格安でおすすめの
海外レンタカー比較
海外レンタカーの料金比較とおすすめ予約サイト

海外格安レンタカーの予約と免許・保険・ドライブコース情報

人気のハワイ、アメリカ、ヨーロッパの大手レンタカーを格安で予約できる!

個人で海外旅行をする際に大活躍するのがレンタカー。特に車社会のアメリカ(ハワイも含め)やヨーロッパの地方都市では公共の交通機関が発達していない地域も多く、そういった地域を旅行するにはレンタカーが最適です。

自分のペースで気ままに旅が楽しめるのもレンタカーの最大の魅力! 人数がいれば料金が格安なのも魅力です。その他、荷物が多くなる子連れの家族旅行や、重い荷物も持ち運びが楽々なのでシニアの方にもおすすめ!

左ハンドルや交通ルールの違い、言葉や道の不安など、初めての方は心配事が多いと思いますが、事前に下調べをしておけば大丈夫です!


目次


大手海外レンタカーを安く予約できるおすすめサイト

53000以上の地域で900社のレンタカー会社を比較できる Rentalcars.com という海外レンタカー検索サイトです。下記から料金比較してみて下さい。本当に安いです。

この海外レンタカー予約サイトは世界160ヶ国、取扱件数が年間800万件以上という世界最大のレンタカー予約サイトで、本社はイギリスにありますが日本語サポートもしっかりあります。日本では知名度が高くないですが、料金の安さと簡単な予約方法のため世界中でリピーターが多い人気のレンタカー予約サイトです。


Rentalcars.comで海外レンタカーの予約から現地で車を借りるまでの流れ

  1. 上記検索窓で必要情報を選択し、「検索」をクリック
  2. 希望の車の「予約に進む」をクリック
  3. レンタカー詳細、レビュー、重要な情報を確認し、カーナビやチャイルドシートなどのオプション希望があれば選択して「予約に進む」
  4. ドライバーの名前、メール、電話番号を記入して「予約」
  5. クレジットカード情報を記入して「予約」をクリック
  6. レンタカーの予約確定のメールが届く(現地レンタカー会社名の記載有り)
  7. 現地レンタカー営業所にて必要書類を提示(予約確認書・日本の免許証と国際免許証・ドライバー名義のクレジットカード、パスポートなど)。搭乗者保険(PAI 任意保険)に加入したい場合はその旨を伝える。
  8. レンタル同意書にご署名
  9. 車をピックアップ

この海外レンタカー予約サイトの最大の特徴は、『レンタカー料金が格安で予約も簡単』 なことで、例えばアメリカでは最安価格がなんと2500円以下/1日からととにかく安いです。しかも取扱いレンタカー会社はハーツ、ダラー、バジェット、エイビス、アラモ、ヨーロッパカーなど大手レンタカー会社ばかりで、一括で世界中の大手レンタカー会社を同時に検索&料金比較をして最安値の料金を表示してくれるので大変便利。しかも、各レンタカー会社の公式サイトから申し込むよりも安いのはとても嬉しいですね。

また、サポートも日本語で対応してくれるので何かあった場合も安心だと思います。


Rentalcars.comで予約する場合の保険について

海外レンタカーを利用する際に最も気になることの一つに各種保険があると思います。そこで、海外レンタカーの保険事情やRentalcars.comでの各種保険についてご紹介しておきます。

Rentalcars.comのレンタル料金に標準で含まれている保険(レンタカー会社が補償する保険)

  • 自車両損害補償保険
  • レンタカー盗難保険

ヨーロッパでは下記保険も含まれており、アメリカでは州によって強制で含まれますが州によっては強制ではないため含まれていません。

  • 強制対人対物保険(第三者 損害賠償保険 TPL、LP、PP)

Rentalcars.comのレンタル料金に標準で含まれている保険はレンタカー詳細のページにある「重要な情報」の下にある「ご利用規約」という小さなリンクをクリックすると表示されます。非常にわかりにくいので見逃しそうですが、何の保険が含まれているのかしっかり確認しましょう。


