海外旅行の必須の持ち物 クレジットカード、トラベラーズチェック

クレジットカードやトラベラーズチェックの使い方と使い勝手 利便性、裏技

海外旅行にはクレジットカードが便利!

海外旅行のお金の準備に欠かせないのが、クレジットカード。 筆者がプライベートや仕事で海外旅行に行く際には必ずクレジットカードを2〜3枚持っていきます。 理由は下記の通り。

  • 現金をたくさん持ち歩かなくてもよいので安心。お金をいくら持っていくか悩まなくて良い。
  • レートが非常に良い(両替所よりもレートが良い事があるほど)。
  • 両替しすぎて現地のお金を余らす心配がなく、現地通貨を気にする必要が無い。
  • ショッピング保険が付いている(カードによる)。
  • 海外旅行保険が付いている(カードによる)。
  • ホテルやレストランでの支払いがスマートで、予約の際にも有利。
  • クレジットカードを持っていることで、見知らぬ土地でも信用(お金の支払能力)を得られる。
  • 海外利用で、クレジットカード会員の特典があること(カードによる)。
  • 海外旅行先で、安心で便利な各種サービスがある(カードによる)。
  • ヨーロッパやカナダなど、免税手続きで有利。
  • ポイントが溜まること!
これだけメリットがあるのですから、海外旅行では必ず持っていきます。 とにかく便利!

クレジットカードは複数枚持っていくことをおすすめしていますが、理由は、お店のカードリーダーとの相性が良くないために、カードが認証されないことがまれにあるためです。 1枚目が駄目でも2枚目のカードで認証されたことは多々あります。

一方、クレジットカードに抵抗がある方は、デメリットを心配されているのではないでしょうか? デメリットとは詐欺や不正請求、盗難などの心配です。
そういった不安がある方は、注意点をまとめたページを準備しているので、【クレジットカードの注意点】 をご参照ください。基本的なことを守れば、安心で便利な海外旅行必須の持ち物となります。

ちなみに、クレジットカードといっても様々なカードが存在し、どれが一番良いのか迷うところ。
そこで、筆者がおすすめするクレジットカードを特集しているので、ご参考にどうぞ。
海外旅行でおすすめのクレジットカードの使い方 海外旅行でおすすめのクレジットカード

ちなみに筆者は海外へ飛ぶときは、必ずクレジットカードを3枚(VISA, MasterCard, AMERICAN EXPRESS)準備していきます。 理由は2つあり、極力現金を持たずに、カードで払えるものは全てカード払いしたい(現金を持ち歩きたくない&ポイントが溜まるのが理由)ので、上記のようにカードが読み取ってもらえないと困ることが一つ。

もう一つの理由:

海外旅行保険の傷害・疾病治療費は、複数のカードを持ってると実際かかった費用を上限に、加算されていくためです。
つまり、傷害・疾病治療費の保険金額200万円というクレジットカードを3枚持っていれば、600万円まで補償されることになるのです。ちなみに、「死亡・後遺障害」の場合は、持っているカードのうち最も金額の高いものを限度として支払われるので、合算はされません。
意外とこの点について知っている人は少ないので、覚えておくと損はないでしょう。

レートに関して言えば、レートの悪い両替所でお金を両替するよりもレートが良いのですが、一番の問題は非常に高い金利がかかること。そのため、極力お金のキャッシングは当てにしない方が良いでしょう。国際キャッシュカードを持っていれば済む話です。

しかし、裏技を使えば話は別です!
その裏技というのは、キャッシングをした日から締め日(決済日)の間に金利がかかることに着目すれば良いのです。つまり、締め日に近ければ近い日にキャッシングすれば、金利を安く抑えられるのです。
つまり、ベストなのは締め日にキャッシングすることですが、時差なども考慮して前日又は2日前が安心でしょう。これならクレジットカードで支払いをする際の良いレートで金利もほとんどかからずに現地のお金が引き出せるわけです。


トラベラーズチェックの使い勝手と利便性

アメリカやカナダのようにトラベラーズチェックが街中の商店で普通のお金と同じように使える国であれば、トラベラーズチェックを中心にお金を準備をするのがおすすめ。 レートが一番お得なことだけでなく、安全面でも一番良いお金です。ただ、現金も多少は持っていきましょう。

しかし、ヨーロッパのように、トラベラーズチェックを銀行や両替所で現地通貨の現金に換金しなければ、一般商店で買い物が出来ない国が世界的には一般的です。
日本でもトラベラーズチェックで買い物は出来ないですよね? それと同じです。
ツアーの場合、アメリカやカナダ以外の国ではトラベラーズチェックは持って行かず、現金とクレジットカードを持っていく方法が一番おすすめ。
なぜなら、ツアー中は銀行に寄る時間など全く無く、多少のフリータイムがあっても15分程度のケースがほとんど。 従って、トラベラーズチェックを現金に換金する時間などありません。

ただし、一般商店でトラベラーズチェックが使えなくても、ツアーで立ち寄るお店や免税店、一部のデパートなどではトラベラーズチェックがそのまま使えるお店があるので、そういったお店でまとまった額の買い物(ブランド品や化粧品など)をする予定がある人は買い物予定額のトラベラーズチェックを作っていく方が、レートと安全面で有利です。


国際キャッシュカードとは?

