アマルフィのレモン畑 - レモン街道 -

アマルフィの特産であるレモン。 イタリアでは他にもシチリアなどがレモンの産地となっているが、このアマルフィ一帯で採れるレモンは他のレモンとは違い、皮が厚く、表面がごつごつしており、芳香を放つ。また、果実が通常の物よりも倍近い大きさである。

レモンは元々イタリアにあったものではなく、最初は胃腸薬としてイスラムの国々から持ち込まれた物で、海洋国家の時代ではアマルフィの船には必ずレモンが積み込まれていたほど珍重されていた。

アマルフィのレモンの特徴は、その用途である。シチリア産も含め、普通のレモンは主に果汁を絞る用途で利用されるが、アマルフィのレモンは、主にレモンの皮が用いるために利用されるのが最大の特徴。この皮は厚みがあり、きんかんに似て甘みがあるためだ。もちろん、果汁も使われる。

中でも、アマルフィの特産として有名なのが、アマルフィ産のレモンを使った、リモンチェッロというお酒(リキュール)。

イタリア人には欠かせない食後酒として、イタリア全土で飲まれており、中でもアマルフィ産レモンを使ったリモンチェッロが最高とされる。


海外旅行総合情報 HOME

海外旅行の情報検索

世界遺産特集

おすすめの海外旅行用品

アルコール度数は約32度。 イタリアでは、食後によく冷やしたリモンチェッロをストレートでショットグラスで味わうのが最良の飲み方とされる。
甘くて爽やかな香り、濃厚な味わい。レモン果汁ではなく、レモンの皮を漬け込んだリキュールであるため、酸味が無いので大変飲み易い。
度数が32度とはいえ、女性好みの甘さで飲み口が良いため、チビチビ飲むのが癖になる。 アイスにかけたり、お菓子作りにも使われる。