おすすめのスーツケース
サイズと選び方スーツケースのサイズと選び方

スーツケースの選び方、おすすめのサイズと人気スーツケース

カバン選びは海外旅行前の準備でとても重要! しっかりと選びましょう。

「どのくらいの大きさのスーツケースやキャリーバッグを準備しよう?」と迷われる方は多いと思います。『大は小を兼ねる』という言葉が使われることがありますが、旅行バッグにおいては必ずしも正しいとは言えません。

スーツケースやキャリーバッグが大きすぎると重量が重くなるために小回りが利かず、持ち運びの際に体の負担になるからです。特に個人旅行では大きな負担になります。
また、カバン自体が重いと飛行機の重量制限に引っかかりやすくなります。

用途や期間別に、スーツケースやキャリーバッグの大きさや容量、日数による旅行バッグの選び方を世界20周もの旅経験を持つプロの視点でご紹介します。

メニュー

スーツケースの選び方 サイズの選び方について

スーツケースのメリット

  • スーツケースは海外旅行用カバンの定番だけに種類が豊富で、色やサイズが豊富に揃う
  • 短期から長期まで、旅行や出張、留学、家族旅行など用途が広い
  • 大変丈夫なため安心して荷物を飛行機に預けられる
  • 荷物をたくさん収納でき、重い荷物もキャスターのおかげで楽々運ぶことが出来る
  • スーツケースは鍵がしっかりしているため丈夫で安全面でも安心
  • キャリーバッグに比べて壊れ物でも中身をしっかり守ってくれるので安心。多少の雨なら中身も濡れない

スーツケースのデメリット

  • スーツケースは一般的に重く、飛行機の重量制限に引っかかりやすい
    (最近は超軽量タイプも出ているため、それらを選べばデメリットではなくなる)
  • スーツケースはキャスターへの負担が大きく壊れやすい
  • 石畳やデコボコした道では役立たないどころか、移動の際の大きな負担になる
    (360度回転する4輪キャスターを選べば負担は随分と減らせる)
  • 列車の旅ではスーツケースを置くスペースが少ないため、荷物の置き場に困る
  • スーツケースが入るコインロッカーが無いので、途中下車で観光する場合は有人の預り所を探す必要がある
  • 鍵が丈夫なため貴重品を入れたままお部屋に放置するなど、つい過信してしまう
    (丈夫とは言え、バールなどを使えば人の力で簡単に壊すことが出来る)
  • スーツケースは小回りが利かず、移動に労力がいるので、移動が多い旅行には不向き
    (ツアーの場合は気にする必要無し)

スーツケースのサイズ・容量の目安と選び方 一覧表

スーツケースのサイズ 容量 旅行日数の目安

サイズはスーツケースの縦の長さ(cm)で表すのが一般的ですが、重要なのは容量です。旅行日数は、春、秋を基準としており、冬など衣類がかさ張る時期は少し大きめを選ぶようにします。 また、キャリーバー付きタイプのスーツケースは、無しのタイプより容量が若干少なくなります。

身長が155cm以下の方や、体力に自信がない方(高齢の方など)は、LやLLサイズのスーツケースは持ち運びが辛いのでおすすめしませんが、Sサイズは扱いやすいサイズでおすすめです。
50〜59cm SSサイズ 45〜59L 3〜6日
60〜64cm Sサイズ 60〜74L 5日間〜8日間
65〜69cm Mサイズ 75〜84L 1週間〜12日間
70〜73cm Lサイズ 85〜94L 10日間〜1ヶ月
74cm以上 LLサイズ 95L以上 2週間〜長期

上記のサイズ目安表は一般的な一人分の容量に対する日数を示していますが、二人分の荷物だからと言って荷物が2倍になるわけではないです。感覚的には二人になると1.5倍くらいの印象です。また、荷物の量は人によって大きく異なります。例えば筆者の場合は旅慣れていることもあり荷物は少なめなので、55Lのスーツケースで冬に行く10日間の旅行でも無理なくこなします。
つまりこの表は「絶対」ではなく、あくまで目安として考え、ご自身の荷物の量を考えてサイズを選ぶようにしましょう。


スーツケースの購入ポイント・選び方

  • 出来るだけ軽いスーツケースを選ぶ。 特にLサイズ以上のスーツケースの場合は飛行機預けの重量制限に支障があるため、激安価格にこだわらず、多少価格が高くても必ず軽い物を選ぶこと。(機内預けの超過料金は、ヨーロッパで1kg約\7000〜\8000が相場!)

