クレジットカードは海外旅行の必需品!

クレジットカードはツアー、一人旅やバックパッカーといった個人旅行、出張や留学など、様々な旅行スタイルで大活躍する必需品ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのか?

また、学生さん、定年を迎えて職が無い方など、理由があってクレジットカードを作れない方や、クレジットカードはいろいろと心配で作りたくないという方もいらっしゃいます。そんな時におすすめの代替カードがあります!

海外旅行前に知っておきたい、クレジットカードについてご紹介します。


目次

参考情報国際キャッシュカードと海外専用プリペイドカードの比較


海外旅行にはクレジットカードが便利!

海外旅行のお金の準備に欠かせないのが、クレジットカード。筆者がプライベートや仕事で海外旅行に行く際には必ずクレジットカードを3枚+国際キャッシュカードを1枚持っていきます。理由は下記の通りです。

  • 現金をたくさん持ち歩く必要が無いので安心、お金の管理が楽。お金をいくら持っていくか悩まなくて良い
  • レートが非常に良い(銀行や両替所よりもレートが良い)
  • 両替しすぎて現地のお金を余らす心配がなく、現地通貨を気にする必要が無い
  • 小銭が邪魔で重いので溜めたくない
  • ショッピング保険が付いている(カードによる)
  • 海外旅行保険が付いている(カードによる)
  • レストランでの支払いがスマートで、予約の際にも有利
  • 利用履歴が残るので、どこでいくら使ったか記録を残せる
  • クレジットカードを持っていることで信用を得られる(お金の支払能力)
  • 海外利用でクレジットカード会員の特典がある(カードによる)
  • 海外旅行先で安心で便利な各種サービスがある(カードによる)
  • ヨーロッパやカナダなど、免税手続きが簡単
  • 何かトラブルに遭って急にお金が必要になっても安心
  • ポイントが溜まる!

その他、海外旅行に行く前の準備でもクレジットカードは必須です。例えば、筆者の場合は下記の理由で必須となります。

  • ホテルの予約で必要(クレジットカード無しでは予約不可であることが一般的)
  • 航空券のWeb購入で必要(海外サイトでの購入では必須です)
  • 鉄道やバス、現地ツアーをWeb予約する際に必要
  • ESTAなど電子ビザの発給に必要

これだけメリットがあるのですから、海外旅行では必ず持っていきます。とにかく便利と言うよりは、無いと困ります。また、クレジットカードは複数枚持っていくことをおすすめしていますが、理由は、お店のカードリーダーとの相性が良くないために、カードが認証されないことが稀にあるためです。1枚目がダメでも2枚目のカードで認証されたことは過去に多々ありました。

一方、クレジットカードに抵抗がある方は、デメリットを心配されているのではないでしょうか? デメリットとは詐欺や不正請求、盗難などの心配です。
そういった不安がある方は、注意点をまとめたページを準備しているので、【クレジットカードの注意点】 をご参照ください。基本的なことを守れば、安心で便利な海外旅行必須の持ち物となります。

ただ、クレジットカードといっても様々なカードがあるのでどれが一番良いのか迷いますよね。そこで、筆者がおすすめするクレジットカードを特集してみました。
海外旅行でおすすめのクレジットカード


ちなみに筆者は海外へ飛ぶときは、必ずクレジットカードを3枚準備していくとお伝えしましたが、上記で挙げた理由の他にもう一つ理由があります。

もう一つの理由

海外旅行保険の傷害・疾病治療費は、複数のカードを持ってると実際かかった費用を上限に、加算されていくためです。つまり、傷害・疾病治療費の保険金額200万円というクレジットカードを3枚持っていれば、600万円まで補償されることになるのです。
ちなみに、「死亡・後遺障害」の場合は、持っているカードのうち最も金額の高いものを限度として支払われるので、合算はされません。

意外とこの点について知っている人は少ないので、覚えておいて損はないでしょう。


クレジットカードの代替カード

クレジットカードを作りたくても、学生さんや定年を迎えて職が無い方など、理由があってクレジットカードを作れない方や、クレジットカードはいろいろと心配で作りたくないという方もいらっしゃいますが、クレジットカードを作らずにクレジットカードと同じように使える便利なカードがあります。

そのカードとは、デビット機能付きの国際キャッシュカード、又はプリペイドカードです。クレジットカードの代替カードとしておすすめできるカードは唯一これだけです。

デビット機能付きの国際キャッシュカードとは?
国際キャッシュカードは日本の銀行の普通口座に日本円を入れておけば、海外のATMで現地通貨を引き出せる便利なカードで、デビット機能とは、クレジットカードと同じように店舗やオンラインでカード決済してお買い物ができる機能です(1回払いのみで利用額相当のお金が口座に入っていて利用と同時に引き落とされるのが決済条件)。この2つが合わさったカードがわずかですが存在します。


デビット機能付きの国際キャッシュカードについては、下記ページで比較・紹介しているので参考にしてみて下さい。
国際キャッシュカード、海外プリペイドカードの比較


クレジットカードの円決済とドル決済の違い

最近グァムやハワイの一部のお店(特に免税店)では、クレジットカードでお買い物をする際店員さんに、「円決済とドル決済、どちらにしますか?」と聞かれることがあります。そこで2つの疑問が出てきます。
1.どう違うのか? 2.どちらが有利か? です。

