格安の海外レンタカー比較格安の海外レンタカー比較、Rentalcars.com

海外格安レンタカーの予約と免許・保険・ドライブコース情報

人気のハワイ、アメリカ、ヨーロッパの大手レンタカーが格安で予約できます!

個人で海外旅行をする際に大活躍するのがレンタカー。特に車社会のアメリカ(ハワイも含め)では公共の交通機関が発達していない地域も多く、そういった地域を旅行するにはレンタカーが最適です。

また、自分のペースで気ままに旅が楽しめるのもレンタカーの最大の魅力! 人数がいれば料金が格安なのも魅力です。その他、荷物が多くなる子連れの家族旅行や、重い荷物も持ち運びが楽々なのでシニアの方にもおすすめ!

しかし、左ハンドルや交通ルールの違い、言葉や道が不安など、初めての方は心配事が多いと思いますが、事前に下調べをしておけば大丈夫です!

格安の海外レンタカー予約サイト

この海外レンタカー予約サイト「Rentalcars.com」は世界6000ヶ所で格安レンタカーを予約できるサイトです。日本ではまだ知名度が高くないですが、世界で年間210万台以上の海外レンタカー提供実績がある世界最大規模のレンタカー予約サイト(本社はイギリス)として定評があり、リピーターが多いレンタカー予約サイトです。

上記「Rentalcars.com」でレンタカーの予約から現地で車を借りるまでの流れ

  1. 上記検索窓で必要情報を選択し、「検索」をクリック
  2. 希望の車の「予約」をクリック
  3. 追加オプションの希望があれば記入
  4. 名前やメールアドレスなどを記入
  5. クレジットカード情報を記入し、予約依頼が完了
  6. レンタカーの予約確定のメールが届く(現地レンタカー会社名の記載有り)
  7. 現地の指定レンタカー営業所にて必要書類を提示(予約確認書・日本の免許証・国際免許証・クレジットカード)
  8. レンタル同意書にご署名
  9. 車をピックアップ

この海外レンタカー予約サイトの最大の特徴は、『レンタカー料金が超格安』 なこと。
例えばアメリカでは最安価格がなんと2500円以下/1日からと、とにかく安い。しかも取扱いレンタカー会社はハーツ、ダラー、バジェット、エイビス、アラモ、ヨーロッパカーなど大手レンタカー会社ばかりで、一括で世界中の大手レンタカー会社を同時に検索&料金比較をして最安値の料金を表示してくれるので大変便利です。

更に、格安とはいえ 3つの保険(アメリカ(ハワイ含む)では、3つの保険に加え、任意保険(対人対物・対無保険者傷害保険)も込み!)、走行距離無制限、空港使用料・現地地方税が原則付き、フリーダイヤルでサポートが受けられ、平日午前8時〜夜11時までは日本語対応。

レンタカーの料金設定は、基本料金のプランの他、初めからカーナビや追加ドライバーなどの料金がセットになったプランがあるが、別途オプション依頼をすることも出来、予約フォームにリクエストを書き込むスペースがあるので、そこに「カーナビ希望」「ガソリン満タン希望」「チャイルドシート」「乗り捨て希望」などと書いてリクエストをし、オプション料金をメールで伝えてくる仕組みになっている。

また、いきなりレンタカーの予約ではなく、様々なオプションを追加するなどして見積もりを作成してもらって比較をしてから予約をすることも可能。

他社レンタカーと比較しても格安な理由は?

これだけ格安でレンタカーを提供するためにはその仕組みがある。つまりデメリットとも言えるが、Rentalcars.comのネット上で予約をする際はレンタカー会社を指定できず、予約後に届く予約確定メールで初めてどのレンタカー会社で予約されたかが通知される仕組み。

また、予約依頼時にレンタカー会社を指定できないということは、具体的な車種も指定できない(リクエストは可能だが確約は不可)。つまり、「絶対にシボレーカマロのコンバーチブルに乗りたい!」など明確な希望車種がある場合は、Rentalcars.comではなく、希望車種を扱うレンタカー会社に直接予約するのがベストとなる。ただ、車種は特にこだわりが無いという方には全く関係ない話なので気にする必要はないでしょう。

