海外で役立つWiFiルーター
格安レンタル比較海外で便利なポケットWiFiルーターのレンタル比較

海外旅行や出張で役立つ! WiFiルーターのレンタル比較

価格や空港受取り、サービス地域などの比較でおすすめの海外WiFiルーターをご紹介!

海外旅行や海外出張で役立つモバイル機器といえばポケットWiFiルーター。旅行中にインターネットを使いたいことありませんか? そんな時に役立つのがポケットWiFiルーター。手のひらサイズで軽く、海外でノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどでインターネットが使えるようになります。

そこで、WiFiルーターのレンタル価格やサービス内容などを比較し、おすすめのWiFiルーターをご案内したいと思います。

目次

特別企画海外旅行でタブレット 便利な使い方特集

Wi-Fiルーターって何?

WiFiルーターとは、インターネットのアクセスポイントになる機器のことで、この機器の中に現地通信会社のSIMカードが入っています。このWiFiルーターを持っていると各国の通信会社が出している電波を受信し、お手持ちのノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどでインターネットが使えるようになります。
ポケットWiFiルーターとは文字通りポケットに入る小さなWiFiルーターで、家庭用のWiFiルーターと違ってどこにでも持ち歩けます。

無線なので観光中の町中、ホテルやレストランなどどこでも(山奥や地下など電波の届きにくい場所を除く)インターネットが使えのでおすすめです。

レンタルのWiFiルーター

WiFiルーターによるインターネットの利用イメージです。

全て無線でのやり取りなので邪魔なコードは無く、WiFiルーターが出す無線をWiFi対応モバイル機器が受信してインターネットに接続します。

無線の種類は国や地域により3G、4G(LTE)となります。

WiFiルーターによるインターネットの利用

WiFiルーターのレンタル料金は日本の電話会社の海外パケット定額プランと比較するとかなり格安。しかも、現地通信会社の回線を使うため比較にならない程安定しており、海外でインターネットが使いたい方は断然WiFiルーターがおすすめとなります。

海外WiFiルーターのレンタル価格の比較

海外で利用するWiFiルーターは、一般的に日本でレンタルしていくのが最も気軽でおすすめですが、そのレンタル会社もいくつかあり、どのレンタル会社がおすすめ?と迷ってしまいますよね。

そこで、有名どころのWiFiルーターのレンタル会社4社で価格を比較してみます。

ポケットWiFiルーターのレンタル会社比較

アメリカ6日間
レンタルする場合
テレコムスクエア イモトのWiFi
(グローバルデータ)
グローバルWiFi エクスモバイル
レンタル料(6日) 6000円

(1日1000円)

5880円

(1日980円)

5820円

(1日970円)

5100円

(4Gで1日850円)

安心保障 1944円

(1日324円)

1944円

(1日324円)

1944円

(1日324円)

510円

(1回のレンタル)

空港受取り場所 成田空港
羽田国際線
中部国際空港
関西国際空港
福岡国際空港
新千歳国際空港
成田空港
羽田国際線
中部国際空港
関西国際空港
福岡国際空港
新千歳国際空港
成田空港
羽田国際線
中部国際空港
関西国際空港
福岡国際空港
新千歳国際空港
成田空港
羽田国際線
中部国際空港
関西国際空港
福岡国際空港
新千歳国際空港
空港受取り手数料 無料 540円 無料 540円(当サイト申込みの場合)
宅配受取り手数料 821円(本州) 540円 810円 無料(当サイトから申込みの場合)
サポート体制 24時間 24時間 24時間 24時間
利用可能国 世界95ヶ国 世界200国以上 世界200国以上 世界170国以上
合計
(宅配受取りの場合)
8765円 8364円 8574円 5610円
2016年2月 当サイト比較調査の結果

料金比較で見ると、エクスモバイルが最も安いことがわかります。

どのレンタル会社のWiFiルーターが最も速度が速いか?データ通信量は

気になる方もいらっしゃると思いますが、正直なところどこも似たり寄ったりです。理由はレンタル各社が現地契約している通信会社の速度や制限がほぼ横並びなのです。日本でもドコモやauを比較しても通信速度はそこまで大差無いですよね? それと同じですので、通信速度やデータ通信量の比較をするだけ時間の無駄です。


4Gと3Gの速度の違いにも注目

WiFiレンタル会社による速度の違いは大差が無いとは言いましたが、各社よって速度プランを設定しています。この速度プランでは当然速度は違い、最も速度が速いのは4G(LTE)で、その次に早いのが3Gです。この4Gと3Gの速度の違いは5倍以上もの差が付くので圧倒的な大差です。例えば地図アプリでは4Gの方が圧倒的に早くてサクサク動くのでストレスがありませんし、LINEやSkypeなどの無料通話を使うなら確実に4Gが音質よく通話が途切れにくいです。その他、ノートPCやタブレット利用なら何をするにも確実に4GのWiFiルーターの方が快適です。

ただ、3Gは建物内でもWiFiの電波が比較的入りやすい性質があるのに対し、4GのWiFi電波は障害物に遮られやすいというデメリットがあります。
ですので、どのような用途でWiFiを使うのかによって、4Gと3Gのプランのどちらにするかを選ぶのがおすすめです。

おすすめのポケットWiFiルーターはコレ!

