海外で便利! おすすめの携帯電話 レンタル?購入?どちらがお得?

日本の携帯電話と海外対応携帯の違い、おすすめSIM、格安購入とレンタル

海外旅行先で電話を掛けることはあまり無いというのが一般的だと思います。とは言え、日本にいる家族、仕事関係でちょっとだけ電話したいことがあったという経験がある方は少なくないでしょう。また、パスポートやクレジットカードを紛失した際など緊急用として海外で通話が出来る携帯電話を持っていた方が確実に安心で本当に役立ちます。

そこで、このページではおすすめの海外携帯電話や海外通話用のSIMについてご紹介したいと思います。


目次


海外で携帯電話を使う方法(滞在先国内通話・国際電話)とその特徴

日本で使っている携帯電話を使う
別途端末を購入する必要がなく電話番号も同じです。設定するだけで通話できるようになりますが、国際ローミングのため通話代金が高額。着信でも高額な料金がかかります。
例えば、海外旅行中のAさんの携帯にAさんが海外旅行中であることを知らないBさんが電話した場合、電話番号が同じなのでいつも通り海外でも着信します。そこでAさんが電話に出れば、Aさんには高額な着信料の請求がきます。もし長電話になってしまったら大変! その他、仕事関係で電話がかかってきたら高額な着信料を理由に短時間で電話を切れますか? その着信料を会社に請求できますか? かなりハードルは高いです。また、海外でスマホを紛失した場合、個人情報の漏えいなどで事後処理はかなり大変です。
海外携帯電話を海外に行く度にレンタルする
一般的には日本を出発する前に海外専用の携帯電話をレンタルします。申し込みも簡単で手っ取り早いですが、料金的に安くないため日数が長くなると費用がかかるのが最大のデメリット。その他、レンタルの電話機はSMS(ショートメッセージ)が使えないことが多いです。
海外専用の携帯電話を購入する
自分専用の海外携帯電話なので、電話番号はずっと同じでアドレス帳も登録しておけます。電話番号が変わらないので仕事でも使いやすく、名刺に記載することも可能。通話料金は国際ローミングほど高くなく、電話回線なので通話品質も良く安定。簡単に購入できて2度目の渡航からは手続きなしでその海外携帯電話を持っていくだけなので凄く楽です。何より、自分専用でずっと持ち歩けるので安心感があります。詳細は後述にて。
海外で通話できるSIMを購入して日本のスマホを使う
日本で使っているスマートフォンがSIMロックがかかっていないSIMフリースマホでバンドが渡航先で対応しているなら、海外専用の通話SIMに入れ替えて電話するという方法もあります。これなら海外専用の電話番号が持てるので、この番号を知ってる人以外から電話がかかってくることはありません。ただ、やはり海外でスマホを盗難・紛失した場合の損害が非常に大きいので十分に注意が必要。詳細は後述にて。

海外携帯電話の購入が最もおすすめ! その理由は?

上記で海外での通話方法を4つご案内しましたが、2回以上海外携帯電話を利用するのであれば、海外携帯電話の購入が最もおすすめです。

しかし、「月々の維持費がかかるのでは?」と思われている方、安心して下さい。
維持費が無料で電話した分だけ支払う(後払い) という大変便利な海外携帯電話があるのでご紹介したいと思います。


格安で便利なおすすめ海外携帯電話

このモベルという会社が扱う「ワールド携帯電話」というのが月額無料で通話した分だけ支払えばOKという大変便利な海外携帯電話です。つまり、使わなければお金が一切かからないということです。端末代金も格安で、海外専用ガラケーなら3996円という安さ! 海外対応スマートフォンでも8964円から購入できます。端末代も格安で維持費も無料なので気軽に買うことが出来ると思います。

モベルは本社がイギリスにあり、世界に470以上のネットワークを持っているので海外旅行や出張に便利で、日経などでも紹介された知る人ぞ知る会社です。

この海外携帯電話があれば、何度か海外旅行に行き、その都度レンタルするよりも随分安く済むのが支持されています。

また、この海外携帯電話に付属するワールドSIMカードは音声通話+SMS専用であるため、データ通信(Wi-Fi)は使えませんが、データ通信機能が無いので気付かないうちにデータ通信に繋がってしまいパケ死するという心配が一切ありません。この安心感はかなりのメリットです。もしWi-Fiを使いたいのであれば、モベルが扱うスマートフォンはデュアルSIM対応なので、データ専用SIMを別途購入すればOKです。