    また、自分の用途や体力に合ったサイズのスーツケースを選ぶことも重要。体への負担増は、旅行全体に悪影響を及ぼします。

  • スーツケースのキャスターは出来るだけ大きく、丈夫なものを選ぶこと。 キャスターが大きいと小さな力でスムーズに動くため、移動が大変楽です。特に、女性や高齢の方は大きなキャスターを選びましょう。

    また、キャスターの大きさだけでなく、付け根の部分など構造的に壊れやすいスーツケースは少なくないので、しっかりと吟味することをおすすめします。

  • 使いやすいスーツケースを選ぶ。特に中の仕切りやポケットの数や配置で使いやすさは激変します。

  • アメリカの空港(ハワイ、グアム島、サイパンを含む)を出発する便およびアメリカでの乗り継ぎ便(アメリカ国内線乗り継ぎや、アメリカ経由南米行きなど)を利用する場合、「TSAロック」機能が付いたスーツケースを選ぶことを強くおすすめします。

  • スーツケース表面が光沢のある鏡面仕上げになっているものは見た目が綺麗でスタイリッシュではあるが、擦れや傷が目立ちやすいというデメリットがある。飛行機に荷物を積み込めば必ず擦り傷ができると思いましょう。

LCCを利用する際の荷物の注意点・アドバイス

LCCを利用する際に気を付けなければいけない事、それは 「重量規制が厳しい」 というこの1点に尽きます。

例えば大手航空会社の国際線はエコノミークラスで23kgが平均ですが、ヨーロッパで利便性が高い某LCCは有料プランでも20kgまで。更に1kg越える毎に約1600円の追加料金が掛かります。またLCCは重量オーバーにとてもシビアでわずかなオーバーでも容赦なく追加料金を請求されます。

アドバイスとしては、出来る限り軽いスーツケースを選ぶことです。例えば15年前の古いスーツケース(Mサイズ)の重量は7kg程ありましたが現在の軽量タイプのスーツケースは約3.5kg程です。比較すると半分の重さです。LCCの利用でこの差は大きいです。多少高くても軽量タイプのスーツケースを選びましょう。

おすすめ! 軽量スーツケース特集
このお店は使わなくなったスーツケースを無料で引き取ってくれるので、買い替えする方には凄く便利です。スーツケースは処分するのが面倒ですからね。
他のお店と比較しても値段は変わりませんし良い商品を揃えていますし、サポートもしっかりしているので安心です。


LCCの機内持ち込みの重量にも注意!

LCCを使うなら手荷物の機内持ち込みでも重量に要注意です。例えば某国内大手LCCの機内持ち込み出来る手荷物の重さは7kgまでです。

PCなどの電子機器類にカメラだけでも結構な重さになりますし、特に機内預けせずに小型キャリー1個を機内持ち込みする場合、7kgは結構簡単に超えてしまいます。実際にカウンターで慌てて荷物を出したり超過料金を払っている方をよく見かけます。

そんな時におすすめするのが下記の旅行グッズです。1kgの超過料金よりも安価で入手できるので便利です。

携帯式の荷物計量器。小さなボタン電池1つで動きます。

電池込みの重さはわずか87gという軽さで、ポケットに入る超小型タイプなので場所を選ばずどこでも重さを量れます。また、バックライト付なので夜間でも見やすいです。

最大50kgまで計量できるので手荷物から大型スーツケースまで計量可能です。筆者もこれを愛用してますが、計量誤差は±50g程度だったので全く問題なし。これで重量オーバーの心配が無くなって超過料金を回避できるのなら安い買い物でしょう。

