ツアーの選び方や旅行会社の選び方で重要なポイントとは?

旅行会社では教えてくれない裏情報など、意外と知らないおすすめ情報

ツアーの選び方で重要なポイント、旅行会社の選び方、ツアー内容の理解が重要

ツアー参加者の要望を現地で聞いてみると 「ツアーの選び方を間違えてるな…」 とい方が結構いらっしゃいます。

旅行会社の店頭でツアー申し込みを受けてくれるスタッフの知識不足のため、お客さんに合ったツアーの紹介や説明が出来ていない、又は、海外旅行に行く本人も何も調べず、考えずに申し込みをしている事などが要因です。

実際に旅行が始まって、「こんなに忙しい旅行だと思わなかった」「ホテルが町の中心から離れているとは思わなかった」「もっと美味しい食事が食べたかった」など、不満を持たれた方も多いのでは?

そこで、旅行会社では教えてくれないこと、言いたくても言えないことなど、現場を知り尽くしたプロだから言える “添乗員の本音” でご案内します。

ページ内メニュー


ツアーの選び方で重要な指標はツアー代金(ブランド)である

ツアーを選ぶ際に複数のパンフレットと比較してから申し込むことは基本だと思いますが、「ツアー代金」の比較をする時に注意が必要です。
当たり前の話しですが、料金は全ての質に影響するので一概に高いか安いかで比較しても意味が無いのです。

ツアー選びで最も重要なのは何か? これは、その人の価値観によるので一概に「これです!」とは言えないのですが、ツアー内容が最も重要だという人もいれば、内容よりも価格を最優先するという人もいるでしょう。ただ、一般的に言えることはツアー代金に対するツアーの内容、つまりコストパフォーマンスが良いツアーを選びたいというのは共通した意見だと思います。

そこで、ツアーを比較する際に重要な指標となるのが、各旅行会社が出しているツアーのブランドです。

旅行会社の中には格安を武器にしている旅行会社や、高級ツアー専門の旅行会社などもありますが、大手旅行会社は通常 「格安ブランド」 と 「高級ブランド」 を用意しています(両ブランドの「中間ブランド」を用意している旅行会社も有り)。
ですから、ツアー代金を比較する場合は、各旅行会社の同レベルのブランドで比較することが重要です。

「格安ブランド」 と 「高級ブランド」 のツアーを比較して「どっちが安いか?」などと考えたところで意味が無いということです。

格安ツアーの質と内容 「なぜ安い?」を理解することが重要

まず初めに格安ツアーについてお話ししたいと思います。ツアー本数と参加者人数で言えば圧倒的に格安ツアーの数が多いですからね。

ハッキリと言いますが、格安ツアーで良いホテルに泊まって美味しい食事が付き、ゆったりした行程のツアーなど絶対にありません。当たり前の話しですが、料金は全ての質に影響するということです。

格安ツアーが格安な理由と、格安ツアーの特徴

  • 最少催行人数が20名以上で設定。 最終的な参加人数は30名以上を想定している
  • 大人数でも添乗員は1人。そのため、お客さん一人一人にサービスが行き届きにくい
  • 大人数のため、トイレや食事で無駄な時間が多くかかり、観光する時間が短くなる
  • ホテルはそれなりのグレード。立地は町の郊外。簡単に中心部にアクセスできる場所ではない
  • 食事は最低限の費用でまかなえる食材で、短時間で数十人分の調理ができる料理。つまり美味しいわけがない
  • 提携のお土産屋さんに寄る回数が多め、お土産屋さんでの滞在時間が長い
  • 移動は列車や国内線(飛行機)を使わずに、ずっとバス移動(凄く疲れるし時間のロスが大きい)。又は夜行列車を使いホテル代を節約
  • 飛行機は直行便を使わず、乗換えが必要な経由便になることが多い
  • ベテランの添乗員に当たる可能性は非常に低い
  • 内容を詰め込みすぎて、行程に無理がある