その他、サポート体制も万全で通話料金はとてもシンプルでわかりやすいのも安心できます。尚、モベルは海外携帯電話のレンタルもやっていますが、やはり一番のおすすめは携帯端末の購入で、実は筆者もモベルを使っています。


モベルの海外携帯電話とSIMカードの差し替え

筆者が以前使っていたモベルの海外携帯電話です。緊急用として購入したため、通話とSMSが使えればOKと割り切って最安価格のガラケー端末を購入。Suicaと比較してわかるように、超小型でわずか68gという軽さで荷物にならず。SIMカードを入れ替えすることによって、通常の海外用ワールドSIMとアメリカでのコスパ最高のアメリカSIMで使い分けることが出来るのも凄く便利です。


モベルとドコモの海外での通話料金を比較

  • イギリスで電話する場合の通話・着信料金
キャリア 日本への通話 滞在先国内通話 着信
モベル
ワールド携帯
90円/分 90円/分 無料
モベル
ワールド・プラスSIM
75円/分 50円/分 無料
docomo 180円/分 80円/分 110円/分
  • ドイツで電話する場合の通話・着信料金
キャリア 日本への通話 滞在先国内通話 着信
モベル
ワールド携帯
90円/分 180円/分 90円/分
モベル
ワールド・プラスSIM
75円/分 50円/分 50円/分
docomo 180円/分 80円/分 110円/分
  • アメリカで電話する場合の通話・着信料金
キャリア 日本への通話 滞在先国内通話 着信
モベル
アメリカSIM
60円/分 60円/分 60円/分
モベル
ワールド携帯
290円/分 380円/分 180円/分
docomo 140円/分 125円/分 175円/分
  • 中国で電話する場合の通話・着信料金
キャリア 日本への通話 滞在先国内通話 着信
モベル
アジア携帯
100円/分 50円/分 50円/分
モベル
ワールド携帯
290円/分 380円/分 180円/分
docomo 175円/分 75円/分 155円/分

2018年3月 当サイト比較調査の結果


上記価格表を見ての通り、ヨーロッパから日本への通話料金が非常に安いです。これはこの海外携帯電話にイギリスの電話番号が割り振られているためです。
ただ、ワールド携帯の滞在先国内通話料金が割高ですので、滞在先国内通話を頻繁にされる方にはおすすめできません。

しかしながら、「緊急用海外携帯電話」としての利用を考えると、日本の旅行会社や日本のクレジットカード会社、日本にいる家族などに電話をするのが一般的なので、日本への通話料金が安いモベルは「緊急用」として強くおすすめできます。


モベルの海外携帯電話はこういう人におすすめ

  • 緊急用、又は本当にちょこっと利用で海外で使える携帯電話が欲しい
  • 維持費をかけずに手間無く海外で持ち歩ける携帯電話が欲しい
  • 有効期限が無く、自分専用の電話番号を費用を掛けずに維持、保有したい
  • 電話がかかってくる頻度は多くない
  • SMSの利用頻度は少ないが、SMSが使えた方が良い
  • 紛失や盗難などリスク回避、プライバシー保護の目的で、日本で使っている携帯電話は海外で使いたくない
  • 日本からの電話を避けたい、又は日本で使っている携帯電話と同じ携帯番号を海外で使いたくない

モべル海外携帯電話のSIMカードの種類

一般的にショップやネット通販で販売されているSIMはデータ通信用(Wi-Fi用)のSIMですが、モベルの海外携帯電話やモベルのSIMカードは全て海外で通話可能なSIMになります。いくつか種類があるので簡単にSIMカードのご紹介しておきます。