国際キャッシュカードとは、日本で開設をしている銀行の円預金口座から、旅行先のATMで現地通貨を現金で引き出す事ができる便利なカードです。つまり、日本と同じ感覚で現地でお金を引き出せるのです。

海外旅行で便利な国際キャッシュカードについては、下記をご参照ください。
海外旅行のトラベラーズチェックとクレジットカード準備 国際キャッシュカードの詳細 レートについて


クレジットカードの円決済とドル決済 その違いは?

最近グァムやハワイの一部のお店(特に免税店)では、クレジットカードでお買い物をする際店員さんに、「円決済とドル決済、どちらにしますか?」と聞かれることがあります。
そこで2つの疑問が出てきます。 1.どう違うのか? 2.どちらが有利か? です。

まず、円決済とドル決済の違いから説明しましょう。
ドル決済は買った日のレートではなく、カード会社で決済された日のレートで請求され、通常この決済が一般的です。 ところが、円決済というのは買った日のレートで円換算され、その額が請求される仕組みです。しかし!ここで注意したいのが「その日のレート」というのは、クレジットカード会社のレートではなく、お店が独自に設定するレートで円換算されるのです。通常、お店が独自に設定するレートは悪いことが一般的。

つまり、円決済では損をすることが多いのが実情です。ですので、円決済を希望する方は、その場合のレートを確認しておくと良いでしょう。

円決済とユーロ決済、トラベラーズチェック 円決済とユーロ決済

ヨーロッパの一部店舗(特に日本人ご用達のお店)では、円決済が出来るお店も存在します。この場合ですが、決済の違いは上記で説明した内容と同じです。
しかし、お店が独自に設定する円レートが非常に良いことが多いのです! この場合は、円決済でお買い物をした方が有利になるので、レートを確認してみてください。円レートが良いことが一つの売りなので、聞かなくても店員さんから教えてくれることが多いですが。

クレジットカードが手元に届いて、まず最初にしなければいけないのがカードの裏にサインをすること。 そこで、日本はもちろん海外でも使用することを考えた場合、「サインは漢字にするか、ローマ字にするか、サインの仕方で迷うことがある。

結論を言えば、どちらでも良い。 ただ、パスポートは漢字でクレジットカードはローマ字といった具合で使い分けるよりも、パスポートのサインで統一した方が間違えは無い。 パスポートのサインとクレジットカードのサインを照合する人が稀にいるからだ。 ただ、必ずしも統一する必要は無い。

また、「海外でのサインは漢字の方が真似されにくいので安全。」といった記述を一部ガイドブックや旅行系サイトで目にしたことがあるが、それは大きな間違い。中国系闇組織が世界中に点在しており、真似することは可能なうえ、漢字を使わない国の人が見ても違いを判別するのは困難なためだ。

クレジットカードの限度額に注意!

クレジットカードの限度額は30万円が初期設定であることが多い。しかし、ツアー代金、航空券、ホテルなどをクレジットカードで支払っている場合は、それだけで限度額に近い金額を支払っていることも多々ある。まして、クレジットカードを日常の生活で利用していれば、簡単に限度額に達してしまう。

海外旅行前に、既にどのくらいクレジットカードで支払いをしているのか、しっかりと確認しておこう。特に、ブランド物など高価な買い物をする予定の人は限度額に注意。必要があれば、一時的に限度額を上げてもらう申請をするなど事前の準備をおすすめする。

トラベラーズチェックの準備トラベラーズチェックは一般のお店で利用できる?

トラベラーズチェックは現金に比べてレートも良く、安全面でも非常に良いのだが、問題はどこで利用できるかだ。
アメリカでは大抵のお店で現金と同様に使うことが出来、カナダではアメリカほどではないが、使えるお店が多い。

しかし、それ以外の国では通常トラベラーズチェックをそのままお店で使うことは出来ず、銀行などで現金に換金する必要がある。したがって、ツアー旅行では詰め込まれた行程の中で換金する時間を取ることが難しく、上記2カ国以外は大変不便。10日間程度の海外旅行であれば上記2カ国以外は現金とクレジットカードの準備をおすすめする。

ただし、多くのホテル(3つ星以上)や免税店、ツアーで立ち寄るお土産店ではそのまま使うことが出来るので、そのような場所でお買い物をする予定の方はトラベラーズチェックを準備した方がお得だ。

クレジットカードのサインの仕方トラベラーズチェックのサインの仕方。 漢字とローマ字、おすすめはどちら?

必ずパスポートと同じサインで書くこと。
トラベラーズチェックを使用する際、身分確認をするのが一般的で、この際パスポートの提示を求められるのが普通。 その際に、パスポートのサインとトラベラーズチェックのサインが違うと、使用を拒否されることがある。 つまり、パスポートのサインが漢字なら、トラベラーズチェックのサインも漢字で書くことになる。

おすすめ! 人気のネット通販 価格比較サイト
▲ページ TOP
【 旅行情報 TOP 】【 トラベラーズ・カフェ HOME 】