海外旅行におすすめのクレジットカード比較

海外旅行・出張でおすすめ! 海外旅行保険が付帯のクレジットカード比較

海外旅行保険、特典、年会費無料、還元率などクレジットカード準備に役立つ比較

海外旅行の準備でパスポートの次に大事なのがお金の管理です。残念ながら多額の現金を持ち歩いても問題が無いのは世界でも日本だけ。海外旅行でこれをやってしまうと本当に危険で、海外旅行に行くならクレジットカードは必須! また、安全面以外にも海外旅行では便利で役立つことがいっぱいです。

そこで、このページでは海外旅行でクレジットカードを利用する際の注意点を交え、海外旅行向けのおすすめクレジットカードをご紹介したいと思います。


目次


クレジットカードは海外旅行でどんなメリットがあるのか?

  • 多額の現金を持ち歩かなくて良いので安心
  • 銀行両替よりもレートが良いのでお得
  • 海外旅行保険が付帯する(クレジットカードによります)
  • 両替所で両替する手間が無くなり小銭も増えないので管理が楽
  • 両替しすぎて現地のお金を余らせて損しない
  • 明細が残るので何にいくら使ったか管理しやすい
  • ポイントが溜まって更にお得!

これだけのメリットがあります。また、ショッピングでの利用だけでなく、格安の海外旅行保険の申し込みはクレジットカード決済が必須ですし、個人旅行をする人にとっては航空券やホテルの予約はクレジットカードが必須となります。

ちなみに、筆者の場合は海外に行く時に必ず3~4枚は持参します。理由は海外のクレジットカード読み取り機との相性の問題で稀にクレジットカードが認証されないことがあるからです。また、セキュリティーの理由で急にクレジットカードが止められてしまうこともあり(筆者も何度か経験してます)、いざという時に予備のクレジットカードが無いと本当に困ります。最低限2~3枚は準備することを強くおすすめします。

このページでは、海外利用と日本での日常利用の双方でメリットがある、おすすめのクレジットカードをご紹介します。


海外旅行保険が付帯するおすすめのクレジットカード比較

年会費無料の海外旅行向けクレジットカード

海外旅行用のクレジットカードとして大注目! 年会費が永久無料であるにもかかわらず、なんと海外旅行保険が自動付帯という凄いクレジットカードです。一般的に年会費無料カードは海外旅行保険が付いていないか、付いていても「利用付帯」であるのが普通なので、筆者が知る限り同じ条件のクレジットカードは他に無いと思います。もう一度言いますが、『年会費無料で海外旅行保険が自動付帯』です!

また、日常生活においても条件が良く、全国8000店もの飲食店(ロイヤルホストはなんと10%オフ!)や、ネットショッピングでボーナスポイントも溜まります。ポイントは各種商品券やマイル、ドコモポイントやau WALLETポイントに交換することが可能。

ICカードなのでセキュリティーが高く年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、カード特典が充実しているので、海外旅行向けクレジットカードとしてはコスパ最強レベルです。しかも今なら5000円分のポイントまで付いてくる! 完璧過ぎます^^

年会費無料なので2枚目、3枚目の予備のクレジットカードとしてもおすすめです。



数あるVISAカードの中でも抜群の認知度と高い信頼性で定評のあるクレジットカード。特徴はやはりその安心感で、世界主要都市に設置されたデスクでは観光情報・各種手配・紛失・盗難時のサポートまで日本語で対応、ショッピング補償も付帯しています。