ワールドSIMカード 端末込み3996円~、SIM単体1998円
世界190カ国以上で使える通話・SMS専用SIMカードで、モベルの最も標準となるSIMカードです。ワールド携帯電話に付属するSIMカードで、SIMカード単品販売 もしています(Amazonで買うと無料通話1000円付きでお得)。料金は日本の携帯キャリア各社の国際ローミングとあまり差が無いので安いとは言えませんが、有効期限が無く維持費も永年無料、面倒な設定なしで気軽に使える緊急用と割り切れば高くはありませんし、ヨーロッパから日本への国際通話は90円/分という大変お得な料金です。また、自分専用の海外専用携帯電話として使い分けできるので利便性が非常に高く、筆者もこのSIMを使っています。
ワールド・プラス SIMカード 端末込み19980円、SIM単体7992円
世界100カ国以上で通話・SMS・インターネットが使える万能型SIMカード。ヨーロッパから日本への国際通話が75円/分で滞在先国内通話も50円/分と通話料金も安く、インターネットは高速4G LTEデータ通信を1GBまで無料で使える。(追加代金1250円で1GB増やせる)
ただし、このSIMカードは有効期限が30日間(追加代金で延長可能)の使い切りタイプで、ヨーロッパ以外では利用1日当たり900円かかるため割高になります。ですので、このSIMカードはヨーロッパでメールチェックやSNS、ちょっとした調べ事などインターネットを短時間利用しつつ、万一のため通話もできるSIMが欲しいという人におすすめできます。
アメリカSIMカード 端末込み19980円、SIM単体5994円
アメリカ(ハワイ含む)で30日間データ通信(テザリング可能)とSMSが使い放題で5994円という大変お得なSIMカード。追加代金で利用期限の延長も可能です。更に、日本への国際通話、アメリカ国内通話、着信が60円/分という安さで利用できます。レンタルWi-Fiを6日間レンタルすると一般的には6000円以上かかりますが1か月間使い放題でこの値段は大変お得です。ただ、2GBまで高速通信で2GBを越えると低速となり、1日のデータ通信量目安は30MBのため、動画や多量の画像読み込みなどには適しません。
アジアSIMカード 端末込み13986円~、SIM単体9990円
中国、韓国、シンガポール、台湾、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンで使える通話・SMS専用SIMカード。中国の携帯電話番号が使えるためアジアでの通話料金が安いのが特徴で、データ通信が出来ないためいつの間にかネットに繋がってて高額請求されるということが無い安心感があります。ちなみに、日本で中国の後払い式携帯電話が契約できるのはモベルだけです。利用期間は1年ごとの更新制で、1年目は維持費無料で通話した分だけのお支払。2年目からは年間8100円の更新料がかかります。

尚、どのSIMカードも標準SIM、micro SIM、nano SIMの3種類のサイズに対応しているのでどの端末でも大丈夫です。


海外携帯電話はレンタル?購入? どちらがおすすめ?

結論から言えば、生涯で2回以上レンタルを利用するのであれば確実に海外携帯電話の購入がおすすめです。以下にその理由をまとめてみます。

仮に海外携帯電話を8日間レンタルすると一般的に2000円~3000円ほどかかります。つまり8日間を2回レンタルすると4000円~6000円。そしてモベルのワールド携帯電話は携帯端末+SIMカードで3996円から購入できます。

つまり、累計で16日間レンタルする金額で携帯端末+SIMカードを購入できるのでレンタルを選ぶ理由はありません。

モベルの海外携帯電話なら一旦購入すれば有効期限が無く、月額などの維持費がかからないので使わない限りいつまでも無料。海外旅行から帰国してその1年後や2年後に海外旅行に行く時は、購入した海外携帯電話を持っていくだけで使え、面倒な手続きや設定は一切必要がありません。やはり海外携帯電話の購入が一番おすすめです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港で申込むよりも格段に安いネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当に安いのでおすすめです!

エクスモバイルの格安レンタル申込み

おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。当サイトからのレンタル申し込みで宅配受取り手数料が無料になるので更にお得!

海外のコンセントで必需品!

これ一つで世界中のコンセントに対応した変換プラグです。プラグ形状が8タイプに変形するため、ほぼ全世界のコンセントに差し込めます。

筆者が海外に出かける際は常に2~3個持ち歩いているほど、海外旅行・出張の必需品になっているおすすめアイテムです。

海外旅行・出張の必需品 モバイルバッテリー
人気ランキング
by Amazon 毎日更新!

スマートフォンなどのモバイル機器で注意したいのがバッテリーの残量。空港や飛行機、旅行先などで役立つの携帯型の小型バッテリー特集です。

スマートフォンのバッテリー切れにご注意!

スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器のバッテリー切れに注意しましょう。

特に、冬のヨーロッパやアメリカ東部など日中の気温が5度を下回るような場所では、バッテリー性能が半分以下まで急激に下がり、ビックリする速さでバッテリー切れを起こします。そのため、対策としてはスマートフォンや予備バッテリーはカバンの中ではなく、ジャケットの内ポケットなど暖かい場所で保管するのがおすすめです。

おすすめのUSBモバイル充電器

4ポートで合計40Wの高出力な急速充電器。最大2.4Aで出力自動調節の安全回路を搭載し、QC3.0対応機器ならわずか35分で80%という急速充電が可能。筆者もこの充電器を愛用していますが、この充電器は本体にACケーブルを差し込んで使用するタイプなので、コンセントの位置が悪い場所でも使用できるためホテル利用に向いています。特に海外のホテルのコンセントは差し込みがゆるいことが多々あり、コンセント直挿しタイプの充電器だと自重でコンセントから抜けてしまうことがありますが、この充電器はACケーブルでコンセントに挿すためその心配が無いのが大変助かってます。

こちらも4ポートで合計40Wの高出力な急速充電器です。上記の物よりも若干コンパクトで少し軽いのは利点で、コンセント直挿しタイプなのでコード周りをスッキリさせたい人におすすめです。

モベル海外携帯電話へ電話を掛けてもらう方法

例: モベル海外携帯の電話番号が
+44 7733335555 の場合のかけ方


  • 日本から電話をかけてもらう場合

    携帯電話、マイラインに加入している固定電話から:
    010 447733335555

    マイライン未加入の固定電話(NTT)から:
    0033 010 447733335555

    マイライン未加入の固定電話(KDDI)から:
    001 010 447733335555

    日本から電話される方の通話料金はイギリスへかける場合の通話料金になります。
    参考:NTTの場合のイギリスへの国際電話料金は、日中 420円/3分間、深夜・早朝 160円/3分間

  • 滞在国内(日本以外)から電話をかけてもらう場合

    +447733335555 又は、
    滞在国での国際電話番号の後に447733335555をダイヤル

モベル携帯の電話番号はイギリスの電話番号となるため(アメリカSIMとアジアSIMを除く)、どの国から電話をしても全ての通話はイギリスへ電話をかけることになります。

国際ローミングサービスとは? 世界対応の日本の携帯電話料金のデメリット

国際ローミングサービスとは、国内で契約をしている電話番号を海外でも利用できるようにするサービスのことです。ドコモ、au、ソフトバンクの海外・世界対応携帯電話はこのシステムを利用しています。

例えば、日本の携帯電話を持っている貴方がローマに滞在中、ローマ市内の友人へ電話する際は、まずイタリアの電話局を経由して日本にある電話交換機へ通話発信され、そこから国際電話としてローマ市内の友人へ通話発信される仕組みです。つまり、一見イタリア国内通話のように感じますが、実際の通話発信は日本を挟んでいるので国際電話扱いになるのです。通話料金は当然高額になるので注意が必要です。

また、電話を掛ける側と同様に着信側にも通話料金がかかります。例えば、日本にいる友人が貴方が海外にいることを知らずに電話してきて、つい長話になってしまったら着信側に高額な料金が発生します。友人なら理由を言ってすぐ切れますが、もし電話をかけてきた相手が仕事の取引先だったら? 電話料金のことなど言えないと思います。仕事の話ですからすぐに切るわけにもいかず、長話になったら大変。個人所有の携帯電話で旅行先での出来事ですから会社へ請求するのも困難でしょう。

旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくないし荷物が増えるのも嫌! でも買わないわけにはいかないし割れたり溶ける心配も…。そこでコレ! 現地空港での価格と大差なく自宅に宅配なのでとても楽で安心なのでおすすめです!

こんな人にはモベルの海外携帯電話をおすすめしません

モベルの海外携帯電話と現地購入のプリペイド通話SIMと比較したら、さすがに料金面ではモベルは割高です(とは言え、プリペイドを購入しても使い切らなければ結局は現地購入でも割高になる)。

そのため、特定の国で長時間通話する予定がある方や頻繁に電話がかかってくる予定がある方は、モベルではなく現地購入が最安でおすすめできます。ただし、購入手続きや設定方法を購入するお店で説明を受けるための最低限の語学力は必要でしょう。

お相手の通話料金はおいくら?

ワールドSIMにはイギリスの電話番号が付いていますが、例えばドイツにいるお相手がイタリアにいる貴方に電話した場合、お相手の通話料金はお相手が利用している電話会社が定めるドイツからイタリアへの国際電話料金がかかります。また、日本からモベル海外携帯電話に電話する場合は日本から掛ける方に日本からイギリスへの国際電話料金がかかります。

ですので、それらの通話料金がかかることをお相手に伝えておくことをおすすめします。