチケットを購入した人は、帰国便の変更をするためにも知っておくことをおすすめします。

自由旅行で特に重要なのが町の地図。当然ですが誰も案内してくれないので、地図がなければどこに何があるかもわからないし、ホテルの場所もわからないので、できるだけ詳細な地図を準備します。
日本ではなかなか良い地図が入手できなかった場合でも、現地のツーリストインフォメーションなどでもらえることが多いので、現地でチェックする価値はあります。

尚、観光情報の集め方、ガイドブックの選び方、地図については下記で説明しています。

現地情報の収集・準備の裏技 ガイドブックや地図について

旅行バックや旅の道具を揃える

自由旅行では自分で荷物の持ち運びをする必要があるため、「街中の移動は全てタクシーで宿泊ホテルは全て4つ星以上」というような旅で無い限り、スーツケースは絶対に避けましょう。特にヨーロッパは石畳が多く、小さなキャスターは全く役に立ちません。個人で荷物を運ぶには辛すぎます。

ただ、短期間で1〜3都市程度の宿泊で駅から徒歩5分以内のホテル限定など、荷物の持ち運びが少ない旅であれば、キャリーバー付きの小型のスーツケースでもOKです。

海外自由旅行ではとにかく身軽に動けることが望ましいので、基本はキャリーケースやバックパック、またはキャリーバー付きの小型のスーツケース(60L以下を強く推奨)になりますが、この3種類の旅行カバンを選ぶ基準は、旅のスタイルによります。

筆者がおすすめするスタイル別 カバンの選び方

キャリーケース:

移動は主に列車で、公共の交通機関が発達した先進国を自由旅行したい、基本的にB&Bや小規模ホテル、連泊が多めという自由旅行のスタイル。

キャリーバー付きの小型スーツケース(60L以下):
1〜3都市程度の宿泊で移動が少なく、移動は列車が中心で宿泊ホテルは駅から徒歩5分以内、又はタクシーで移動。荷物を持って地下鉄や市バスで移動は無し。3つ星以下のホテルには宿泊しない。
バックパック:
移動は列車や長距離バスが中心で、公共の交通機関が発達していない、舗装されていない道路が多い発展途上国が旅のメイン、連泊が少なく移動が多いという、ガンガン突き進むスタイルの自由旅行。両手が空くのでかなり自由に動けます。

キャリーケースやバックパックの選び方については、こちらで詳細をご案内しています。

旅行カバンの選び方 キャリーケースやバックパックの選び方

海外旅行保険はクレジットカード付帯では不十分!

自由旅行の最大の利点は全てが自由なことですが、逆を言えば全て自分次第です。つまり、全てが自己責任となるため、何かトラブルに遭った時のことを考え、海外旅行保険は必ず入りましょう。

もちろん、クレジットカード付帯の保険はあった方が安心です。でも、クレジットカード付帯の海外旅行保険だけに頼るのはリスクがあるため避けることをおすすめします。

その理由や、格安で申し込める海外旅行保険について下記ページでご紹介しているので、参考にしてみて下さい。

格安で申し込めるおすすめの海外旅行保険

旅行出発までに準備したいこと

自由旅行の期間が長くなればなるほど、しっかり準備しておかなければいけないのが、何かあった場合の連絡先をまとめておくこと。

例えば、行く予定の国の日本大使館、保険会社やクレジットカード会社の緊急連絡先など。日本の緊急連絡先はフリーダイヤルではなく、必ず市外局番から始まる番号をメモしておくこと。フリーダイヤルの番号は海外からかけられません。これらの番号はリストにして持ち歩くと良いでしょう。長旅の場合は紛失のリスクもあるので、メールの下書きに入れておくと安心です。

その他、数ヶ月以上日本に帰国しないのであれば、郵便物や公共料金の引き落としなどの対策をし、クレジットカードの引き落とし口座にも万一のための資金がしっかりと入っているか確認します。新聞などを取っている人は留守中の配達中止の連絡も必要です。


次のページでは、海外自由旅行・一人旅の計画を立てる際の実践的なアドバイスや裏技についてご案内します。

海外個人旅行・一人旅の計画を立てる際のアドバイスや裏技


格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込める!
後回しにすると忘れやすいのでお早めに。

格安のWi-Fiルーターレンタル

海外でインターネットを使おう! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。

これを見れば初めての海外個人旅行も大丈夫!
旅の準備から旅の様子まで完全レポート。豊富な写真と共に個人旅行のしかたをご紹介!