年会費もお手頃で、今なら初年度年会費無料。しかも、前年度の利用額に応じて年会費無料・半額になり、Web明細書の利用でさらに割引される高機能クレジットカードです。


クレジットカードの種類別の特徴
クラシックカードA
海外旅行保険はなんと自動付帯! 事前に旅費等の支払いの有無を問わないので気楽です(カード支払い有無により傷害死亡・後遺障害の最高補償額が異なる)。年会費は1620円(税込)ですが、マイペイすリボに設定して年に1回以上カードを利用すれば年会費が無料に! リボ払いの毎月の支払額をカードの限度額に設定できるので、実質年会費無料という凄い裏ワザがあるので本当にお得です。海外旅行主体に考えている方におすすめ。
クラシックカード
上記のクレジットカードより年会費263円安い代わりに海外旅行保険が利用付帯です。
アミティエ
女性専用のクレジットカードで、年会費がクラシックカードと同額でありながら、海外旅行保険はなんと自動付帯というお得なクレジットカードです。更に、携帯電話利用料金分のポイントが2倍になるという特典もあります。
デビュープラス
18~25歳限定のクレジットカードで学生や新社会人の方でも取得しやすいですが、海外旅行保険が付帯しないのでおすすめしません。
ゴールドカード

海外旅行保険はもちろん自動付帯で保障内容も充実。国内主要空港の空港ラウンジが無料で利用できる特典が付いており、ゴールドカード会員専用デスクで専任の担当者など海外旅行や出張で利用価値が高いのも注目。

最大の注目はこれだけ手厚い内容のゴールドカードが、WEB明細書+マイペイすリボコース登録+年1回のクレジットカード利用という条件を満たすと、なんと 年会費4320円(通常10800円) で持てるという凄い裏技があります!


「世界で最も尊敬されるサービス・ブランド」というビジョンを掲げた高品質なサービスを提供。筆者もアメックスを利用していますが、日本と海外を年数回行き来する方には強くおすすめする最高峰のクレジットカードです。

実際、海外出張が多い方に人気があり、例えば、国内外の空港ラウンジを本人と同伴の人も1名まで無料で利用でき、最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯、さらに海外旅行からの帰国時に空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送(羽田、成田、関空、セントレアのみ)など、他のクレジットカードと比較しても別格のサービス内容です。

その他、家族カード1枚のみ年会費無料、電話1本で日本発の格安航空券やアメックスの優待料金で海外ホテルを手配。しかも、他社クレジットカードや旅行会社では取れない予約も取ってくれるなど、手配力は旅行会社よりも凄いです。
海外旅行先でのレストラン予約や医療機関の紹介など、24時間日本語で応え、世界140余ヶ国、2,200ヶ所以上で各種旅行の手配やクレジットカード緊急再発行の手続きなど旅をサポートしてくれるのでとても安心。

その他、プライオリティパス・スタンダード特典が付帯し、ゴールドカードでは年間2回までラウンジ利用が無料という特典付き。

1枚持っているだけで最高の信用とステータスを得ることができる素晴らしいクレジットカードです。

コスパ最強で大注目!!

こちらもアメックスのゴールドカードですが、このクレジットカードはスカイチームの航空会社で海外旅行や出張に行かれる方にとって最強クラスのパフォーマンスを誇るクレジットカードです。

最大の特徴が、このクレジットカードを保有している間はデルタ航空のマイレージ「スカイマイル」の上級会員資格「ゴールドメダリオン」になれること。この「ゴールドメダリオン」は年間50000マイルもの利用があって付与される上級ステータスで、これを持っているとスカイチーム・ラウンジ(世界490ヵ所以上)をカード保有者と同行者1名まで無償で利用可能。しかもエコノミークラスの搭乗でもOK! 更に区間ボーナスナイル、海外ショッピングボーナスマイル、入会後6か月以内の初回フライトで10000マイル(エコノミークラスの場合)、毎年カード継続の度に3000マイル、年間カード利用100万円ごとにボーナスマイルが5000マイル(年間最大15000マイル)をもらえるなど、とにかくマイルが溜まります。しかも溜まったマイルは有効期間が無期限です。

海外旅行保険の自動付帯はもちろん、受けられる各種サービスはアメックスのゴールドカードと全く同じ。にもかかわらず、アメックス・ゴールドカードよりも年会費が3000円安い28,080円(税込)。最強のコスパです。