「思っていた旅行と違う!」 よくある話ですが、このようなクレームが特に多いのが格安ツアーです。その原因は「なぜ安いのか?」を理解していないから。
わかりやすく言えば、1泊 9980円の温泉宿で、「情緒ある老舗旅館に泊まり、高級食材を使った懐石料理に舌鼓を打ち、素敵な露天風呂でリラックスしよう」と、誰も考えないですよね? 現在の格安ツアーは企業努力ではもはや限界というレベルまで価格が落ちていることを理解しましょう。その影響をもろに受けているのがお客さんではなく、添乗員なのですが…。安くなればなるほど必ずツアーに無理がかかります。それを「どうにか上手くやってこい!」と押し付けられるわけで…。

つまり、上記で触れた格安ツアーの特徴・質を理解できない方や、妥協できない方が格安ツアーに申し込めば、ツアーの選び方で失敗することになります。
ハッキリ言えば、格安ツアーの特徴を理解できない方、妥協できない方は、格安ツアーを申し込んではいけません。


旅行会社では絶対に教えてくれない裏事情

旅行会社、又はツアーのグレード(ブランド)によってツアーに参加してくる客層も違ってきますが、年齢層が高めの格安ツアーの客層は正直良くないことが多いです。

客層だけでなく、一般的に「格安」を謳っている旅行会社の添乗員はベテランと呼ばれる添乗員が非常に少ないのが現状。これは添乗員のほとんどが他社からの派遣添乗員であることが理由。旅行会社が添乗員を教育するのではなく派遣会社ごとの教育であるため、添乗員の能力もバラバラ。教育費を削るために基本的な教育もおろそかな添乗派遣会社が存在するためです。

また、派遣であるため旅行会社が添乗員の能力を把握していないことや、一部の大手旅行会社では、派遣添乗員に対して厳しい労働条件を押し付けている現状があり、ベテラン添乗員がそういった旅行会社を敬遠していたり、労働条件が厳しいため育つ前に辞めてしまうというのも大きな理由。

特にヨーロッパのツアーは添乗員でツアーの良し悪しが変わるので、その影響は非常に大きいです。

出発時期の選び方

お仕事をされている方はある程度、出発時期が限定されている場合が多いと思いますが、旅行に行ける時期をある程度自由に選べるという方もいらっしゃいます。その場合、出来ればベストシーズンに行った方が良いに決まっていますが、ベストシーズンは旅行代金が高いことが一般的です。逆に天気が良くないオフシーズンは旅行代金が安いです。

そこで重要なのが、旅行の目的です。 例えば、リゾートが目的であれば天気が悪い時期に行ってもガッカリするだけですが、美術館や博物館巡り、その時期ならではの美味しい物が目的なら天気が悪いオフシーズンでも良いわけです。

具体的には、例えば、スペインやギリシャといえば、青空に冴える白い街並みというのが印象的だと思う。したがって、思い描く風景が見たければ春以降から秋にかけてがベストであるが、安い冬に行こうものなら、毎日がどんよりした曇り空しか見ることが出来なくなる。それでもいいから安いほうが良いというのであれば問題ありませんが、筆者なら御免です。また、イタリアの青の洞窟が見たいのであれば、海の荒れやすい秋以降から春に行っても見られるわけがない。(にもかかわらず、秋以降で青の洞窟を謳ったツアーを見かけたことがありますが、その旅行会社の良心を疑いますね…)

逆に、毎日がどんよりした曇り空が続く冬のヨーロッパでもおすすめできる場合もあります。
例えば、冬のパリ。ライトアップも綺麗だし、日照時間が短く 「あそこも! ここも!」 という感じで観光を詰め込むことが出来ないため、ゆったりと落ち着いた観光が出来ること。寒いのでずっと外に出てるわけにはいかないので美術館巡りに集中でき、カフェでのんびりくつろぐのもいい。また、観光は適度にしておいてグルメ重視で楽しむことも出来る。それにパリの町並みは曇り空もよく似合う。
ドイツであればクリスマスマーケットが人気で、この時期にしか味わえない冬の風物詩。