旅慣れた方にも好評。海外自由旅行では出来るだけ荷物減をらすことが重要。そこで、人へのお土産はネットで購入という手もおすすめ。

専属添乗員が同行するおすすめのイタリア個人旅行。

「海外自由旅行・一人旅」の関連記事・情報

海外自由旅行の計画は白地図を準備しよう!

旅行範囲が広い場合は、白地図を準備。行きたい町を蛍光ペンでマークし、町と町の移動は赤ボールペンで線を引く。町での必要日数や移動に要する時間も同時に地図の上に記入していくと、見やすくて自由旅行の計画が立てやすくなります。

白地図はガイドブックの地図を拡大コピーして作成。ガイドブックの地図に色が付いている場合は、コピー濃度を最低に設定してコピーをすると、白地図っぽく仕上がります。

その他、インターネットを利用した作成方法は下記ページでご紹介しています。

世界の白地図を無料で作成する方法

個人手配に便利な航空券用語集

航空券を探す際に知ないと困る航空券用語です。自由旅行にはどれも大事な用語となるので覚えておくと良いでしょう。

FIX
予約時に行きと帰りの日時と便が決められ、変更は一切出来ない。このタイプが格安航空券の大半を占め、最も安いかわりに自由度が全く無い。
OPEN
予約時に帰りの日時や便を決めないで、現地で自由に予約できる。帰りの便を予約後の変更も可能。
FIXオープン
予約時に帰りの日時と便を決めるが、1回のみ現地で帰りの便が変更できる。航空会社によっては手数料を払えば何回でも変更可能の場合も有り、若干自由が利く。
オープンジョー
常は2都市の単純往復が原則なのだが、このタイプは行きの到着空港と帰りの出発空港が別の国や都市でも可能なチケット。ただ、同一の航空会社利用であることが条件。
ストップオーバー
目的地の途中で乗り換えなどがある場合(経由便)に、その空港で途中降機して、数日滞在後に再び目的地行きの便に乗ることが出来るチケット。ただし、滞在日数や途中降機の回数が限定されていることが多く、追加料金が必要な場合もある。
直行便
名前の通り、目的地までノンストップで飛ぶこと。時間を節約ができる。
経由便
最終目的地へ行く途中で、他の空港を経由する便。一旦着陸するが、飛行機の乗換えは無く、同じ飛行機で再び最終目的地を目指す。
乗継便
経由地で便名の異なる飛行機(他の飛行機)に乗り換える必要がある便。直行便が飛んでいない都市へは全て乗継便で行くことになる。直行便が出ている都市の場合でも乗継便の格安航空券が出回っているが、時間的なロスは大きいものの、直行便に比べて割安。

ビザの手配やパスポートの有効期限の確認

最初に入国する国がビザが必要な国であれば、必ず出発前にビザを取得すること。国によってはビザ発給までに時間がかかる国もあるため、どのくらいでビザを発給してもらえるかも確認し、確実に手続きをするようにして下さい。

また、海外自由旅行の行き先が複数の国である場合は、渡航予定の全ての国のビザ情報を確認しておきましょう。

旅行期間が限られている人は現地での時間を節約するために、日本でビザ取得していくことをおすすめします。ちなみに、日本では数日で発給してくれる国であっても、他の国ではビザ発給に時間がかかる場合もあります。逆に、日本ではビザ取得に日数がかかる国であっても、他の国では少ない日数で取得出来る場合もあります。

旅行期間が長く、時間もあるという人は現地でビザを取得する方法もあります。特にイスラム圏や旧共産圏など日本と国交が薄い国のビザ代は日本で取得すると高額なことも多々ありますが、隣国でその国のビザを取得すると驚くほど安いことが多いです。ただし、イランのように現地でビザを取得するのに1週間ほどかかる国もあるので、その点も考慮して旅程を立てましょう。こういったビザ現地取得について日本で情報収集するには、検索や掲示板を利用するなどしか方法はありません。

また、入国する際のパスポート残存日数は国によって違うため、行く予定の国では自分のパスポートが有効期限内であるのか、必ず確かめること。

これでバッチリ! 海外個人旅行マニュアル

海外個人旅行マニュアル電子書籍版

当サイト人気コンテンツ「初めての海外個人旅行マニュアル」がKindleの電子書籍として出版されました!