キャリーバッグの選び方 ソフトタイプとハードタイプの違い

キャリーバッグのメリット
  • 軽い。ソフトキャリーバッグは特に軽いが、新素材のハードキャリーバッグも同様に軽い
  • 小型のキャリーバッグであれば機内持ち込みが可能。

    航空会社により違いはあるが、一般的に国内線・国際線共に、3辺の合計が115cmまで

  • 小型〜中型のキャリーバッグは大変使いやすく、小回りが利く
  • 移動が多い旅行では大変便利。 キャリーバッグは移動しやすく、列車の旅でも置き場に困らず大活躍する
  • 収納部に深みがあるので、奥行きのある荷物を収納する時に便利
  • キャリーバッグは小さなファスナー付きポケットなど、便利な収納を装備していることが多い
  • キャリーバッグの2輪キャスターは非常に丈夫で、石畳や段差など衝撃に強い
  • キャリーバッグの上にショルダーバッグや手提げカバン、中型までのボストンバッグを載せて運ぶことが出来るので、使い勝手が良い

キャリーバッグのデメリット

  • スーツケースに比べて強度は劣る (ただ、最近の物はそれなりに丈夫である)
  • スーツケースに比べて大型の物が少なく、収納力が劣る
  • ソフトキャリーバッグは雨などに濡れると、中まで染み込みやすい (ビニールを被せるなど、ちょっとしたことで対策可能。また、最近はソフトタイプではなく、ポリカーボネートというハード素材を使ったものも多く出ているので、それらのキャリーバッグを選べば雨に打たれ弱いというデメリットは無くなります)
  • 2輪キャスターのキャリーバッグは10kgの重さを超えると引っ張るのに腕が疲れる

キャリーバッグの購入ポイント・選び方

キャリーバッグの選び方の大きなポイントは2つ。
1つ目は、いかに使いやすいか。 ファスナー付きの小型ポケットや裏面の新聞や雑誌を差し込めるポケットなど、スーツケースには無い使い勝手の良さがポイントです。
2つ目は、2輪と4輪のキャスターのどちらを選ぶかです。

ちなみに、サイズの選び方は上記の「スーツケースのサイズ・容量 一覧表」と変わらないので、旅行日数や用途によって選ぶことをおすすめします。

キャスターによる選び方

2輪と4輪キャスターの違いと特徴

2輪キャスター 2輪キャスター
  • キャスターがバッグ本体に固定されている構造のため、衝撃に強くて丈夫。
  • キャスターが大きめなので、石畳などデコボコした道や段差にも対応。
  • 10kg程度の重さになると少し引いて歩いただけで腕が疲れ、負担が増える。
4輪キャスター 4輪キャスター
  • キャスターが突き出した構造のため衝撃に弱く、2輪に比べて強度が劣る。
  • 2輪キャスターと比較して、石畳などデコボコした道や段差は得意ではない。
  • 荷物が重くなっても2輪ほど腕が疲れず、移動が楽々でスムーズ。

筆者は2輪のキャリーバッグ(ソフトタイプ)と4輪の軽量スーツケースを愛用していますが、どちらを選ぶかはその用途次第です。例えば、筆者が短期の海外出張に出る時は荷物が少ないので中型の2輪キャリーバッグを使います。やはり軽くて小さいにこしたことはないです。
一方、プライベートの旅行では、家族の荷物も入れるため、Mサイズの4輪軽量スーツケースを使い、スーツケースの上にボストンバックを載せます。

荷物が10kg以内で収まる場合は中型の2輪キャリーバッグ、それよりも重くなる場合は4輪キャリーバッグという具合で選ぶのも、おすすめの方法です。

また、4輪キャスターを選ぶ場合におすすめするのは、4輪全てが360度回転するキャスターです。スーツケースでありながら小回りが利くので使い勝手が非常に良いです。また、大きめのタイヤを選ぶのがおすすめ。多少デコボコしていたり、石畳でもタイヤがハマりにくいので移動しやすいです。