高いか安いかという旅行代金だけを考えるのではなく、このようなことを考慮したうえで、旅行に行く時期を決めると良いでしょう。


「8月のヨーロッパ10日間 添乗員同行で33万円のツアー」

突然ですがこのツアー、通常ランクのツアーか? 格安ツアーか? どちらだと思いますか?
金額的に30万円は大金だと思います。二人で参加すれば66万円! いくらなんでも格安ツアーではないだろうと、そこそこ良いホテルや食事を期待されて来る方が結構いらっしゃいますが、残念ながら格安ツアーです。

この時期のヨーロッパは航空券だけで往復15万〜20万円もします。つまり、差額の15万円程度で10日間のホテル代、食事代、交通費、入場料、ガイド代、添乗員同行費などをまかなう計算です。これは個人で旅行をしたら絶対に不可能な金額。それほどいろいろなところで切り詰めていることがわかります。

ちなみにこのツアーはパンフレットを見ると「19万〜35万円」となっており、安い時期に行けば19万円で行けるツアーだということがわかります。ヨーロッパ周遊10日間で19万円のツアーと考えれば、このツアーが格安ツアーであることがわかります。同じツアーなのにこの価格差が生じるのは、旅行会社がぼろ儲けしてるわけではなく、航空券代が大きく異なることが主な要因。安い時期であれば、ヨーロッパ往復の航空券は10万円程度ですから。旅行代金が高い時期に行かれる方は、この辺を理解されると良いと思います。


次のページでは、ヨーロッパ周遊ツアーの選び方と注目ポイントなどについてご案内します。

ヨーロッパなど周遊ツアーの選び方と注目ポイント


格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込める!
後回しにすると忘れやすいのでお早めに。

格安のWi-Fiルーターレンタル

海外でインターネットを使おう! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。
スマホで旅行の様子をリアルタイムでSNSに投稿するのにも便利です。

海外リゾートのお土産

旅慣れた方に好評。忙しいツアーで自分のお土産を探すだけで精一杯! 人のお土産なんて探す時間はない! お土産が重くて辛い! 割れたり溶けないか心配という方は要チェック。
お土産の全ての悩みが解決します。

「ツアー」の関連記事・情報

専属添乗員の同行するおすすめ個人旅行

忙しくて疲れるツアーは嫌! ゆっくりと行きたい場所だけに時間をかけたい、地元の美味しい食事を楽しみたい、ホテルも自由に選びたい。そんな、ツアーでは物足りないという方におすすめの特別旅行はいかが?

主な旅行会社の海外旅行ツアー ブランド一覧

最高級ツアーブランド
マッハ(日本旅行)
ロイヤルロード(JTB)
ロイヤルコレクション(阪急交通社)
高級ツアーブランド
ルック(JTB)
JALパックセレクション(ジャルパック)
ニッコウトラベル
中級ツアーブランド
ベストエクセレント(日本旅行)
クリスタルハート(阪急交通社)
JALパック(ジャルパック)
ANAハローツアー(ANAセールス)
ワールド航空サービス
グローバル
フレンドツアー(阪急交通社)
クラブメッド
普通〜中級ツアーブランド
ベスト(日本旅行)
ホリデイ(近畿日本ツーリスト)
JAL得(ジャルパック)
ビッグホリデー
格安ツアーブランド
トラピックス(阪急交通社)
ベストBUY(日本旅行)
旅物語(JTB)
パセオ(JTB)
ホリデイ スペシャル(近畿日本ツーリスト)
タビックス
HIS
てるみくらぶ
クラブツーリズム
Club21

格安ツアーが売りのブランドであっても、稀に高級志向のツアーを手がけているものもあります。

海外旅行の持ち物で疲れ対策!