スカイチーム加盟航空会社(デルタ航空、エアーフランス、KLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン etc.)を利用する必要はありますが、これだけの上級会員向けサービスをこの年会費で受けることが出来るクレジットカードは他にありません。


こちらは通常のグリーン・カードです。アメックスゴールドカードの年会費が31,320円に対してアメックスグリーンは12,960円。

ゴールドの内容と比較して最も大きな違いは海外旅行傷害保険が自動付帯ではなく利用付帯で最高5000万円、海外から無料通話で日本語緊急支援サービスが無く、プラチナカードへのランクアップ権利も無しといったところです。

それでも一般的な他のゴールドカードよりはステイタスが格上なのがアメックスのブランド力=信用の高さです。


セゾンと提携しているアメックスのプラチナカードです。あまり知名度が無いのですが年会費20000円とは思えない内容の充実度で、中でも素晴らしいのが世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスのプレステージ(年間のラウンジ利用回数が無制限)特典が付与されています。

更に、手荷物無料宅配サービス(往復)、最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯、ファミリーカード1枚のみ年会費無料、オンラインショッピングでの不正使用による損害補償、専任コンシェルジュサービスという充実した内容。

そして永久不滅ポイント2倍(還元率1%)なので国内での利用でもお得です。



海外キャッシングに強いおすすめクレジットカード

『セディナカードクラシック』の最大の特徴は海外ATMでのキャッシングに強いこと! そして海外旅行保険が自動付帯です。ですので、自信を持っておすすめできる海外旅行向けのクレジットカードです。

海外キャッシングですが、どのクレジットカードもキャッシングすると1日ごとに利息がかかります。しかしこのクレジットカードの場合、インターネットで簡単に繰り上げ返済ができるので利息がかかる日数を最短にできるのです(キャッシングした日から最短2日間で繰り上げ返済が可能)。つまり、ほとんど利息がかからずクレジットカードの良いレートで現金を入手できるということです。

デメリットは年会費1000円かかります。とはいえ月80円程度ですし、全国のセブンイレブン、イオングループ、ダイエーでの買い物ではなんと1.5%という超高還元率でポイントが溜まります。キャッシング専用&予備カードとしてとても優秀で筆者愛用のクレカでもあります。



年会費無料で海外旅行向けのクレジットカードとして注目なのがREXカード。何故なら、年会費が永久無料であるにもかかわらず、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードだからです。もう一度言いますが年会費無料で自動付帯です!

そしてもう一つ注目は「業界最高水準の還元率」です。通常利用でも1.25%、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどのネットショッピング利用では1.75%という凄い還元率! 間違いなくこれ以上の高還元率は他のクレジットカードには無いでしょう。溜まったポイントはカード利用額から引いてくれるのも便利です。

その他、ETCカードも年会費無料なので、日常利用でも本当にお得なクレジットカードで、個人的には後述の楽天カードなら絶対にこのカードだと思います。メインのクレジットカードとしてはもちろん、2枚目、3枚目のクレジットカードとしてもおすすめです。



楽天が発行するクレジットカードだけのことはあり、楽天での買い物でとってもお得なクレジットカード。

ポイントの還元率は業界でも高水準の1%で、楽天市場での購入の場合は通常ポイント4倍(最大7倍)となる特典は魅力的。ただ、ポイントは金券などには変えられず、楽天市場や楽天トラベルでの買い物に使うのが賢い使い方となる。しかしながら、年会費永年無料で海外旅行傷害保険が利用付帯。しかも今なら最大5000ポイント(5000円相当)も付くのは大変嬉しい。

クレジットカード申し込み手続き後、通常約2週間ほどでクレジットカードが発行されるので余裕を持って申し込みましょう。審査基準がゆるく、学生さんやアルバイトの方でも審査に通りやすいクレジットカードです。尚、楽天カードの海外キャッシングは返済方法がリボ払いのみのため、おすすめしません。