上記の価格比較だけでなくレンタル各社のサービス内容などもいろいろと比較してみましたが、最もおすすめする注目のWiFiレンタル会社は エクスモバイル のレンタルWiFiです。理由はいろいろありますが、おすすめポイントは下記の3つです。

WiFiルーターのレンタル価格が安く、安心保証料とオプションが超良心的

他社と比較しても手頃なレンタル料はもちろん、最も大きいのが「安心保証料」が格安なことです。他社では「1日350円」という価格設定ですが、エクスモバイルでは「レンタル料の10%」という価格設定です。つまり、レンタル1日850円なら安心保証料は1日85円という超格安! WiFiルーターは常に持ち歩く精密機器ですし、不特定多数の人が利用するレンタル機という都合上、稼働時間は相当なものです。やはり安心保証があると安心です。

また、予備バッテリーなどのオプションも他社では「1日○○円」という価格設定ですが、エクスモバイルでは「1回のレンタルにつき500円」という超良心的な価格設定になっています。
宅配受取りが実質無料!

他社では空港受取りを無料化していることが一般的ですが、エクスモバイルは空港受取りを有償にしている代わりに宅配受取りが実質無料にしてくれています。各社とも「空港で受取れる」ことを売りの一つにしていますが、筆者としては自宅受取りをおすすめしています。何故なら、事前にWiFiルーターを受取っておけば自宅でゆっくり設定して準備を整えた状態で出発できるからです。設定方法がわからなければ出発日当日でも日本にいる間に電話で聞くことも可能です。空港受取りの場合は、ただでさえ忙しい出発当日にカウンターまでWiFiルーターを取りに行く必要があり、更には設定までしないといけません。

尚、『実質無料』というのは、宅配受取りは基本540円かかるのですが、当サイトからの申込みで無料になります。これは、当サイトがエクスモバイルユーザーである特典ですので、気軽に利用してみて下さい。
WiFiルーターの返却が便利で安い!

帰国した際はすぐにWiFiルーターの返却をする必要がありますが、エクスモバイルはレターパックによるポスト返却(2台まで)が出来ます。料金もわずか360円なので宅配便で返却するよりも安いです。このレターパックはWiFiルーターに同封されています。

帰国直後で疲れていてもポストに投函するだけなら本当に便利です。
その他、成田空港第1・第2ターミナルのみですが、空港カウンターで返却することも可能です(1080円/台)。

スマホやタブレットのレンタルプランもある
特に便利なのがタブレット+WiFiのレンタルセットプランです。仕事でタブレットを使いたい人もいるでしょうし、GPSを利用して町歩きすれば道に迷う心配も無くなります。見知らぬ土地で気軽にインターネットが使えるのはとても心強いのでおすすめ。利便性は非常に高いです。

エクスモバイルは海外WiFiルーターのレンタル会社としては後発組で知名度はまだ高くない気がしますが、お得な料金で便利なサービスを展開しているので、有名どころのWiFiレンタル会社を追い抜く勢いですし、クチコミの評判も良いです。ただ、エクスモバイルのおすすめをいろいろ紹介してきましたが、他社との比較でやはりデメリットというのも当然あります。

エクスモバイルのデメリットについては右側コラムで触れておきますので、利用の前に確認してみて下さい。

wifiルーターのレンタル申込み
当サイトからエクスモバイルの申し込みで宅配受取り手数料が無料になります!

エクスモバイルのWiFiルーター レンタル価格表

550円 / 1日 650円 / 1日 750円 / 1日 850円 / 1日 950円 / 1日
インドネシア
カンボジア
ベトナム
マレーシア
韓国
香港
タイ
中国
フィリピン
サイパン
グアム
台湾
ドイツ
オーストラリア
ミャンマー
シンガポール
アメリカ
カナダ
ハワイ
インド
イタリア
フランス
イギリス
ニュージーランド
オーストリア、ベルギー、クロアチア、ギリシャ、チェコ、スイス、スペイン、ポルトガル、ノルウェー、オランダ、モナコ、ハンガリー、アイスランド、e.t.c.