ヨーロッパでレンタカーを借りる場合の保険事情

ヨーロッパのレンタカー会社で標準で含まれている強制対人対物保険は限度額が高いため、追加の保険に入らなくてもそれなりに安心できる一方、自車両損害補償保険(CDW)は補償額が最小限であることが多く、免責額(=自己負担額)が高額であることが多々あります。例えば、ヨーロッパのCDWには、窓ガラス、ホイール、タイヤ、ミラー、ルーフ、エンジン、バッテリーなどは補償対象外となっており、これらの修理代は全額自己負担となってしまいます。


アメリカでレンタカーを借りる場合の保険事情

アメリカでの自車両損害補償保険(CDW又はLDW)は部品による区分けは無く車両全般的な修理費用が補償対象で免責0という手厚い内容であることが一般的です。しかし、アメリカでは対人対物保険である損害賠償保険(TPL、LP、PP)が州によって強制であったり強制では無かったりします。カリフォルニア州やニューヨーク州のように強制である州ではレンタカー料金に必ず含まれていますが、全米のうち強制である州は少なく、強制ではない州でのレンタカー料金には含まれていないことが多いです。

ご自身が借りるプランに損害賠償保険が含まれていない場合は、レンタカー会社の営業所にて追加自動車損害賠償保険(LIS、SLI、EP)に必ず加入するようにしましょう。また、損害賠償保険が含まれている場合でも、アメリカの損害賠償保険はヨーロッパと違って限度額が低く、万一人身事故を起こした場合は保証しきれないケースは少なくないです。そのため、出来る限り追加自動車損害賠償保険に加入することをおすすめします。


尚、こういった国、又は州による保険事情の違いはどのレンタカー会社でも同じことで、Rentalcars.comに限った話ではありません。

その他、レンタカー会社の補償ではなく、Rentalcars.comが保障する「フル・プロテクション」という追加補償プランがあり、非常に手厚い内容になっています。

フル・プロテクションの補償内容
  • 自車両損害補償保険(レンタカー会社の保険でカバーされない車両損傷の修理費)
  • レンタカー盗難保険(盗難保険の免責金額が上限)
  • ロードサポート(レッカー料金、鍵の紛失の場合の鍵交換費用、車からの締め出し対応費用、バッテリー交換費など)
  • 営業保証料(車両修理中のレンタカー会社の逸失利益)

特にヨーロッパの自車両損害補償保険(CDW)は免責額が高いことが多いうえに補償対象外の項目が多く、アメリカでは道路の状態が悪いことが多々あるためバーストなどでレッカーが必要になるケースは珍しくは無いです。そのためフル・プロテクションの安心感はかなり高いです。

保険金の請求方法
万一事故を起こした場合は、まず自分で支払います。そしてかかった費用をRentalcars.comに請求すると、一旦自分が支払った金額がRentalcars.comより支払われます。


海外レンタカーの契約に関する注意点

海外レンタカー関連でよくある事例に、保険の二重加入 があります。例えば、Rentalcars.comでフル・プロテクションの保険に加入したにも関わらず、現地レンタカー営業所に行った際に再度保険の勧誘を受けて営業所でも保険に入ったものの、実はRentalcars.comで加入したフル・プロテクションと同等の補償内容だったという事例が実際にいくつも報告されています。

何故こういうことが起こるか? 理由は簡単です。フル・プロテクションはRentalcars.com独自の保険ですからレンタカー会社は無関係です。そのため、レンタカー予約者がフル・プロテクションに加入しているかどうかという情報はレンタカー会社には伝わっていません。ついでに言うと、現地レンタカー営業所のスタッフは他社の保険であるフル・プロテクションの補償内容を知りません。そのため、現地レンタカー営業所では追加の保険の勧誘が始まるのです。しかも、レンタカー会社にとって保険は大きな利益になるためレンタカー営業所によってはかなり押しが強い勧誘をされることがあります。そして語学の問題や大人しい日本人はその勢いに押されてサインしてしまうと…。

