アフタヌーンティーとハイティーの違いは?

優雅な紅茶のひと時を楽しむ前に、ちょっとした大人の雑学でも

アフタヌーンティーとハイティーの違いをご存知だろうか? どちらも聞いたことはあるし、どんな物だかなんとなく想像は出来るけど、何が違うんだろう? という方も多いはず。難しい話はさておいて、簡単にその違いを記しておきます。

メニュー


アフタヌーンティー

イギリス発祥の喫茶習慣。習慣と言っても飲食を楽しむことよりも、社交の場としての意味合いが大きく、食器や食べ物、室内装飾、花、会話の内容、マナーなど、高度な知識が要求される。日本で言う茶道のようなものだ。

現在では、正式なアフタヌーンティーをするには相当な敷居の高さになってしまう為、通常は簡略化して行われる。

アフタヌーンティーでは、紅茶はもちろん、サンドイッチなどの軽食や、スコーン、ケーキ類などのペストリーが供される。スイーツは理解できるが、何故サンドイッチ? という疑問を持つ人も多いだろう。
アフタヌーンティーというのは、単なるお茶の時間ではなく、軽食の時間でもある。そこで2つめの疑問。何故15時過ぎに軽食を食べるのか?夕食に差し支えるのでは? この疑問は、ヨーロッパの文化を知っていれば理解できる。

ヨーロッパではオペラやクラシック・コンサート、クラシックバレーなどの催しが盛んだが、これらが開演するのは夕方以降。早めの夕食にするにもかなり中途半端な時間になってしまう。そして催しが終わった後に夕食を食べるとなると夕食の時間が大変遅くなり、お腹が空いてしまう。そのために、催しの前にアフタヌーンティーで腹ごしらえをする。お腹が空いていては、せっかくの楽しみも楽しめなくなる。ヨーロッパの人々は楽しみ方を知っている。

ちなみに、アフタヌーンティーを象徴するアイテムとして、2~3段のケーキスタンドが使われることが多いが、これは狭いテーブルを有効活用するために使うものであり、広いテーブルで行なうアフタヌーンティーにはティースタンドを使わないのが作法。

尚、アフタヌーンティーは優雅に紅茶を楽しむ場であるため、特にドレスコードを謳っていない場合でも短パン、サンダルは避けるべき。格好はスマートカジュアルが推奨。


ハイティー

ハイティーというのは、アフタヌーンティーよりもさらに遅い時間に行う食習慣で、労働者階級・農民の生活環境から始まったもの。その為、上流階級の人々は自分たちのお茶の時間を絶対にハイティーと呼ばなかった。ハイティーはアフタヌーンティーよりもさらに遅い時間、つまり、事実上の夕食であった為、サンドイッチなどの軽食やお菓子類だけではなく、肉料理や魚料理がメインとしても並ぶ。
ちなみに、ハイティーの(high)は、メインの大テーブル(ハイテーブル)で供されることからその名が来ている。

現在では、ハイティーもアフタヌーンティーと同じ意味で使われることが多いが、これにも訳がある。それは、日本にもなじみが深いアメリカが関係する。
アメリカが独立する前はイギリスの植民地であったが、アメリカ人は「high」の意味を「formal」の意味と誤解していたため、“ ハイティー=格式ある紅茶の習慣” と勘違いしてしまい、イギリスで言うアフタヌーンティーという意味で日常化してしまったわけだ。そして第二次大戦後、アメリカから様々な文化が日本に入ってくる過程でハイティーという言葉が日本に入り、その後ヨーロッパからアフタヌーンティーという言葉も入り、2つの言葉が混在するようになってしまったというわけだ。

ハイティーといえば、最も有名なのがシンガポールのハイティー。とりわけ、シンガポールにおけるイギリス文化の象徴とも言うべきラッフルズホテルのハイティーは特に有名。シンガポールもイギリスの植民地であったために紅茶の文化が入ったわけだが、広東系華人の多いシンガポールではお菓子類はもちろん、シュウマイ、餃子などの点心も並び、中華風にアレンジされているのが興味深い。更に、シンガポールの最高級ホテルの一つでもあるセントレジスのアフタヌーンティーでは、紅茶以外に中国茶なども用意されるなど、多様化を見せている。

ちなみに、シンガポールでハイティーが始まった経緯は、元々シンガポールに滞在していたイギリス人女性たちが、蒸し暑い午後の外出を避けて優雅に紅茶を楽しんでいたことに始まり、徐々に広がっていったことによる。


アフタヌーンティーの歴史

ページ冒頭でイギリス発祥と書いたが、ヨーロッパに最初にお茶が入ってきたのが1597年、オランダ東インド会社の前身であるオランダ商船による貿易だ。尚、当時のお茶は紅茶ではなく緑茶である。