マルタ、キプロス、エジプト、トルコ、UAE、ロシア、南米やアフリカなど、その他の地域は公式サイトをご参照ください。
その他、エクスモバイルでは下記の様な面白いレンタルプランもあります。

ヨーロッパ周遊WiFi ・・・ 1210円 / 1日
WiFiルーター1個でヨーロッパ40か国以上で利用できるレンタルプランで、ヨーロッパを2か国以上行かれる方におすすめ。
ビジネス周遊WiFi ・・・ 1980円 / 1日
WiFiルーター1個でアジア・中東・ヨーロッパ・アメリカなど世界50か国で利用できるレンタルプランです。例えば、飛行機が直行便ではない場合でも、経由地の空港でインターネットが使えるというメリットは非常に大きいです。
パックプラン
7日間のレンタルで1日無料になる大変お得なプランです。例えば7日間レンタルすると、6日間のレンタル料金で済むという、とってもおすすめのプランで、14日間なら2日間無料! 全地域が対象です。

基本的に上記周遊コースのプラン以外は、『WiFiルーター1個=1か国』となり、2か国行く場合はWiFiルーターを2個レンタルする必要があります。

おすすめの格安WiFiルーターレンタル
当サイトからの申し込みで宅配受取り手数料が無料になります!

レンタルWiFiの通信量を少なく抑える裏ワザ・コツ

FacebookなどのSNSに写真をアップする場合
例えば、iPhone6で撮影した写真の画像サイズはデフォルトで3264px×2448pxで、ファイルサイズは2M〜3M程度とそれなりに重いです。そこで、写真をリサイズできるアプリ等を使い、640×480ぐらいまで小さくすれば1枚100KB前後まで圧縮できます。こうすることでアップロードにかかるWiFi通信量を大幅に減らすことが出来るのでおすすめ。
その他、デジカメなどで撮影する場合は撮影前にカメラの設定で低画素数&高圧縮率に設定してから撮影することで、そのままSNSにアップできます。
写真をオンラインストレージに保存する場合
1000万画素のデジタルカメラで撮影した写真は1枚3〜5MB程度と非常に重く、80枚もアップロードすれば3日間の通信限度目安である400MBに達します。そのため、大量にアップして保存する必要がある場合は、レンタルWiFiではなく、ホテルのWiFiを利用すのがおすすめです。
動画サイトはなるべく見ない
上記でご紹介したデータ通信量の目安の通り、YouTubeやニコニコ動画といった動画はWiFi通信量が大幅に増えるため、おすすめしません。注意点として、SNSに投稿された動画が自動再生されないよう設定しておくことをおすすめします。
通話アプリの使用を控える
SkypeやLINEといった通話アプリを使いたい場合は必要最低限の会話に抑えることをおすすめします。また、ビデオ通話は出来る限り避けましょう。
ホテル滞在中はレンタルWiFiは使わずホテルのWiFiを使う
ホテルによって異なりますが、もしホテルで無料WiFiが使えるのであれば積極的にホテルのWiFiを使い、レンタルWiFiのルーターは電源を切っておくのがおすすめです。

普段使っているスマホを海外で使う? 国際ローミングについて

わざわざ海外WiFiルーターをレンタルしなくても普段使っているスマホでインターネットすればいいのでは?と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

まず、普段使っているスマホをWiFiルーター無しで海外で使うには、国際ローミングによるデータ通信が必要です。下記が日本の携帯電話各社が設定している国際ローミング料金の一覧表です。

携帯通信会社 料金プラン名 利用可能国数 料金(1日)
docomo 海外パケ・ホーダイ 約90カ国 25MBまで 1980円
25MB以上 2980円
au 海外ダブル定額 約150カ国 25MBまで 1980円
25MB以上 2980円
Softbank 海外パケットし放題 約100カ国 25MBまで 1980円
25MB以上 2980円
2016年9月 当サイト比較調査の結果

この比較表を見てわかる通り、国際ローミングは非常に高額です。しかも国際ローミングは現地回線ではないため安定しておらず、速度も遅いのでおすすめできません。
更に、国際ローミングはスマホの設定を間違えると契約外の現地通信会社に接続させてしまうリスクもあり、高額請求(パケ死)の可能性も。

海外で高くて不安定で速度が出ない国際ローミングを使うぐらいなら、比較するまでもなく海外WiFiルーターをレンタルした方が遥かにおすすめです。

念のため、普段使っているスマホでハワイ5日間の旅行でインターネットを使うことを想定し、携帯電話各社の国際ローミングとWiFiルーターをレンタルした場合の比較をしてみます。尚、1日25MBで済ませるのは現実的ではない(YouTubeを8分見たら超えてしまう)ので、25MB以上使う事を想定します。