さらに石畳や段差に強いのが左記の写真のようなダブルホイールのキャスターです。特に石畳が多いヨーロッパでは威力を発揮しますが、平らな場所を転がすだけなら通常のキャスターと変わりません。

LINEモバイルの設定方法

フレームタイプとファスナータイプの違い メリット・デメリット

2輪キャスター フレームタイプ
  • 剛性が高いため変形しにくくて丈夫。中のものを守りやすい。
  • 歪んでしまったら閉まらなくなる。
  • ファスナータイプと比較すると随分と重い。
  • 床に置かないと開けず、開くのに広いスペースが必要。
4輪キャスター ファスナータイプ
  • ファスナータイプはとにかく軽い!
  • フレームタイプより価格が安い。
  • 構造がシンプルなため壊れにくく、かばん自体が長持ちする。
  • 立てたままでも開け、全開しなくても隙間から物を突っ込むことができる。
  • 雨でかばんの中に浸みてきやすい。

ファスナータイプについて

ファスナータイプは近年日本でもやっと普及してきましたが、欧米では既にファスナータイプが主流になっており、やはりその軽さと安さが人気の理由。ツアー客よりも旅慣れた個人旅行者の利用が多いというのも、小回りが利き移動がしやすい機能性が支持されている証拠です。

ちなみに、「ファスナータイプはセキュリティー面で不安」という方も結構いらっしゃいますが、盗まれる時はフレームタイプでも簡単に鍵を壊されて(素人でも簡単に壊せます)持っていかれますし、そもそも飛行機への預け荷物には貴重品を入れてはいけない決まりになってます。また、「ファスナータイプはボールペンで壊せる」という話もありますが、それは一昔前のファスナーであって(安物はその限りではない)、現在のファスナーは非常に丈夫です。日本とは比較にならないほど盗難が多い欧米でファスナータイプが主流になっていることを考えれば、セキュリティー面でそこまで心配になる必要はないでしょう。

スーツケースやキャリーバッグのレンタルについて

滅多に海外旅行をしない方の中には、「スーツケースは家で収納場所にも困るし、レンタルで十分」 と考えている方は多いでしょう。確かにスーツケースのレンタルは便利ですが、1週間のレンタル料金にわずか数千円を足せば、新品のスーツケースやキャリーバッグが購入できるほど、激安のスーツケースも出回っています。つまり、スーツケースを2回レンタルするよりも安くで購入できるのです。
また、荷物の到着遅れがあると延滞金がかかるため、スーツケースやキャリーバッグを買った方が安く上がることさえあります。

裏技ですが、スーツケースやキャリーケースを使わない時は、冬物のかさ張る洋服・コートや毛布など、又は滅多に使わない物の収納箱として利用でき、工夫次第で置き場に困ることはありません。以上の理由で、レンタルよりも購入がおすすめ。

しかし、事情などにより「それでも絶対にレンタル!」という方は、下記のレンタルサービスが便利です。

スーツケースやキャリーバッグのおすすめネット通販サイト

どこでスーツケースやキャリーバッグを購入するか? 迷いませんか?
そこで、強くおすすめするのがネットショップです。

ネット通販のおすすめポイントと人気の理由
  • 格安! ショッピングセンターなどにあるバッグ売り場よりも安いことが多く、品質の良いスーツケースやキャリーバッグも激安で購入できる
  • 無料又は格安の送料で宅配してくれるので、とっても楽! 大きなスーツケースを持ち帰るのは大変です
  • 店舗よりも品数が豊富で希望のサイズやデザイン・カラーが見つけやすい

例えば下記のネットショップは旅行用品の専門店で、種類が大変豊富。特にスーツケースの種類が豊富で、専門店だけのことはあり商品説明が詳しく、品質も確かなものが多いです。価格も激安セールの物からサムソナイトやロンカートといった一流ブランドのスーツケースやキャリーバッグも扱っており、機内持ち込みできるサイズを揃えた特集なども組まれているのも便利です。

不要になったスーツケースの下取り(無料)もやってくれるので便利です!