そしてイギリスにお茶が入ってきたのが17世紀。1662年にイギリス国王チャールズ2世のもとに嫁いできたポルトガルの王女キャサリンが、中国茶と砂糖を大量に持参。ちなみに砂糖は当時としては貴重な高級品である。これによってイギリス王室に喫茶の習慣をもたらし、1664年にはイギリス東インド会社がチャールズ二世にお茶を献上。そして1720年に東インド会社が本格的にお茶を流通させたことによって紅茶のブームが開花する。つまり、紅茶を飲む習慣が始まったのは18世紀に入ってからのことであり、意外とその歴史は古くない。

階級制度が確立していた当時のイギリスにおいて、アフタヌーンティーは上流階級の社交、娯楽であったわけだが、もともとの始まりは、1日2食だった当時のイギリスの食事情のため、空腹を紛らわすために紅茶と軽食を口にしたのがきっかけと言われており、これが19世紀に入ってからのこと。

その後、上流階級の女性たちが友人やお客さんを誘って楽しむことが流行し、徐々に形式化されていったというわけだ。

この紅茶ブーム到来によってフォートナム&メイソン、トワイニング、ウィッタード、H.R.ヒギンス、リプトン、ハロッズ、ウェッジウッドなど次々と紅茶関連のブランドが立ち上がり、イギリスの紅茶文化は確固たる地位を確立、現在に至っている。


ホテルでアフタヌーンティーを楽しもう! おすすめの予約サイト

高級ホテルでおすすめのアフタヌーンティー

直接ホテルに予約を入れるのも当然OKですが、比較的すいている平日利用の場合は下記の予約サイトからの予約がおすすめです。簡単に予約できるだけでなく、直接ホテルに予約を入れるよりもお得なプランが用意されているからです。


ホテルでのアフタヌーンティーは優雅な雰囲気の中で美味しいスイーツが食べられるので、自分へのご褒美に最適です^^ 中には一人5000円を超える敷居高めの高級ホテルも有りますが、3000円程で優雅なアフタヌーンティーを楽しめるホテルも多いです。食べきれない程のスイーツと美味しい紅茶がおかわり自由なので、長い時間楽しめることを考えれば最高のコストパフォーマンスですから、遅めのランチとしても最適ですね!

尚、シャンパン付きのコースがあるなら、このコースはおすすめですよ!(もちろんお酒を飲める人に限る)。満足度がまるで違います。とにかく至福のひと時を味わえること間違いなしです!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港で申込むよりも格段に安いネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当に安いのでおすすめです!

アフタヌーンティーのおすすめグッズ

銀メッキを施した、本格的なケーキスタンドです。純銀を使った本格派なので、質感はまさに高級ホテルそのもの。それでいて低価格なのが魅力です。

17cm~22cmまでのお皿3枚必要です。こだわり派におすすめ!

こちらは折り畳み式の白いケーキスタンドです。最大の利点は折り畳んで収納できるので場所を取らないこと。

18cm~24cmまでのお皿3枚必要です。安価でオシャレでコスパが良いです。

アフタヌーンティーのテーブルを素敵に演出してくれる実用的な人気グッズ。

素材はステンレスなのでしっかりしており、質感は銀食器風仕上げのためとても上品。

1706年創業のトワイニングは数ある老舗ブランドの中では低価格ながら大変質が良く、王室御用達ブランドの中では最高のコストパフォーマンス。中でもダージリンはバランスが良く、ストレートティーで飲むのに適しています。

創業1707年の英国王室御用達ブランド フォートナム&メイソン。そのクオリティーは世界が認める通りです。中でも英国伝統のコク深い味わいで人気が根強いのが、国王即位をお祝いするためにブレンドされたロイヤルブレンドです。

1854年にフランスで創業したのがマリアージュフレール。中でも女性に特に人気があるのが、フルーツから抽出したフレーバーティーです。一番人気はやはりマルコポーロ。力強い花の香りが特徴で、とってもフルーティーです。

ウェッジウッドと言えば王室御用達の陶磁器ブランドで名高いですが、茶葉の品質にも定評があり、癖が無い正統派の紅茶として人気です。特に人気があるのはイングリッシュブレックファスト。渋みが少なめであっさりしていて、万人受けする良質な紅茶です。

1953年にロンドンで創業した世界第5位の紅茶ブランドで、品質の高さと良心価格に定評があります。中でも人気なのがこの紅茶。ティーバッグでノンカフェインにも関わらず香りと味が良く、妊娠中や授乳中のママ、寝る前のホッと一息したい時にもおすすめ!