普段使っているスマホで国際ローミング
14900円 (2980円×5日間)
普段使っているスマホ+WiFiルーターをレンタル(エクスモバイル)
5520円 (ルーター860円×5日間+安心保障860円+ルーター返却の送料360円)

こう比較してみると凄い差額です・・・。 これでも国際ローミングを使いますか?
素直に海外WiFiルーターをレンタルしていきましょう。


アジアの電圧・プラグ形状 一覧

Aタイプ Bタイプ Cタイプ B3タイプ BFタイプ SEタイプ Oタイプ
変換アダプター・コンセント形状Aタイプと電圧一覧 変換アダプター・コンセント形状Bタイプと電圧一覧 変換アダプター・コンセント形状Cタイと電圧一覧 変換アダプター・コンセント形状B3タイプと電圧一覧 変換アダプター・コンセント形状BFタイプと電圧一覧 変換アダプター・コンセント形状SEタイプと電圧一覧 変換アダプター・コンセント形状Oタイプと電圧一覧

BタイプとCタイプ、SEタイプのプラグ形状(ピンの太さ)に注意。
Bタイプのプラグピンの太さ・コンセント形状 Bタイプのピンの太さ:5mmCタイプのコンセント形状 Cタイプのピンの太さ:4mm  SEタイプ:4.5mm

地域 国名 電圧(V) プラグ形状

アジア

日本 100 A
インド 220 B3・C
インドネシア 220 C
韓国 コンセントの電圧変換・電源と充電プラグ形状1 220 C・SE
カンボジア 220 A・C
シンガポール 230 BF
タイ 220 A
台湾 110 A・O
中国 コンセントの電圧変換・電源と充電プラグ形状2 220 A・B・B3・BF・C・O・SE
香港 220 BF
ネパール 220 B・C
ベトナム 220 A・C
マレーシア 220 BF
モルジブ 220〜240 BF

1: SE型が主流。  2: B・C・O型が主流。プラグ形状を見る

格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港の半額で申込めるネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当にお得です!

エクスモバイルの格安レンタル申込み

当サイトからのレンタル申し込みで宅配受取り手数料が無料になります!

「海外でインターネット」の関連記事・情報

海外のコンセントで必需品!

これ一つで世界中のコンセントに対応した変換プラグです。 プラグ形状が8タイプに変形するため、ほぼ全世界のコンセントに差し込めます。

筆者が海外に出かける際は常に2〜3個持ち歩いているほど、海外旅行・出張の必需品になっているおすすめアイテムです。WiFiルーターの充電にも必要なので必ず準備!

データ通信量 100MB の目安一覧

WiFiルーターをレンタルして海外使用する場合に注意したいのがデータ通信量です。

エクスモバイルの場合、3日間のパケット通信量が400MBを超えた場合に利用制限がかかります(パケット定額制なので追加代金はかからない)。

これは現地通信会社の事情、国によって通信量は若干異なり、WiFiルーターのレンタル会社によっても違います。レンタル会社によっては通信量の追加プランなどを用意していることもあります。

下記に何をどの程度利用すれば100MBの通信量に達するかという目安をご案内します。尚、PCとスマートフォンを比較すると、PC利用は通信量が大きいため、下記に2つのデータがある場合は「左にPC、右にスマートフォン」のデータを記載します。

  • YouTube(標準画質)= 15分/45分
  • Skype(ビデオ通話)= 10分
  • Skype(音声のみ)= 120分/174分
  • LINE(音声通話)= 5時間
  • Yahoo!のトップページ閲覧= 256回/340回
  • テキストメール(300文字)= 20000通
  • Twitterで140文字をツイート:1150回
  • メール300文字+添付ファイル1MB= 99通
  • Facebookに100文字+画像(350KB)をアップ= 5回
  • GPSマップを使ったルート案内= 10回/30回

動画(ストーミング再生)や通話は非常に多くの通信量を消費するのでWiFiルーター利用の際はご注意。

ただ、普通にメールやネット検索をする程度の使い方であれば、通信量の限度はあまり考えなくても大丈夫です。

WiFiルーターの送料無料特典について

エクスモバイルのWiFiルーターの宅配受取りは通常 540円の送料がかかりますが、当サイトからの申込みで無料になります。


送料無料にするには?

当ページ内のリンクやバナーをクリックしてエクスモバイルのページに行き、WiFiルーターのレンタルを申し込むだけです。何も手続きも申告も必要なし!