ここがポイント

Rentalcars.comのフル・プロテクションに加入しているなら、現地レンタカー営業所でその他の保険に入る必要はありません。そのくらい手厚い補償内容です。
ただし、アメリカでは上記「アメリカの保険事情」の説明のとおり、追加自動車損害賠償保険(LIS、SLI、EP)の加入は強くおすすめします。

その他、現地レンタカー営業所で言葉がよくわからず相手に言われるままにカード支払いのサインをしたら不要なオプションを付けられていたという事例もあります。現地でサインを要求されたら、サインの前に何のためのサインなのか? 費用の内訳の書面を見せてもらうなどしっかり主張することが重要です。また、ネット予約した補償・付帯内容はしっかり把握しておきましょう。


海外レンタカーの保険の主な種類

自動車損害賠償保険(TPL、LP、PP、LI) - 強制保険
対人・対物を補償する最低限入っておくべき保険。一般的にレンタカー契約時に自動的に付いてくることが多いですが、アメリカでは州によって強制ではないため付いていない場合があります。
追加自動車損害賠償保険(LIS、SLI、EP、ALI) - 任意保険
LPの補償額を引き上げる保険。アメリカでは強制保険の補償額が低いため、それを補う役割があります。任意ですが最低限入っておくべき保険です。
自車両損害補償制度(LDW、CDW) - 任意保険
衝突、当て逃げなどよって車両が破損した場合に、支払いを免除する保険。この手の事故は発生頻度が高めなので、出来る限り加入をおすすめします。
搭乗者傷害保険および携行品保険(PAI、PAE、PPP) - 任意保険
ドライバーや同乗者がケガをした際の治療費を負担、車内の所持品が盗難や破損した場合の保険。通常この2つの保険が1セットのことが多い。この保障については海外旅行保険で保障されることが一般的であるため、海外旅行保険に別途加入している方は、被っていないか要確認。
レンタカー盗難保険(TP) - 任意保険
レンタカーが盗まれた場合に免責される保険です。特にヨーロッパで車を借りる方は加入推奨です。

海外レンタカーの旅で役立つ情報

Driving directions - MapQuest

アメリカとカナダ、ヨーロッパの主要国のみに限られますが、ドライブルートの地図が大きくて詳細なため大変見やすいです。最短距離 or 最短時間でのドライブルートが選べ高速道路や有料道路を除外することも可能。更に、アメリカ・カナダのみのサービスですが、燃費を入力すればガソリン代金まで知ることが可能で、ストリートビューによる360度画像も見ることが出来ます。

Driving directions - Yahoo

主要国のドライビング・ルートを調べられます。走行距離や所要時間の表示、曲がり角の詳細なマップと案内もあり、それらのドライブルートを印刷できます。ドライブ旅行のコース概要の作成にも役立ちます。

AAA Travel Planner

アメリカ自動車協会(AAA)のサイトで、アメリカ、カナダのドライブルート検索が出来ます。目的地を複数設定できるので周遊コースの作成も可能で、ドライブルートはPDFで出力することが可能。ハイウェイのExits番号表示、ガソリンスタンドの場所とガソリン料金、トラフィック情報、トイレの場所などを確認できます。また、長距離ドライブの場合は途中何時間おきに休憩したいかを設定すると最適な場所を表示する機能もあり大変便利です。

AA Route Planner

イギリス自動車協会(AA)のサイトで、イギリス国内のドライブルートを検索、プリントできます。道路工事、駐車場情報も地図上に表示でき、高速道路の道案内では道路標識も表示されてどの表示の方向に進めばよいか教えてくれるためわかりやすいです。

海外レンタカー・ドライブ情報

アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアをドライブするための基本情報からドライブコースまで、役立つコンテンツが豊富。特にハワイのレンタカー・ドライブ情報は充実しており、とても役立つ。

海外での運転アドバイス

海外でレンタカーを借りる際の注意点やアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ)での運転のポイントを紹介しています。

世界各国のチャイルドシート使用義務 一覧

シートベルト着用とチャイルドシートの使用義務の有無、基準が紹介されています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港で申込むよりも格段に安いネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当に安いのでおすすめです!