ちなみに、日本でサービスが始まったばかりの頃、特に2009年前後は日本語スタッフ不足などで対応が遅かったりしていたようですが、最近は利用者増加に伴って随分と改善されているようです。とはいえ、電話でも予約を受け付けてはいるものの、電話は海外に転送される仕組みであるため繋がりにくいといったこともあり、全てのやり取りが残るインターネットでの予約が確実だと感じる。


ハワイ・アメリカ・カナダ・グァムのレンタカーを扱うダラーレンタカーの予約サイト。
ハワイ・ホノルル空港では日本語カウンターもあり、アメリカ本土に限り国際運転免許証の携行が不要になる「運転免許証の翻訳書」を¥2,000で発行してくれるサービスはおすすめ。 その他、14日以上前までの早割りや、JAL・ANAのマイレージ会員向け特別料金など、お得なレンタカーのプランがたくさん用意されています。

海外レンタカーに関する役立つ情報

海外レンタカーのシガーソケットと電圧について
基本的に国産車も外車も一般乗用車は12Vです。ただ、気を付けたいのがシガーソケットのサイズ。基本的には国産車も外車もほぼ同じ規格で、プラグの太さはほぼ同じであることが大半ですが、奥行き(深さ)については若干の違いがあることがあります。
一般的には日本のシガーソケットは長めであることがおおく、海外のシガーソケットに差し込めても抜けやすかったり通電しないといったこともあるため、右上で紹介するようなプラグを用意していくと安心です。
海外旅行保険はレンタカーも保障範囲か?

通常、どの保険会社でも車の運転に起因する賠償責任は免責項目になっているので、保障対象外です。ただし、運転中のご自身のケガは傷害治療費用保険で保障され、携行品損害については保障されます。ですので、なるべく海外旅行保険に入っておくことをおすすめします。

ネット申込みの格安海外旅行保険

海外レンタカーの旅に役立つ情報サイト

Driving directions - Yahoo
主要国のドライビング・ルートを調べられます。曲がり角の詳細なマップと案内、走行距離や所要時間もでてくるので、ドライブ旅行にはとにかく便利。(英語サイト)
Driving directions - MapQuest
アメリカとカナダ、ヨーロッパの主要国のみに限られるが、ドライブルートの地図が大きくて詳細なため、大変見やすい。また、最短距離or最短時間でのドライブルートが選べ高速道路や有料道路を除外することも出来る。更に、アメリカ・カナダのみのサービスだが、1ガロンあたり何マイル走るかを入力すれば、ガソリン代金まで知ることが可能で、ストリートビューによる360度画像も見ることが出来る。
海外での運転アドバイス
海外でレンタカーを借りる際の注意点やアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ)での運転のポイントを紹介しています。
海外レンタカー・ドライブ情報
アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアをドライブするための基本情報からドライブコースまで、役立つコンテンツが豊富。特にハワイのレンタカー・ドライブ情報は充実しており、とても役立つ。海外レンタカー初心者の方は必読。
海外レンタカー利用案内(アメリカ編)
緊急時や安全運転のための情報、道路標識、知っておきたい英会話など、アメリカ(ハワイ含む)でレンタカーを利用する方におすすめ。海外ドライブの基本情報として役立つ。

海外レンタカーでの保険の主な種類

自動車損害賠償保険(LP、LI、PP) - 強制保険
対人・対物を補償。レンタカー契約時に自動的についてきます。
追加自動車損害賠償保険(SLI、ALI、LIS、EP) - 任意保険
LPの補償額を引き上げる保険。アメリカでは強制保険の補償額が低いため、それを補う役割があります。任意ですが最低限入っておくべき保険です。
自車両損害補償制度(LDW、CDW) - 任意保険
衝突、盗難、当て逃げなどよって車両が破損した場合に、支払いを免除する保険。この手の事故は発生頻度が高めなので、出来る限り加入をおすすめします。
搭乗者傷害保険および携行品保険(PAI、PAE、PPP) - 任意保険
ドライバーや同乗者がケガをした際の治療費を負担、車内の所持品が盗難や破損した場合の保険。通常この2つの保険が1セットのことが多い。この保障については海外旅行保険で保障されることが一般的であるため、海外旅行保険に別途加入している方は、被っていないか要確認。
レンタカー盗難保険(TP) - 任意保険
レンタカーが盗まれた場合に免責される保険です。特にヨーロッパで車を借りる方は加入推奨です。

格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込める!
後回しにすると忘れやすいのでお早めに。


格安のWi-Fiルーターレンタル

海外でインターネットを使おう! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。


「海外レンタカー」の関連記事・情報

海外レンタカーでおすすめのポータブルナビ!