海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードの注意点

まず最初にクレジットカードに付帯される海外旅行保険を使いたいという場合は、そのクレジットカードが「自動付帯」なのか「利用付帯」なのかを確認しましょう。自動付帯なら何もしなくてもそのクレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。しかし、利用付帯の場合は注意が必要です。

「利用付帯」とは、海外旅行費用をクレジットカード決済することで保険が適用になる仕組みのことです。この “海外旅行費用” とは下記の費用を指します。

  • 公共交通機関(電車、バス、タクシー、飛行機など)
  • 旅行会社のツアー代金

海外旅行保険が適用になるにはこれらのうちいずれかをクレジットカードで支払う必要があり、意外と利用できる範囲が限られてるので注意が必要です。尚、自家用車やレンタカーは適用外です。

更に利用付帯には2種類あり、出国前に旅費をカード決済する必要があるクレジットカードと、出国後のカード決済でもOKなクレジットカードもあり、クレジットカードによって海外旅行保険の適用基準が違います。

ですので、利用付帯のクレジットカードを使う場合は、保険が適用される基準をしっかり確認することが大事です。
この確認作業は意外と面倒なので、当サイトとしては自動付帯を推奨しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港で申込むよりも格段に安いネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当に安いのでおすすめです!

エクスモバイルの格安レンタル申込み

海外でインターネット。おすすめのWi-Fiルーターレンタルが格安です。当サイトからのレンタル申し込みで宅配受取り手数料が無料になるので更にお得!

お得な手数料のおすすめ外貨両替

若干手間はありますが、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元に限り、最も良いレートで両替する裏ワザがあります!

格安の海外携帯電話

海外で気軽に電話できる海外携帯電話。なんと維持費無料(月額無料)で通話した分だけお支払! 本当に便利でおすすめです。

『VISA、マスターカード、アメックス、JCB』 海外旅行でおすすめのカードはどれ?

どのクレジットカードにもメリット・デメリットがあるが、VISAとマスターカードのクレジットカードに関してはデメリットがなく、最もスタンダードで間違いが無い。最低1枚はどちらかを持つことを強くおすすめする。

JCBクレジットカードのメリットはやはり日本的な高水準のサービスの良さ。日本国内での特典の充実、顧客対応の良さは素晴らしい。しかし、以前に比べて海外でJCBが使える店が圧倒的に増えたとはいえ、JCBカード1枚だけでは正直なところ無理がある。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの最大のメリットは、クレジットカードの信用力だ。このクレジットカードを持っていることで、海外での信用はある程度保障されるほどの信用力。もちろん、サービスレベルは他社と比較しても圧倒的に素晴らしく、“Noを言わない” 顧客対応や、ホテルやレストラン、ハイヤー、その他もろもろの手配力は旅行会社以上。デメリットは、年会費が他社よりも高めであること(サービス内容を考慮すれば割安とも言えるが)、小さな店舗を中心にアメリカン・エキスプレスが利用できないお店が世界中で少なくないことで、ある程度しっかりしたお店でないと扱っていない。

つまり、異なるクレジットカードを最低でも2~3枚は持ち歩くのがベストな選択ということになる。

IC式クレジットカードを選びましょう!

IC式クレジットカード

海外旅行に行かれる際は、この“ICチップ”が付いたクレジットカードを強くおすすめします。

理由は「偽造されにくく不正使用されにくい」からです。ICチップが付いていない磁気式のクレジットカードはカード情報が盗まれやすいため、海外では圧倒的にIC式が主流ですが、日本では磁気式がまだまだ多いのが実情です。

海外ではIC式クレジットカードしか受け付けないお店もありますので、IC式をお持ちで無い方はIC式に切り替えるか新たなクレジットカードを作るようにしましょう。

海外旅行保険の補償額を倍にする裏技

特に年会費無料のクレジットカードに付帯する海外旅行保険は補償額が低く、中でも「傷害・疾病」は特に低めです。正直なところ高額な医療費で有名なアメリカでは不十分な額です。

そこでおすすめするのが、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを複数枚用意する方法です。というのも、傷害・疾病や携行品損害の補償額は複数枚のクレジットカードの補償額と合算できるんです!