「今までツアーで何度か海外旅行に行ってるけど今度は自由に個人旅行をしてみたいな♪ でも、ちょっと自信ないし…」という方に最適な完全マニュアルです。個人旅行の計画の立て方から準備、役立つ情報、トラブルに遭った場合の対処のしかた、美味しそうに料理を撮るコツなどを収録。

更に注目は当サイト代表が実際にイタリア個人旅行に出かけ、その旅の様子を写真とコメントを加えながら実際の個人旅行のしかたをご紹介。他のガイドブックには無かった、図解によるマニュアルなのでとってもわかりやすくイメージがつきやすいです。

これを1冊 スマートフォンやタブレット、ノートPCに入れておけばインターネットが使えない場所や機内でも当マニュアルを見ながら旅が出来るので安心です!

海外旅行の持ち物で疲れ対策!

海外自由旅行の英会話。おすすめの下準備の方法

英語のリスニングに自信が無い方は、自由旅行に出る1ヶ月前くらいから英語ニュースを毎日聞くことをおすすめします。意味が分からなくても良いのです。ただ聞いてるだけでOK! 目的は耳を英語に慣らすことにあります。旅先でいきなり英語を耳にするのと、少しでも耳が英語に慣れているのでは、リスニングの理解力が随分と変わります。

そこでおすすめなのが、24時間英語ニュースを聞けるWebサイトがあります。
英語ニュースと会話を聞く!

このページの左メニュー少し下に、“PODCAST-BP” という再生プレーヤーがあり、聞きたい番組をクリックすればいつでも聞くことが出来ます。尚、再生ソースがポッドキャストなので、iPodに番組を入れ、通勤・通学などの時間に聴くことも可能。また、iPod用の英会話ソフトなども紹介されています。

バックパッカー用語集

バックパックの旅では、普段聞きなれない言葉を耳にする事が有り、どうでもよい言葉から、旅のキーワードになる言葉まで様々。

パッカー宿
世界中のバックパッカーが集まる、パッカー専用の安宿。ドミトリーが基本。安いだけではなく、様々な生の情報が旅人から入手できるため、大変貴重な情報収集の場でもある。その他、共同キッチンがある宿もあり、貧乏旅行者の味方。ゲストハウスと呼ばれることも有り。
ドミトリー
共同部屋のこと。ベットが部屋にギッシリ並べられている宿から、1部屋に2段ベッドが数個置かれている宿など様々。
日本人宿
日本人が集まるパッカー宿。最大の利点は日本語で様々な情報交換が出来ること、荷物の盗難が少ないこと、共同キッチンがある場所では、稀に日本食にありつけること、宿によっては情報ノートが置いてあったり、日本語可能なインターネットが置いてあったりすること。
情報ノート
旅人が実際に経験した様々な役立つ旅情報が書き込まれたノート。例えば、その町の格安食堂、日本語可のネットカフェ、ガイドブックには出ていない交通手段、他の町の安宿、国境情報などなど。読むだけではなく、他の旅人に役立つ情報を自分も書き込むこと、その情報がいつの情報であるか月日の記入がマナー。
沈没
何をするわけでもなく、一つの町、又は同じ宿に長期滞在することを指す言葉。日本人宿に多く、その町のことならマニアックな情報や役立つ情報を持っていることが多々あるので、色々聞いてみると面白い。しかし、その人物が宿のルールブックであるかのような発言をしたり、偉そうな態度で勝手なルールを押し付けてくるような者も稀にいるが、無視してOK。関わるとろくなことが無い。
シェアめし
宿泊客がお金を出し合って皆で作る食事。日本人宿でやることが多い。