その他、下記の人気ランキング(情報提供:Amazon)の商品もおすすめです。

スーツケースの人気ランキング

Amazon集計の売れ筋ランキングを掲載。 毎日更新!

旅慣れた方に好評。面倒なお土産の問題もこれを利用すればすべて解決。これは便利!

格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込める!
後回しにすると忘れやすいのでお早めに。

格安のWi-Fiルーターレンタル

海外でインターネットを使おう! おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。

「旅行カバン・荷造り」の関連記事・情報

スーツケースの重量に注意! 航空会社の重量制限

機内預けの荷物の重量制限は航空会社や行き先によって多少の違いはあるが、基本は全路線エコノミークラスで23kgです。

近年、燃料代の高騰から各航空会社の重量制限は厳しくなっており、ちょっとした重量オーバーでも追加代金を請求されることが多く、「ツアーの場合、荷物の重量制限が甘い」と言われていたのは昔の話です。

また、多少の重量オーバーで運良く見逃してくれたとしても大きな落とし穴が!

少しでも重量オーバーしている場合でスーツケースに破損があった場合、航空会社は一切保障をしてくれない。理由は「規定の重量をオーバーしている人の責任」なのです。実際にスーツケースは重ければ重いほど衝撃が強くなるため、破損率が格段に高くなるので、スーツケースが重くなりそうな場合は重い物を手荷物にして機内持ち込みするのがおすすめです。

当サイトおすすめの人気スーツケース

多少の予算はあるから長持ちする良いスーツケースが欲しい!という方におすすめのカバン (Mサイズ)

下記でご紹介するスーツケースは、不要なスーツケースの無料下取りをしてくれるので、買い替えの方に便利でおすすめです。

ロンカート特集。イタリア製のお洒落で高品質スーツケースが欲しい!という方におすすめのカバン

日本では馴染が薄いかもしれませんが、イタリアでは有名なスーツケースのブランドで世界50か国で販売されている実績がある実力派メーカーです。

ロンカートが得意としているのが超軽量のフレーム式スーツケースで、フレームは一般的に金属ですがこのブランドは世界初のポリプロピレン製のフレームを採用しています。耐久性も大変高く、少し曲がったくらいなら簡単に元通りに戻る復元力を実現しています。その他、より軽量なジッパータイプもあり人気があります。

そして目を引くのはやはりデザイン! さすがはメイド・イン・イタリーですね。特にフェラーリを思わせる深紅の赤は素敵です。

尚、下記でご紹介するスーツケースは、不要なスーツケースの無料下取りをしてくれるので、買い替えの方に便利でおすすめです。

機内持ち込みの人気カバン
海外出張が多い方に人気のある機内持ち込みできるサイズで、3泊程度ならこのカバン一つで対応可能です。とても軽く、キャスターは非常にスムーズ。メッシュのファスナー・ポケットは使い勝手がよく、ノートPCも収納でき大変便利です。コストパフォーマンスに優れおすすめです。

ソフトキャリーバッグとハードキャリーバッグの違い

ソフトとハードの違いは文字通り強度が違います。しかし、通常の使い方ではソフトのキャリーバッグでも穴が開いたり破けたりすることはないので、一般的な使い方であれば、強度で比較する必要は無いでしょう。見た目の好みや価格で選べば良いと思います。

ただ、ハードキャリーバッグ(ポリカーボネート製など)は雨など水に強いというメリットがある反面、光沢がある素材だと擦れや傷が目立ちやすいというデメリットも。 逆にソフトキャリーバッグは濡れると染み込みやすいですが、擦り傷は目立ちにくいメリットがあります。

格安の海外携帯電話

なんと! 月額0円で通話した分だけ支払えばいいという大変便利な海外携帯電話です。しかも端末代が格安。もうレンタルする必要なくなります。これはおすすめ!