例えば、傷害・疾病500万円、携行品損害30万円のクレジットカードを2枚持っているとすると、傷害・疾病1000万円、携行品損害60万円までの補償を受けることが出来ます。

尚、死亡・後遺障害の補償額はどちらか補償額が高いカードの補償額が限度となります。

ページ冒頭で最低限2~3枚は準備することを推奨していますが、予備カードとしてはもちろん、補償額の積み増しでも大変有利です。

クレジットカードのサインの仕方 漢字とローマ字、おすすめはどちら?

クレジットカードが手元に届いて、まず最初にしなければいけないのがクレジットカードの裏にサインをすること。日本では稀にサインをしていない方を見かけますが、国によってはサインなしのクレジットカードは拒否されたり通報(不正利用の疑いをかけられる)ので必ずサインしましょう。

本題ですが、日本はもちろん海外でも使用することを考えた場合、「サインは漢字にするか、ローマ字にするか」、サインの仕方で迷うことがある。

結論から先に言えば、どちらでも良い。
ただ、パスポートは漢字でクレジットカードはローマ字といった具合で使い分けるよりも、パスポートのサインで統一した方が間違えは無い。パスポートのサインとクレジットカードのサインを照合する店員が稀にいるため。ただ、必ずしも統一する必要は無い。

また、「海外でのサインは漢字の方が真似されにくいので安全。」といった記述を一部ガイドブックや旅行系サイトで目にしたことがあるが、それは大きな間違い。世界中に中国系詐欺グループは点在しており、真似することは可能なうえ、漢字を使わない国の人が漢字を見ても同じように見え、違いを判別するのは困難なためだ。

ちなみにサインはフルネームで書く必要性はない。苗字だけ、又は名前だけでも問題は無く、英語や漢字だけではなく、おすすめはしないがカタカナやひらがなでも良い。利用者が特定できればOKなのです。

学生さんでも審査が通りやすい海外旅行におすすめのクレジットカード

学生さんの場合は日常でクレジットカードを使う機会はそれほど多くない気はしますが、海外旅行となれば学生さんもクレジットカードを持っていた方が何かと安心なのは間違いなく、実際に便利です。航空券もホテルの予約も一般的にはクレジットカードが必要ですし。

とは言え、学生さんでも申し込み出来て、かつ、海外旅行に便利なクレジットカードって実はそんなに多くありません。

そこで、下記に2つほど学生さんでも審査が通りやすいおすすめクレジットカードをご紹介しておきます。


三井住友VISAカード
このクレジットカードのポイントは2つ。『海外旅行保険が付帯している』と『年会費が在学中無料』です。通常このカードは年会費が1350円かかるので海外旅行保険も付帯してるわけですが、在学中無料なのに海外旅行保険も付帯するというのは大変お得です。学生さんには嬉しい特典ですね。

ちなみに、学生さん向け特典があるカードでおすすめは下記の3種類です。

クラシックカード
在学中無料だが、海外旅行保険は利用付帯
クラシックカードA
卒業予定年まで年会費270円かかるが、海外旅行保険は自動付帯
アミティエカード
女性専用。在学中無料で、海外旅行保険は自動付帯

尚、下記ページで学生さんやバックパッカー向けのお金の準備や管理の仕方についてご紹介しているので、併せて読んでみて下さい。

学生・バックパッカー向けのお金の準備

旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくないし荷物が増えるのも嫌! 割れたり溶けたりするのも心配…。そこでコレ! 自宅に宅配で楽々安心でおすすめです!