エクスモバイルの格安レンタル申込み

おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。当サイトからのレンタル申し込みで宅配受取り手数料が無料になるので更にお得!

便利でお得な空港⇔市内ハイヤー送迎

空港によっては公共交通手段での市内アクセスが悪いことはありますし、ご年配の方や荷物が多い場合は地下鉄などを乗り継いでホテルまで自力で行くのは相当な労力となります。

そんな時におすすめなのが、Rideways というハイヤー送迎サービスです。

料金は前払いで渋滞した場合でも追加代金は無し、1日前ならキャンセル無料、タクシーの行列に並ぶこともなく本当に楽です。

そして料金もお手頃で、例えばパリでは空港から市内のタクシーは定額で55ユーロ(7300円)ですが、このサービスではなんと6500円。安いです! 数人いればお得ですし、何よりも楽で安全。個人旅行におすすめです。

国際運転免許証の取得、申請場所

国際運転免許証の申請場所


国際運転免許証の取得に必要な物

  1. 日本の運転免許証
  2. 写真1枚 (縦5cm×横4cm、無背景、枠なし、申請6か月以内の撮影)
  3. パスポート
  4. 手数料 2400円
格安の海外携帯電話

海外で気軽に電話できる海外携帯電話。なんと維持費無料(月額無料)で通話した分だけお支払! 特に海外ドライブでは万一のために持っておきたい必須とも言える旅アイテム。本当に便利なのでおすすめです。

海外レンタカーでおすすめのポータブルナビ!

海外レンタカーのナビゲーションは基本的に日本語の音声案内がありませんが、このポータブルナビは日本語案内をしてくれるため大変心強く大型画面で見やすいです。初めての海外ドライブでも安心!

別売りのSDカードを差し替えることで、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどの地図を利用できます。このSDカードは事前にGoogle Mapから場所、ルートを登録でき、緯度経度による目的地設定も可能なので大変便利。

一般的に海外レンタカーのナビはオプションで1日あたり2000円ほどするため、何度か海外ドライブを楽しむのであればナビを購入した方がお得ですし、日本でも使用できるので(国内MAPは標準搭載)、日本で使い方を予習できるので現地で使い方がわからないという心配も無く、本当におすすめです。

GARMIN専用の車載マウントです。ダッシュボードに両面テープで貼る必要が無く、置くだけでナビを固定できるので、レンタカーでも安心して使える必須アイテム。

GARMIN専用のヨーロッパ地図 2016年版 SDカード。

GARMIN専用の北米地図 SDカード。アメリカ(ハワイ含む)、カナダ、メキシコを網羅しています。

Rentalcars.comの予約キャンセルに関する注意点

Rentalcars.comはWebサイト・サポート共に完全日本語対応ですが、やはり海外企業のWebサイトですので、使い勝手が国内サイトとは少し違います。例えば、予約キャンセル方法が日本と少し違うということで、戸惑う方がいらっしゃるようですので、下記にキャンセルの方法を案内しておきます。


キャンセル方法

変更・確認のページから【キャンセルする】をクリックすると、『キャンセルの依頼を承りました。』という画面に切り替わります。しかし、これでキャンセルは出来ていません。この後 24時間以内に登録したメールアドレスまでキャンセル確認メールが届きます。このメールに記載されているリンクをクリックすると、キャンセルが確定する仕組みです。

しかしながら、メールアドレスによっては24時間経ってもキャンセル確認メールが届かないことがあるようです(海外からの迷惑メールと判断される場合あり)。1日経ってもメールが来ない場合は、メールか電話にてその旨を伝えて下さい。簡単にキャンセルできます。


海外レンタカーで役立つおすすめアイテム

スマホ2台同時充電が可能。デバイスを自動検出する回路搭載で最適な充電をしてくれるので安心して使えます。ドイツメーカー製ですので欧州車のソケットに適合し、12V、24Vで使用可能。高品質でおすすめ。