必ず『ご入力内容の確認』ページにて、“送料値引き −540円” となっていることを確認して下さい。
もし値引きされていないようであれば、下記の「申し込み・詳細」のリンクよりWiFiルーターのレンタルの申し込みをやり直してください。

おすすめの格安WiFiルーターレンタル

無駄なデータ通信を防ぐためのスマホの設定方法

せっかくWiFiルーターをレンタルしたのに、スマホの設定方法によっては勝手に国際ローミングしてしまって高額のパケット料金が発生してしまうということも考えられます。

下記にその設定方法をご案内します。

  • データローミングは “OFF” にしましょう
  • Apple製品を利用している場合はiCloudの設定を解除しましょう
  • 機内モードを “ON” にしましょう

たったこれだけです。データ通信はWiFiルーターを経由してインターネットを利用するため、スマホが勝手にどこかの国際ローミングに接続してしまわないよう、強制的にOFFにすることをおすすめします。

海外旅行・出張の必需品 モバイルバッテリー
人気ランキング  by Amazon 毎日更新!

iPodやiPhone、iPad、その他タブレットなどのモバイル機器で注意したいのがバッテリーの残量。空港や飛行機、旅行先などで役立つの携帯型の小型バッテリー特集です。

WiFiルーターのバッテリー切れにご注意!

WiFiルーターの内臓バッテリーは約4時間程度(常温の場合)しか持ちません。出来るだけオプションの予備バッテリーも同時にレンタルしておくことをおすすめします。他社は「1日○○円」という価格設定ですが、エクスモバイルでは「1回のレンタルで220円」という良心的な価格が嬉しいところ。

その他、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器のバッテリー切れにもご注意!

特に、冬のヨーロッパやアメリカ東部など日中の気温が5度を下回るような場所では、バッテリー性能が半分以下まで急激に下がり、ビックリする速さでバッテリー切れを起こします。そのため、対策としてはWiFiルーターや予備バッテリーはカバンの中ではなく、ズボンのポケットやジャケットの内ポケットなど暖かい場所で保管するのがおすすめです。

エクスモバイルのデメリットについて

日本でのサポート時間が少し短い
他社では20時まで、又は24時間サポートですが、エクスモバイルの場合は18時までの対応で、日曜日はサポートがお休みです。これは経費を安く抑えてその分を利用者に還元してくれているので、仕方ない部分ではあります。ただ、これは日本国内での話で、海外では365日24時間対応なので現地では何も心配なく、他社と比較しても問題にならないと思います。
空港返却は成田空港のみ
帰国時に空港で返却したい場合は成田空港のみ対応しており、他の空港では返却カウンターを設置していません。ただ、空港から普通にポストに投函や宅配で返却すれば良いだけの話で、特にデメリットと感じる人は少ないと思います。
空港受取り手数料が無料ではない
無料か有料か?と単純に他社と比較すると損した気分になるかもしれません。しかし、通常1080円かかる空港受取り料金が当サイトからの申し込みの場合はわずか540円であり、合計金額では他社と比較してもずっと格安ですからデメリットではなくなります。とはいえ、ご自宅や前泊されるホテルへの宅配は無料なので宅配受取りが格安でおすすめです。

旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくない! 荷物が増えるのも嫌! そこで、人へのお土産はネットで購入するのがおすすめです。

ツイッターでの注意事項

ツイッター自体はそこまでデータ通信量を使いませんが、問題となるのが「動画の自動再生」です。ツイッターの初期設定では動画付きのツイートを表示した際に、その動画を自動的に再生してしまうため、動画を見るつもりが無くてもかなりの通信量を使ってしまい、あっという間に利用制限に引っかかります。

そこで、設定から「動画の自動再生をオフ」にするか「Wi-Fiのみ使用」に設定しましょう。

尚、FacebookやLINEでも同じことが言えるため、自動再生しないように設定することをおすすめします。

当サイトがおすすめの変換プラグ

これ一つで世界中のコンセントに対応した変換プラグです。 プラグ形状が8タイプに変形するため、ほぼ全世界のコンセントに差し込めます。

筆者が海外に出かける際は常に2〜3個持ち歩いているほど、海外旅行・出張の必需品になっています。一押しでおすすめ!

高電圧対応の海外用 3個口電源タップです。ホテルによっては部屋にコンセントが1〜2箇所しかないということもありますが、これを使えば電気製品を3台同時に使えます。携帯電話やデジタルカメラなど、複数充電しながらノートパソコンを使うといった場面でも大丈夫。

厚さ18mmの超薄型サイズ。ちなみに、入力側プラグはCタイプです。上記の変換プラグとセット購入がおすすめです。