まず、円決済とドル決済の違いから説明しましょう。

ドル決済は買った日のレートではなく、カード会社で決済された日のレートで請求され、通常この決済が一般的です。ところが、円決済というのは買った日のレートで円換算され、その額が請求される仕組みです。しかし!ここで注意したいのが「その日のレート」というのは、クレジットカード会社のレートではなく、お店が独自に設定するレートで円換算されるのです。通常、お店が独自に設定するレートは悪いことが一般的。

つまり、円決済では損をすることが多いのが実情です。そのためドル決済の方が無難ということになります。

円決済とユーロ決済

基本的にこの場合も上記で説明した通りなので、ユーロ決済の方が無難であることが一般的ですが、ヨーロッパの一部店舗(特に日本人ツアーご用達のお店)では、お店が独自に設定する円レートが非常に良いことがあります。この場合は円決済でお買い物をした方が有利になるので、レートを確認してみてください。こういったお店は円レートが良いことが一つの売り文句でもあるので、聞かなくても店員さんから教えてくれることが多いです。


クレジットカードのキャッシングの裏技

レートに関して言えば、レートが良い銀行でお金を両替するよりもレートが良いのですが、一番の問題は高い利息がかかることです。利息によっては銀行での両替よりも損をする可能性も。

しかし、利息を最小限に抑える裏技があるんです!

その裏技というのは、キャッシングをした日から締め日(決済日)の間に利息がかかることに着目すれば良いのです。つまり、締め日に近ければ近い日にキャッシングすれば、利息を安く抑えられます。
つまり、ベストなのは締め日にキャッシングすることですが、時差なども考慮して前日又は2日前が安心でしょう。これならクレジットカードで支払いをする際の良いレートで利息もほとんどかからずに現地のお金が引き出せるわけです。その他、繰り上げ返済(早期返済)してしまうのも有効でおすすめです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
格安でおすすめの海外旅行保険

なんと! 旅行会社や空港で申込むよりも格段に安いネット申し込み専用の格安海外旅行保険です。これは本当に安いのでおすすめです!

エクスモバイルの格安レンタル申込み

おすすめのWi-Fiルーターレンタルが本当に安い! 当サイトからのレンタル申し込みで宅配受取り手数料が無料になります。

お得な手数料のおすすめ外貨両替

若干手間はありますが、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元に限り、最も良いレートで両替する裏ワザがあります!

クレジットカードのサインの仕方 漢字?それともローマ字?

クレジットカードが手元に届いて、まず最初にしなければいけないのがカードの裏へのサインを書くこと。その際、海外でも使用することを考えて「サインは漢字にするかローマ字にするか」でサインの仕方をどうするか迷ったと言う方は結構いらっしゃいます。

結論を言えば、どちらでも良いです。

ただ、パスポートのサインで統一することをおすすめします。理由は、パスポートのサインとクレジットカードのサインを照合する店員さんが稀にいるためです。ただ、サインを統一しなければいけないという決まりはありません。

また、「海外でのサインは漢字の方が真似されにくいので安全」といった記述を一部ガイドブックや旅行系サイトで目にしたことがありますが、それは大きな間違いです。中国系闇組織は世界中に点在しており、漢字を真似することは可能なうえ、漢字を使わない国の人が見ても違いを判別するのは困難なためです。


カードサインはフルネームじゃないといけないのか?

結論を言えば、フルネームである必要はありません。苗字だけ、又は名前だけでもOKですし、極端なことを言えばニックネームでもOKです。

「クレジットカードのサイン」で重要なのは “筆跡による本人確認” が出来る事なので、必ずしもフルネームである必要はないのです。例えば筆者の知り合いにモーリスという人がいますが、その人のクレジットカードサインは “Mo” でした(笑) 正直2文字では筆跡確認をするうえでどうなの?とは思いますが、これでもルール違反ではないのでOKなのです。

とは言え、パスポートと照合されることもありますし、ホテルなら宿泊者名と照らし合わせることもあるので、フルネームではなくても自分の名前だと確認できる文字にすることをおすすめします。

クレジットカードの限度額に注意!

ゴールドやプラチナ以外の一般的なクレジットカードの場合、限度額は30万円が初期設定であることが多いです。しかし、ツアー代金、航空券、ホテルなどをクレジットカードで支払う場合は、それだけで限度額に達してしまうことは多々あります。

海外旅行前に、既にどのくらいクレジットカードで支払いをしているのか、しっかりと確認しておきましょう。特に、ブランド物など高価な買い物をする予定の人は限度額に注意です。

必要があれば限度額を上げる申請をしておいたり、カード会社によっては海外旅行のための一時的な限度額引き上げをしてくれるサービスがある場合もあるので、限度額が気になる人は遅くても1週間前には事前準備をしておきましょう。限度額引き上げの手続きに数日を要することもあります。

格安の海外携帯電話

海外で気軽に電話できる海外携帯電話。なんと維持費無料(月額無料)で通話した分だけお支払! 本当に便利でおすすめです。

旅慣れた方にも好評。人のお土産探しで大事な時間は使いたくないし荷物が増えるのも嫌! 割れたり溶けたりするのも心配…。そこでコレ! 自宅に宅配で楽々安心でおすすめです!