海外レンタカーで意外な盲点となるのがシガーソケットの大きさや深さが日本とは微妙に違うこと。車種によってはソケットが緩すぎたり浅すぎてソケットが簡単に抜けてしまう事もありますが、このソケットは太さを調節できるので外車でも安心です。尚、このソケットはコード先端がコード剥き出しとなっている自作用です。

Bluetooth対応の高音質FMトランスミッター。スマートフォンやタブレットの音楽を気軽に聞くことが出来ます。USB端子が付いてるのでモバイル端末を充電しながら使用できるのでバッテリー切れの心配もありません。

海外旅行保険でカバーできる海外レンタカー関連の補償範囲は?

海外旅行保険は契約タイプによって補償内容は違いますが、一般的な内容では下記の内容が海外レンタカーを利用する際にも適用されます。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 携行品損害

これらの補償は全て海外旅行保険に加入している人に対しての補償で、事故相手または第三者への対人・対物は全く保障されません。

逆にレンタカーに同乗してる人が全員海外旅行保険に入っているのであれば、現地レンタカー事務所で搭乗者傷害保険(PAI)や携行品保険(PEC・PEP)を勧められても保険の二重加入になってしまうので断ってOKです。

『安心』を最優先したいならこのレンタカー会社!

Hertzです! 数あるレンタカー会社の中で比較してもHertzのサービスレベルはトップクラスです。対応は丁寧ですし、押しが強い保険勧誘も無し、車も綺麗で何か問題が起きた場合の対応も素早いです。ただ、他のレンタカー会社と比較すると料金はやはり高めです。

ところが、Rentalcars.comで予約すると他のレンタカー会社の料金とそこまで大差はなくなるので、検索結果のページで“Hertz”にチェックを入れ、Hertzだけのプランに絞り込んでみて下さい。初めての海外レンタカーという方や、大事な仕事で利用したいという方には安心だと思います。


Rentalcars.comのデメリットと評判

Rentalcars.comの最大のデメリットは車種の選択が少なく、「A」という車種を選んでも「A 又は Aの類似車」という具合に車種を確定できないことです。例えば、Hertzでは地域によってメルセデスやBMWなどの高級車を扱っていますが、Rentalcars.comでHertzに絞り込み検索をしてもそういった高級車は表示されないなど、選択できる車が少ないです。

このように車種を確定できないことで、公式サイトよりも安い料金が出てくる仕組みですので仕方ない部分です。用途によっては「メルセデスのCクラス限定」など車種を特定したいこともあるかもしれませんが、そういう場合は高くてもレンタカー会社の公式サイトから直接予約するしかありません。


Rentalcars.comの評判

安いだけでなく予約方法も簡単、日本語サポートもあり、世界的なシェアを持つ大企業なので信用もありますから全体的にはリピーターはとても多く、筆者も信用して利用しています。

ただ、ネット上の口コミでは不満もいくつか見受けられますが、それらを読んでみると予約者の確認不足や現地レンタカー営業所での意思疎通の問題、又はレンタカー会社の対応が主であって、ほとんどがRentalcars.comの問題ではなく責任の所在を勘違いしているケースが目立ちます。Rentalcars.comはレンタカーを予約したい人とレンタカー会社を繋ぐ仲介サイトですから、最終的な契約先はレンタカー会社です(ですから現地レンタカー営業所でサインをします)。

とは言え、日本のサポートに慣れている人からすれば、やはり海外企業が運営する予約サイトなので日本語の表現や案内が不十分な部分があることは確か。迅速で手厚いサポートが希望であれば、高いですがHertzの公式サイトから予約するのがおすすめかもしれません。

最後に、Rentalcars.comでも最低限の確認は出来ますし、事前に海外レンタカーに関する予備知識を得ればリスク回避することも出来ます。確認と準備をしっかりすることで不安を無くし、ドライブ旅行を楽しみましょう!

旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくないし荷物が増えるのも嫌! 割れたり溶けたりするのも心配…。そこでコレ! 自宅に宅配で楽々安心でおすすめです!