海外レンタカーのナビゲーションは基本的に日本語の音声案内がありませんが、このポータブルナビは別売りのSDカードを差し込むことでアメリカやヨーロッパなどで日本語案内をしてくれるため大変心強い。大型画面で見やすく、初めての海外ドライブでも安心です。

このSDカードは、事前に自宅などでGoogle Map から場所、ルートを登録出来るのが大変便利でおすすめです。

北アメリカ用SDカード ナビゲーション・マップ

ヨーロッパ用SDカード ナビゲーション・マップ

オーストラリア&ニュージーランド用SDカード
ナビゲーション・マップ

GARMIN専用の車載マウントです。ダッシュボードに両面テープで貼る必要が無く、置くだけでナビを固定できるので、レンタカーでも安心して使える必須アイテム。

格安の海外携帯電話

なんと! 月額0円で通話した分だけ支払えばいいという大変便利な海外携帯電話です。しかも端末代が格安。もうレンタルする必要なくなります。これはおすすめ!


国際運転免許証(国外運転免許証)の申請場所

国際運転免許証の取得に必要な物

  1. 日本の運転免許証
  2. 写真1枚 (縦5cm×横4cm、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影したもの。)
  3. パスポート
  4. 手数料 2400円

Rentalcars.comの予約に関する注意点

左記でご紹介する格安レンタカー予約ですが、外資企業運営の予約サイトですので、使い勝手が国内サイトと若干異なり、例えば、予約キャンセルの仕方が日本と少し違うということで、戸惑う方がいらっしゃるようです。

キャンセルする場合

Webサイトから【キャンセルする】をクリックすると、『キャンセルの依頼を承りました。』という画面に切り替わります。しかし、これでキャンセルは出来ていません。この画面に切り替わってから24時間以内に登録したメールアドレスまでキャンセル確認メールが届きます。このメールに記載されているリンクをクリックすると、キャンセルが確定する仕組みです。

しかしながら、メールアドレスによっては24時間経ってもキャンセル確認メールが届かないことがあるようです(海外からの迷惑メールと判断される場合あり)。1日経ってもメールが来ない場合は、メールか電話にてその旨を伝えて下さい。簡単にキャンセルできます。

総評

特別な希望もなく普通に予約して車を借りた方や、ある程度旅慣れた方からの評判は良く大変お得ですので、当サイトとしてもRentalcars.comをおすすめしていますが、 「至れり尽くせり」の親切な日本的サービスを期待される方は、若干高く付きますが大手レンタカー会社に直接申し込まれた方が良いかもしれません。

海外レンタカーで役立つおすすめアイテム

シガーソケットの大きさが若干異なる外車でも安心して使用することができるプラグです。

iPhoneやタブレット端末、ノートPC、ナビゲーションなど車内で使いたい機器や各種充電でもシガライターのソケットは大変役立ちます。

外車でも使用できるプラグと2個口のシガーソケット。

Bluetooth対応のスマートフォンやオーディオプレーヤー専用のFMトランスミッター。

完全なワイヤレスなので持ち運びが楽ですので、海外レンタカーの車内で気軽に音楽が楽しむのに最適。充電専用USB端子も付いているのも便利です。

海外レンタカーの人気ランキング1位はハワイ!

最近では随分と海外レンタカーの利用者が増えましたが、中でもやはり一番利用者が多いのはハワイ。

車の交通量も少なく道幅も広いうえ、道も比較的簡単。しかも、ハワイのドライブ情報が豊富で、日本語カウンターやサポートが充実しているため、レンタカーを利用しやすいのが理由です。確かに、海外レンタカーの入門・初心者の方には最もおすすめです。

人気2位はアメリカ本土、3位がヨーロッパというアンケート結果が出ています。